聖騎士(せいきし)

デッキの概要

 聖騎士と名のついたモンスターを中心としたビートダウンデッキ
 装備魔法聖剣を駆使するので【装備ビート】に近いが、聖剣聖騎士強化よりも聖騎士の持つアドバンテージを稼ぐ効果を引き出すという特殊な役割があるのが特徴。

《聖騎士モルドレッド/Noble Knight Medraut》
 効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守1000
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している限り、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードはレベルが1つ上がり闇属性になる。
●1ターンに1度、自分フィールドにこのカード以外のモンスターが存在しない場合に発動できる。
デッキから「聖騎士モルドレッド」以外の「聖騎士」モンスター1体を守備表示で特殊召喚し、
自分フィールドの装備魔法カード1枚を選んで破壊する。
《聖騎士ボールス/Noble Knight Borz》
効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻1700/守 900
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、通常モンスターとして扱う。
(2):このカードが「聖剣」装備魔法カードを装備している限り、
このカードは効果モンスター扱いとなり以下の効果を得る。
●このカードはレベルが1つ上がり闇属性になる。
●自分メインフェイズに発動できる。
デッキから「聖剣」カード3枚を相手に見せ、相手はその中からランダムに1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りを墓地へ送る。
このカード名のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
《天命の聖剣/Noble Arms of Destiny》
装備魔法
戦士族モンスターにのみ装備可能。
装備モンスターは1ターンに1度だけ、戦闘及びカードの効果では破壊されない。
フィールド上に表側表示で存在するこのカードが破壊され墓地へ送られた場合、
自分フィールド上の「聖騎士」と名のついた
戦士族モンスター1体を選択してこのカードを装備できる。
「天命の聖剣」のこの効果は1ターンに1度しか使用できない。
また、「天命の聖剣」は自分フィールド上に1枚しか表側表示で存在できない。

デッキ構築に際して

 聖騎士聖剣と併せることで初めて力を発揮する。
 このため、デッキカード聖騎士だけでなく聖剣も一定数必要とし、汎用性の高いカテゴリ外のカードの枠がどうしても少なくなりがちである。
 バランスを誤れば安定性を損なうので、どのカードをどれだけ採用するかはしっかり考えたい。

モンスターカードについて

聖騎士
 下級聖騎士光属性レベル4、上級聖騎士闇属性レベル5で統一されている。
 また、一部の聖騎士聖剣を装備することで闇属性レベル5となる。

聖騎士以外のモンスター

エクストラデッキについて

 聖騎士レベルの関係上、ランク4・5のエクシーズモンスターを中心に採用する。
 ランク4については、《聖騎士ガウェイン》の存在から、エクシーズ素材を3体要求するものも比較的簡単にエクシーズ召喚が可能。
 シンクロモンスターを採用する場合は、《魔聖騎士皇ランスロット》を筆頭に、聖剣を有効活用できるモンスターを選びたい。

ランクエクシーズモンスター

ランクエクシーズモンスター

シンクロモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

聖剣
 共通効果として戦士族にのみ装備可能で、表側表示の状態で破壊され墓地へ送られた場合、聖騎士に再度装備することができ、弱点の1つである装備魔法除去をある程度克服している。
 ただし、同名カード聖剣は複数フィールド上存在できないのでフル投入すると腐りやすくなるため、バランス良く複数の種類の聖剣を採用したい。

―その他の魔法・罠カード
 聖騎士戦士族であり、装備魔法聖剣を駆使するためそれらのサポートカードが中心となる。
 ただし、聖剣デッキスペースを割く必要がある以上汎用性の高いカードの採用に抑えたい。

戦術

 《聖騎士ボールス》効果聖剣を準備し、《聖騎士モルドレッド》等で《聖騎士王アルトリウス》《神聖騎士王アルトリウス》エクシーズ召喚
 聖騎士エクシーズモンスター聖剣効果ビートダウンを行う。

 聖剣セットカード除去できる《聖剣アロンダイト》なら、エクシーズ召喚の妨害もある程度防ぐことができる。
 エクシーズ召喚の妨害が避けられないと判断した場合は、《聖剣ガラティーン》を筆頭とする聖剣によってビートダウンを行えば打点負けはしにくだろう。

デッキの種類

通常モンスター

 《聖騎士アルトリウス》通常モンスターであること、《聖騎士ガウェイン》光属性通常モンスターに関する効果を持つことから聖剣の採用枚数を絞り、【通常モンスター】寄りにしたもの。
 通常モンスターで最も攻撃力の高い《アレキサンドライドラゴン》や、HEROのサポートを組み込める《E・HERO スパークマン》等が採用候補となる。

 通常モンスターサポートカードとしては《レスキューラビット》は当然として、通常モンスタードローに変換できる《馬の骨の対価》《凡人の施し》通常モンスター蘇生できる《思い出のブランコ》等。
 これらを駆使してアドバンテージを稼ぎつつエクシーズ召喚を狙っていく事となる。

 このタイプでは聖剣は採用しないことも考えられるので通常の【聖騎士】より手札事故は起きにくい。
 反面、除去ビートダウンエクシーズモンスターへの依存度が大きいため、エクシーズ召喚を封じられると厳しい戦いを強いられる。

デッキの派生

【聖騎士HERO】

 聖騎士サポートカードを共有できる《E・HERO アナザー・ネオス》E・HEROであることに着目し、【E・HERO】要素を取り入れたデッキ
 《超融合》による除去《ミラクル・フュージョン》から《E・HERO The シャイニング》融合召喚し決定力の底上げできるのが強み。

【聖騎士ロード】

 《聖騎士王アルトリウス》墓地から聖剣を装備できることを活かし、【ライトロード】要素を取り入れたデッキ
 ライトロード聖剣聖騎士墓地へ送られるため、聖剣を再利用できる《聖騎士王アルトリウス》《戦士の生還》はやや多めに投入することとなる。
 採用するライトロード聖騎士種族が一致する《ライトロード・パラディン ジェイン》《ライトロード・モンク エイリン》、能動的な除去の行える《ライトロード・マジシャン ライラ》が相性が良い。

 《聖騎士ガラハド》サルベージ効果が使いやすくなる他、ライトロード除去によって対応力が向上するのがメリット
 逆にリクルート効果《聖騎士モルドレッド》は若干であるが扱いにくくなる。

このデッキの弱点

 装備魔法を多用する以上、聖剣聖騎士どちらが欠けても戦力ダウンは避けられない。
 そのため、手札事故を起こさないように聖剣聖騎士の投入枚数はデッキ調整を繰り返したい。

 聖剣の性質上【装備ビート】の弱点である装備魔法に対する除去の弱点はある程度克服しているが、装備する側の聖騎士除去されては厳しい展開になる。
 《天命の聖剣》である程度補うことができるが《強制脱出装置》によるバウンスや、《鳥銃士カステル》裏側守備表示にされるなど穴も多いので過信は禁物である。
 これらは《禁じられた聖槍》《禁じられた聖衣》や各種カウンター罠等で対抗したい。

 エクシーズ召喚によって除去は補えるが《聖騎士王アルトリウス》以外をエクシーズ召喚した場合、聖剣の再装備効果は使用できなくなってしまう。
 このため、他のデッキ以上にエクシーズ召喚のタイミングは慎重に見極めなくてはならない。

 《スキルドレイン》はかなり厄介なカードで、《聖騎士ガラハド》等の効果が使えなくなるだけでなく通常モンスター扱いでなくなるので《聖騎士ガウェイン》特殊召喚も妨害してくる。
 このカードを使用するデッキが相手の場合は《サイクロン》等の除去カードは温存しておきたい。

 また、光属性戦士族を主軸とする以上それらのメタカードには十分注意したい。
 前者なら《閃光を吸い込むマジック・ミラー》、後者なら《サイファー・スカウター》等がある。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告