伝説(でんせつ)(みやこ) アトランティス】

デッキの概要

 Mythological Age −蘇りし魂−で登場した、《海》として扱う《伝説の都 アトランティス》を軸にした【水属性】
 フィールド魔法を軸としたデッキでは最も長い歴史を持つ。

《伝説の都 アトランティス/A Legendary Ocean》
フィールド魔法
このカード名はルール上「海」として扱う。
(1):フィールドの水属性モンスターの攻撃力・守備力は200アップする。
(2):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
お互いの手札・フィールドの水属性モンスターのレベルは1つ下がる。

デッキ構築に際して

 《伝説の都 アトランティス》の利点を活かしたデッキ構築を行うことになる。

  1. 《海》に関連したカードを採用できるようになる。
  2. 水属性モンスターレベルが下がる。
  3. 攻撃力守備力のアップにより、戦闘面で強くなる。

 全体強化以外は珍しい効果であるため、その独自性を生かした構成になる。
 ただし、レベルが下がる効果シンクロ召喚をする際にはデメリットになりやすいため、代わりに《海》《忘却の都 レミューリア》を投入することも考えられる。
 専用のサーチカード《アトランティスの戦士》が存在するため、《海》に関連したカードを使いやすい。

メインデッキモンスターについて

《海》に関係するモンスター
 《海》に関連するモンスターのほとんどは第4期以前に登場したものであるため、現在の環境では合わないカードが多い。
 これらの多くは終盤のフィニッシャーとしては有効なものの、序盤や中盤でアドバンテージを稼ぎにくい。
 よってこれらを採用する場合、第6期に登場した《コダロス》をはじめとするカードのサポートが必要となる。

レベルを下げる効果と相性が良い水属性モンスター
 レベル4・5・7のモンスターロックのすり抜けやリリース軽減等の恩恵を受けることができる。
 代表的な水属性モンスター【水属性】を参照。

―その他の相性の良い水属性モンスター

エクストラデッキモンスターについて

 シンクロ召喚のギミックをうまく使うことで、幅広い戦術展開が可能になる。
 以前は展開力が非常に乏しいがために難しかったシンクロ召喚のギミックも、サポートカードの追加により取り入れられるようになった。
 ただし、《伝説の都 アトランティス》の影響下では全てのモンスターレベルが下がってしまうのでレベル調整が難しくなることに注意。
 そのためチューナーとして運用するならば、なるべく《コダロス》と組み合わせたい。
 《コダロス》除去効果シンクロ召喚を安全に行え、チューナー効果を活用することで高レベルシンクロモンスターシンクロ召喚できる。
 《コダロス》戦闘破壊されやすい欠点も補えるため両者は相性が良い。

魔法・罠カードについて

デッキタイプの分類

《コダロス》によるコントロール

 《コダロス》による複数除去を行うタイプ。
 【水属性】で採用されるレベル4以下のモンスターを主力にできることから構築の自由度が高い。
 通常より《海》として扱えるカードフィールドから離れやすいが、数を多く投入するため、他の《海》関連のカード効果も十分に生かせる。
 しかし、《伝説の都 アトランティス》の維持にはこだわらないためレベルを下げる効果は生かしづらい。
 これはシンクロ召喚を狙う上では好都合で、《深海のディーヴァ》との相性は抜群。
 その他、《コダロス》であらかじめ伏せカード除去する、《ウォーターハザード》で展開をサポートするなど、シンクロ召喚への布石が豊富。

レベルモンスター軸のビートダウン

 《ギガ・ガガギゴ》《ジェノサイドキングサーモン》《巨大戦艦 クリスタル・コア》等でビートダウンするタイプ。
 《伝説の都 アトランティス》が来ない場合の保険として《黄泉ガエル》等の投入もある。
 全体強化効果も相まって下級モンスターには簡単に殴り負けないステータスとなる一方除去手段に乏しく、攻撃力が高いだけで戦術が物足りないと感じることが多いだろう。
 より強力な上級モンスター召喚できる【死皇帝の陵墓】の登場もあって、このタイプは衰退している。

《伝説のフィッシャーマン》軸のビートダウン

 上記のレベル5軸の派生であり、《伝説のフィッシャーマン》《伝説のフィッシャーマン二世》で戦い、それらをリリースして特殊召喚する《伝説のフィッシャーマン三世》フィニッシャーにした軸。
 ステータス面では劣るが、除去及びリカバリーや耐性に関してはこちらの方が優れている。

【亀神アトランティス】

 《かつて神と呼ばれた亀》《後に亀と呼ばれる神》の二体による特殊召喚封殺型デッキ
 相手特殊召喚を封じつつ、こちらは《二重召喚》などでモンスターを並べてフィールドを制圧していく。
 特殊召喚が当たり前のように行われるデッキにはかなりの拘束力を見せる一方、キーカードとなる二体をいかに素早くフィールドに並べて守りぬくかが課題となる。

レベル4以下モンスター軸のビートダウン

 《水陸両用バグロス Mk−3》《マーメイド・ナイト》を採用したタイプのビートダウン
 基本的に《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》等を採用し、自分のみが攻撃できるようにする。
 しかし、11/09/01の環境において《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》無制限カードに緩和されたとはいえ、全体的にアタッカーに対抗できるカードが少ないためこのタイプは主流ではなくなっている。
 またエクシーズモンスターの登場により、ロックの突破が容易になったことも悩ましい。

このデッキの弱点

 《海》として扱う《伝説の都 アトランティス》に依存したデッキ構成となるために、《伝説の都 アトランティス》破壊されると戦術が崩壊することになる。
 上級モンスターを中心にすると手札に溜まって手札事故を起こしたり、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》《レベル制限B地区》自分モンスター攻撃できない状態に陥る。
 シンクロ召喚を中心とした構成であれば、上記のような手札事故にはなりにくいものの、そもそも《海》の存在を前提とした効果モンスターが中心となるため、結局《海》関連のカードないとカードパワーの問題で押し切られやすい。
 また、モンスター効果が重要なため《スキルドレイン》や、除外に弱いカードが多いため《マクロコスモス》等も弱点となるだろう。
 フィールド魔法に比重を置くため、除去罠カードの採用枚数は少なくなる傾向にある。
 そのため、速攻型のデッキも苦手としている。

デッキの変遷

 《伝説の都 アトランティス》登場当時は、その効果を有効に使用できるカードが少なく、レベル5は《伝説のフィッシャーマン》レベル7は《水魔神−スーガ》程度であり、《ウォーターワールド》下級モンスターを主軸にした方が安定していた。
 その後、第3期の暗黒の侵略者《ギガ・ガガギゴ》《海竜−ダイダロス》等が登場し強化された。
 禁止カード導入前〜直後の環境で単体パワーカードが多く、【伝説の都 アトランティス】でも使用された。
 ファラオの遺産《レベル制限B地区》が登場し、《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》と合わせて【フィフティ・フィフティ】の戦術が確立された。
 当時は、《大嵐》《サイクロン》ぐらいしか魔法・罠除去がないことも多く、04/09/01《サイクロン》制限カードになったため突破が難しかった。
 第4期には、このデッキをテーマとしたストラクチャーデッキ−海竜神の怒り−が登場している。
 その後はFORCE OF THE BREAKER《アトランティスの戦士》が出るものの環境に影響するほどの強化はなく、《レベル制限B地区》等の制限強化で間接的に弱体化している。
 第6期のシンクロ召喚の登場では、《伝説の都 アトランティス》レベルを下げる効果デメリットとなることもあった。
 その後、ANCIENT PROPHECYABSOLUTE POWERFORCE《コダロス》等が登場し、シンクロ召喚の戦術も取り入れやすくなり大幅に強化された。
 レベル4以下【水属性】モンスターを軸に、《コダロス》《伝説の都 アトランティス》《忘却の海底神殿》とそれらをサーチリクルートするカード《深海のディーヴァ》によるシンクロ召喚環境とも渡り合えるデッキが登場した。
 その後は《レベル制限B地区》等のロックカードの制限解除があったものの、マスタールール2エクシーズ召喚の登場や、優先権のルール変更による《コダロス》弱体化もありあまり見られなくなった。

代表的なカード

関連リンク

広告