【爆風ロケット】

デッキの概要

 《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・バレット》手札を補充し、《鳳翼の爆風》《スナイプストーカー》によってボード・アドバンテージを獲得するコントロールデッキ
 各々のカードが様々なサーチ手段に対応しているので流れをつかみやすい反面、コンボデッキであるため運が悪ければコストカードばかり手札にきてしまうこともある。
 勝てる時は大量のアドバンテージ相手を圧倒するが、負ける時はひどく手札が少なくなるのも特徴。

《ヴォルカニック・ロケット/Volcanic Rocket》
効果モンスター
星4/炎属性/炎族/攻1900/守1400
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、
自分のデッキ・墓地から「ブレイズ・キャノン」と名のついたカード1枚を
選んで手札に加える事ができる。
《ヴォルカニック・バレット/Volcanic Shell》
効果モンスター
星1/炎属性/炎族/攻 100/守   0
このカードが墓地に存在する場合、
自分のメインフェイズ時に1度、500ライフポイントを払う事で、
デッキから「ヴォルカニック・バレット」1体を手札に加える。
《鳳翼の爆風/Phoenix Wing Wind Blast》
通常罠
(1):手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを持ち主のデッキの一番上に戻す。

デッキ構築に際して

 このデッキでは手札コストを確保しつつ、いかに戦線を維持するかが重要になるため、基本は【爆風ライザー】と共通する部分がある。
 また《ヴォルカニック・バレット》手札でだぶつくのを防ぐため、デッキの枚数は40枚より少し多目にしておくとよい。

メインデッキモンスターについて

手札コストを確保するためのモンスターを中心に採用する。

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

このデッキでは手札コストの確保が容易であるため、それを必要とするカードを投入しやすい。
また、発動条件が存在するカードの場合、発動できないのであれば手札コストにしてしまうとよい。

手札コストを必要とするカード
普通に使ってもディスアドバンテージになるだけなので、チェーン発動マストカウンターを心掛けたい。
また、カードによって有利不利な相手も変わるので環境を見て採用枚数を決めたい。

―その他のカード

HEROに関連するカード

このデッキの弱点

 墓地利用が多いので、《マクロコスモス》《次元の裂け目》等の除外を中心とするデッキとは苦しい戦いを強いられる。
 またサーチを多用するため、《ライオウ》も厄介な存在となる。
 特に、除外サーチの妨害の両方を併せ持つ《M・HERO ダーク・ロウ》は天敵とも呼べる存在である。

 手札コストが必要なカードを多用する関係上、カウンター罠等でカードの発動を止められた場合のディスアドバンテージが大きい。
 コストの確保が容易だからといって、不用意にカード発動しないようにしたい。

 効果の対象にならないモンスターの前には、《鳳翼の爆風》《スナイプストーカー》が無力である点にも注意が必要である。
 このデッキは打点が低く、それらのモンスター戦闘破壊できない場合も多いため、対処法は用意しておきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告