スピードデュエル

 初心者向けに設定されたルール。
 ライフポイントデッキ枚数が半分であるため、カード資産が少ないプレイヤーでも手軽に楽しむことができる。

新マスタールールとの違い


  • 元々は下記の通りアーケードゲーム用に作られたルールであり、OCGでの使用は想定されていなかった。
    2016年から公式サイトにOCGの遊び方の1つとして掲載され、2017年の新マスタールールより公式ルールブックに掲載されている。
  • デッキ枚数が20枚ちょうどに設定されているため、既存のいくつかのカードが非常に扱いにくくなっていたり、またその逆の例も存在する。
    《残骸爆破》に至っては、発動そのものが不可能になってしまっている。
  • エクストラデッキは上述の通り3枚までだが、中には4枚使用する者もいる。
    プレイヤーもディスティニースキャンシステムやNEXTの機能を使えばエクストラデッキを4枚まで使用可能である。

関連リンク

FAQ

Q:ペンデュラムモンスター魔法カードとして発動できますか?
A:スピードデュエルではペンデュラムゾーンと併用される2箇所の魔法&罠ゾーンを使用しません。
 したがってペンデュラムモンスター魔法カード扱いでペンデュラムゾーンに置くことはできません。(17/03/27)

Q:デッキ切れになった場合、勝敗はどのように決めますか?
A:通常のデュエルと同様、先にカードを引けなくなった方の負けです。(17/03/27)

広告