スピードデュエル

 初心者向けに設定されたルール。
 ライフポイントデッキ枚数が半分であるため、カード資産が少ないプレイヤーでも手軽に楽しむことができる。

新マスタールールとの違い


  • 元々は下記の通りアーケードゲーム用に作られたルールであり、OCGでの使用は想定されていなかった。
    2016年から公式サイトにOCGの遊び方の1つとして掲載され、2017年の新マスタールールより公式ルールブックに掲載されている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメVRAINSではスピードデュエルが重要な要素として登場している。
    VR空間「LINK VRAINS」内を吹くデータの風「データストーム」に、サーフィンのような形をした「Dボード」と呼ばれる板に乗ることでデュエルするのが特徴。
    OCGにおけるルールに加え、各プレイヤーデュエル中1度だけ「スキル」を使用できるという、デュエルリンクスに似た要素が取り入れられている。
    なお、SOLテクノロジー社はスピードデュエルをまだ公式には認めていないようで、警告を無視してスピードデュエルを始めようとしたデュエリストのアカウントを強制停止している。
  • アニメ5D'sの「龍亞&龍可vsルチアーノ」戦では、「スケボーでライディングデュエルをする」というアニメVRAINSのこのデュエルのプロトタイプ的なデュエルを行っている。
  • 漫画ZEXALの「遊馬vsサンダー・スパーク」戦で使用されたルールも「スピード・デュエル」と呼ばれていたが、OCGのそれとは全くの別物である。
    スピード・ローダーという乗り物でレースをしながらデュエルを行い、レースで先行しているプレイヤーは1ターンに2体のモンスター通常召喚できるというものであった。
  • エクストラデッキは上述の通り3枚までだが、CPU中には4枚使用する者もいる。
    プレイヤーもディスティニースキャンシステムやNEXTの機能を使えばエクストラデッキを4枚まで使用可能である。
  • スマホアプリ「デュエルリンクス」もスピードデュエル準拠のゲームである。
    こちらもエクストラモンスターゾーンがないほか、メインデッキの最大枚数は30枚までとなっている。
    キャラクターごとに「スキル」が設定されているのが特徴で、例えば闇遊戯のスキル「闇の力」であれば《闇》発動した状態でデュエルを開始できる。
    なお「デュエルモンスターズ」名義ではないためか今のところ原作出身のキャラクターしか登場していないため、マスタールール以降に追加されたシンクロモンスター等の要素は実装されていない。

関連リンク

FAQ

Q:ペンデュラムモンスター魔法カードとして発動できますか?
A:スピードデュエルではペンデュラムゾーンと併用される2箇所の魔法&罠ゾーンを使用しません。
  したがってペンデュラムモンスター魔法カード扱いでペンデュラムゾーンに置くことはできません。(17/03/27)

Q:デッキ切れになった場合、勝敗はどのように決めますか?
A:通常のデュエルと同様、先にカードを引けなくなった方の負けです。(17/03/27)

Q:《端末世界》発動できますか?(元々メインフェイズ2が存在しないが、空撃ちに該当するか?)
A:はい、発動できます。(17/05/21)

広告