テキスト

 一般的な意味は、序文・注釈・付録・挿絵に対する文章のこと。
 遊戯王OCGでは、カードの使用法や、効果発動条件とその効果などを記した文章を指す。
 デュエルでその通りに動くように命令した文章であり、基本ルールよりも優先され、双方が矛盾する場合はテキストに従って処理する。
 なお、通常モンスターカードに書かれているデュエルとは関係の無いテキストは、俗にフレイバー・テキストと呼ばれる。

  • 遊戯王OCGでは「このようなテキストならこのような処理になる」という一般則が公表される事が極めて少ない。
    そのため、遊戯王OCG事務局の裁定こそが真のテキストだと考える事もできる。
    同じテキストであれば同じ処理になるのが原則だが、中には類似テキストの解釈に反する裁定が出される事もある。(→特殊裁定
    このようなカードは文意が曖昧な初期のものに多い。
    また、公式裁定に合わせてカードのテキストが変更されることがある。(→エラッタ
  • 原作・アニメにおいて―
    原作では基本的に記述が曖昧であり、《クリボー》を筆頭にテキストに記述されていない効果を用いていることも多い。
    相手読めない言語でテキストが書かれている場合でも、相手効果を説明する必要はないらしい。
    また、アニメ5D'sまではOCG化したカードは再登場する際にOCGと同じテキスト及び効果に変更される事があった。
    アニメZEXALシリーズ以降は訴訟や世界観の問題からか、一貫してテキストを変更していない。(他の事情があった《RUM−バリアンズ・フォース》や、設定と関連があると思われるDD等を除く)
  • アニメで登場した各種カードは、カテゴリを指定する場合を除き、ルビが振られていない。(OCG化が決定していたと思われる《無抵抗の真相》や、アニメで使用される前に発売されたカード等を除く)
    また、テキストが途中で改行されていることがある。
  • ARC-Vで登場した、永続罠剣闘獣の強襲城(グラディアルビースト・アサルト・フォート)》は、他のカード名・種類・効果を上書きして永続魔法剣闘獣の砦(グラディアルビースト・フォート)》にするという前例のない効果を持っている。
    そのため、《剣闘獣の強襲城》としての効果の後にテキスト欄が線引きされて、続けて《剣闘獣の砦》の効果も記載されているという、前代未聞のテキスト記載の形式が取られている。
  • 「バトルシティ編」の放送中、OCGではテキストが第3期の世界統一フォーマットに変更されたが、アニメに登場するカードの多くは第2期のフォーマットのままであった。
    「ドーマ編」以降は逆に全てのカードが世界統一フォーマットに統一され、メインキャラクターが序盤から使い続けているカードも全て世界統一フォーマットのものに変更されている。
    アニメGX以降は第1期・2期のものは世界統一フォーマットに修正されずそのまま登場する場合が多くなったが、まれに例外もある(例:《現世と冥界の逆転》)。
    「チーム・5D's vs チーム・ユニコーン」戦付近から第7期仕様のカードOCGに登場したが、それ以降もアニメ内では第6期までの旧仕様を5D's終了時まで使用していた。
    また「チーム・5D's vs チーム・太陽」戦においてチーム太陽が使用していたカードには、「強いカードを持っていない」という設定を意識してか、旧フォーマットのテキスト欄が狭いカードが多かった。
    アニメZEXALシリーズでは全てのカードのフォーマットが第7期仕様に変更されているが、ルビが基本的に振られていない。
    アニメARC-Vではカードのフォーマット・カード効果の記述が第9期仕様でありながら、カード効果の記述の文字の大きさは第7期を踏襲している。
  • 前作で出てOCG化したカードが登場する場合は、基本的にOCG効果となっている。
  • ZEXALシリーズに登場する「No.」は、カード名やテキストが独特の文字で書かれている。
  • アニメ・漫画において、相手カードのテキストを確認できるか否かはかなり曖昧な描写となっている。
    これについては公開情報を参照のこと。
  • テキストに誤字が見られる場合は、DVDや再放送の際に若干修正を加える場合があり、テキストが同話でも少し書き換えられる事がある。
    また、テキストの内容と作中でのカードの効果に明らかに矛盾が見られることが時折生じている。(例:アニメ5D'sの永続罠《分岐−ディヴァジェンス》等)
    その様なカードの一部は後のDVD収録時や再放送時にテキストが書き直されている場合がある。(例:アニメ5D'sの通常罠《メタル・コート》)
    また、5D's以降のアニメ公式ホームページでは劇中で使用された一部のカードのテキストが確認できるが、やはり作中効果と矛盾する内容を持つテキストのカードが一部に存在する。
    その様な場合は後にテキストが変更されるケースも存在する。(例:《デストーイ・シザー・ベアー》
  • 類例として、放送最序盤で主要キャラクターが使うカードなど、前もってOCG化しているカードの場合、テキストと効果が一致しないものが多い。
    当初のアニメ効果の設定後に、作画の際にOCGカードを流用してしまったためと思われる。
    この現象は5D'sでよく見られた。
  • アニメARC-V123話では、慣れない支給品のデッキを使っていたユーリが、使用するカードのテキストをいちいち確認しながらプレイを進めていた。
    ただ、実際には事前にデッキレシピを把握していたことや《超融合》をオリジナルで挿入していたことを踏まえると、全て把握していた上での演技の可能性が高い。
  • 現在のところ、テキストが確認できるカードで最多のテキスト量は、アニメARC-Vに登場した永続罠剣闘獣の強襲城(グラディアルビースト・アサルト・フォート)》の677文字である。
    モンスターカードでは同じくアニメARC-Vに登場した《覇王龍ズァーク》の533文字が最長となる。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINAL第9弾以降のゲーム作品では、ゲーム内に登場するカードテキストが第7期仕様に変更された。

関連リンク

FAQ

Q:《古代の機械掌》《ライトイレイザー》のように、テキストが酷似していても処理が違うカードがありますが、テキストが全く同じ場合であっても、カードが異なる場合は処理が違う事もあるという事でしょうか?
A:カードごとにその都度お問い合わせ下さい。(13/01/06)

広告