フレイバー・テキスト

 通常モンスターテキスト欄に書かれている、ルールに干渉しないテキストの通称。
 フレーバー・テキストともいう。

 モンスターカードの効果や使用法の説明は「ルール・テキスト」と呼ばれる事がある。
 フレイバー・テキストは、それを持たないカードテキスト欄を埋めるための文章という性質が濃く、カードの効果がある効果モンスター魔法・罠カードには存在しない。

  • 「フレイバー(Flavor)」とは香り、匂いの事。
    味気ない通常モンスターに文字通り香り付けをするテキストという意味である。
    テキストの内容は、そのカードの雰囲気やゲームの世界観をあらわすもので、ただの数字の世界でない事を教えてくれる。
  • OCG初期のカード通常モンスターが多かったため、様々なフレイバー・テキストを見る事ができた。
    しかし、同時に初期特有の低ステータスのせいで、フレイバー・テキストの内容と明らかに釣り合わないカードも多い。
  • 2017年に登場した《メガロスマッシャーX》以降、カードとしての情報が明らかになる前に公式twitterで先にフレイバー・テキストを公開するケースが見られるようになった。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作においてはフレイバー・テキストは存在しない。
    原作で通常モンスターだったモンスターがアニメで登場する際、OCGとも違うオリジナルのテキストが付けられている。
    アニメ5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンでは、実際に「フレーバーテキスト」という言葉を用いて説明をしていた。
  • アニメ5D'sにおいてカーリーの使用する「占い魔女」シリーズは、ここに占いの内容が書かれており、実際に占いにも使用されている。
    このカード第6弾から第9弾まで、DUEL TERMINALでも登場していた。
  • アニメ5D'sにおける「クロウvs鉄蔵」戦で登場した《キッズ・ジャンク》や、アニメZEXALの「遊馬vs右京」戦で登場した《バグマン》のように、モンスターの特徴というよりは、そのアニメの展開に合わせたメッセージが記されているものもある。
  • アニメARC-Vでは、LDSの小テストでフレイバー・テキストの空欄を埋める問題が出題されている。

固有名詞

カード化された(されている)固有名詞

関連リンク

広告