ライフ・アドバンテージ

 Life Advantage(ライフによる優位性)の意。
 ライフアドバンテージ
 お互いライフポイントの数値の差による優劣を指す。

 このカードゲームにおける勝利手段のうち最も一般的なものは、相手ライフポイントを0にすることである。
 そのため、デュエルする際はいかに相手ライフポイントを減らしつつ自分ライフポイントを守るかという駆け引きが常に生まれてくる。
 相手ライフを減らす形でのライフ・アドバンテージの獲得はこのゲームで最も優先されるべき事項であると言える。

 一方、ライフポイントで勝っていてもフィールド手札の状況で負けていれば不利だとされることが多い。
 基本的にモンスター直接攻撃を3〜4回程度受ければライフは0になってしまうので、「現在のライフポイントで勝っていること」よりも「相手ライフポイントを削れる態勢が整っていること」の方が勝利に直結するためである。
 結果的にカード・アドバンテージで勝っていればいるほど相手の妨害を掻い潜ってダメージを与える方法が増えてライフ・アドバンテージを得られる確率が高まるため、ライフポイントの優劣を重視しないプレイヤーも存在する。
 また、現環境ではたった1枚のカードによりライフポイントが大幅に削られてしまうことも決して少なくない。
 そのため、大量のライフ・アドバンテージを失うが、多くのカードに対処できキーカードを消費させられる《神の宣告》《神の警告》等のカードもよく投入される。
 しかし大半のデッキにとって最終的な目的は、相手ライフポイントを0にすることであるのを忘れてはならない。
 手札がいくらあっても、それを使って対処できないのでは、相手モンスターに一気にライフポイントを削り切られてしまう。 

 直接ライフ・アドバンテージを稼ぐことの出来るカード、特にライフポイント回復するカードは、このゲームではあまり重視されない傾向にある。
 多くの場合、ライフポイントモンスター攻撃という消費しない手段によって削られるため、カードを消費してライフポイント回復しても脅威はそのまま残ってしまうためである。
 ライフポイントを上下させるカードよりもモンスター攻撃力の方が高く設定されていることもあり、直接ライフポイントを操作するよりも脅威となるモンスター除去出来るカードにスロットを割く方が効率がいい場合が多い。
 少なくとも、多少ライフポイントに差を付けるためだけに、複数の手札を消耗する事は避けたい。
 ディスアドバンテージとなる《非常食》《神秘の中華なべ》よりは《神の恵み》《魔法吸収》等の永続カードを使いたい。
 勿論、回復が必要なデッキでなければ無理に採用する必要もない。

 トップクラスの回復能力を誇る《非常食》回復しても、直接攻撃1〜2回でその分のダメージを受けてしまう。
 手札を消費することでを減らしてしまうと、直接攻撃を受けやすくなり、結果的にライフが減ってしまう。
 だが、これもコンボで一気に攻めるような際や、相手フィールド上に複数のモンスターが並ぶ時は重要な要素となる。
 また、攻撃を受けにくいロック系のデッキを使う際は、保険としてライフ・アドバンテージを確保する戦術は有効である。

 ライフポイントが多いということは、それだけ選択肢が広がるということである。
 ライフコストを有するカードの使用はもちろん、相手攻撃をあと何回受けられるかで戦略もかなり変わってくる。
 逆も然りで、ライフポイントが少なければ、それだけ取る行動をダメージを受けにくいものにせざるを得なくなる。
 もちろんライフポイントを得るためにカード・アドバンテージを失うのは好ましくは無いが、《マジカル・アンドロイド》等の回復効果は侮りがたい影響力があると見て間違いないだろう。

関連リンク

広告