ヴァイロン/Vylon

 DUEL TERMINAL −ヴァイロン降臨!!−で登場した「ヴァイロン」と名のついたカード群。
 全てのモンスター光属性で統一されており、種族はその大多数が機械族天使族で構成されている。

  • 属するモンスターは、その多くがギリシア文字か立体に関する名前になっている。
    また、そのカード名に対応した姿形をしており、それらのほぼ全てが白と金を基調としたカラーリングになっている。
  • 共通点として、ヒューマノイドに近い3〜5本の指を備える両腕を持ち、脚部にあたる部分は存在せず空中に浮遊している。
    また天上界からやってきたという設定のためか、モンスターの背景は全て天空の様子が描かれている。
  • 第12弾から登場したヴァイロンには、黒と金を基調とした暗いカラーリング、かつ爪の伸びた腕を持つものが見られるようになった。
    これには、インヴェルズを撃退した後、その思念に侵喰されたという設定によるものと思われる。
  • 「ヴァイロン」という名称は、「神にも等しき存在」という設定から、仏教において遍照の如来を表す「ヴァイローチャナ(Vairocana)」が由来だろうか。
    DUEL TERMINALにおける隠しデッキ出現条件に、名前の由来を同じくする《マハー・ヴァイロ》が含まれている点もこれを裏付けている。
    その他、対ウイルス用の兵器という設定から、「ウイルス病学」という意味の「Virology」に「〜製」という言葉を作る「-n」を加えたものである可能性もある。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALでは召喚時に空中に黄色の輪が現れ、その中からそれぞれのモンスターが降り、戦闘破壊時は光を放ち消滅するという共通演出がある。
    また、アクションデュエルでヴァイロン及び《マハー・ヴァイロ》《テュアラティン》をスキャンすると、「ヴァイロン降臨」のコンボが発生する。
    さらに、スピードデュエルで上記のカードのいずれかをスキャンすると、隠しデッキ機械仕掛けの天使(アンゲルス・エクス・マキナ)」が出現する。
    デッキ選択画面ではヴァイロンに関する設定を見る事ができる。
  • この地上世界に於いて神にも等しき存在、ヴァイロン。
    彼らは星の観測者(スターゲイザー)として、抗争の絶えないこの世界の行く末を憂い、嘆いていた。
    なぜ人々は種という些細な違いから争いを繰り返すのだろうか?
    手を取り合う事を拒絶し、限りある命を奪い合うのだろうか?
    彼らはその心を求め、地上へと降り立つのだった―

関連リンク

―「ヴァイロン」と名のついたモンスター
 ※は「ヴァイロン」に関する効果を持つモンスター

―「ヴァイロン」と名のついた魔法カード
 ※は「ヴァイロン」に関する効果を持つ魔法カード

―「ヴァイロン」と名のついたチューナー

―その他のリンク

広告