蟲惑魔(こわくま)/Traptrix

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した「蟲惑魔」と名のついたモンスター群。
 属するモンスター地属性レベル4で統一され、以下の共通する効果を持つ。

このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。

 ホール及び落とし穴に対する耐性効果であり、相手《奈落の落とし穴》や、自分《狡猾な落とし穴》《大落とし穴》破壊されない
 当然のことだが、罠カードではない《ブラック・ホール》や、カウンター罠である《セイバー・ホール》効果は受けてしまうので注意。
 なお、この耐性効果によるデメリットは、《ホワイト・ホール》《ブラック・ホール》を回避できない程度で、基本的には有利に働く耐性である。

  • 現在までに登場している4体の蟲惑魔は、全て攻撃力守備力の合計値が2800となっている。
  • 属するモンスターは、いずれも何らかの罠を用いて昆虫などを捕食する実在の動植物がモチーフになっている。
    そのため種族昆虫族植物族になっており、カード名にはモデルとなった動植物に関連する名前が使用されている。
  • ネーミングの由来は、「蠱惑(こわく)」と「小悪魔」に「(むし)」を掛けたものだろう。
    「蠱惑」とは「人の心をひきつけ惑わせる」という意味であり、妖艶な女性を表現する際に「蠱惑的」の形でよく用いられる。
    「小悪魔」も同様に「色気や態度で男をひきつけて翻弄する娘」の比喩であり、凝ったネーミングといえる。
    • ちなみに、「惑」の「()」は「蟲」とは違う文字であり、そもそも「蟲」は「こ」とは読まない。
      宣言の際は問題ないが、検索等をする場合は注意が必要である。
  • 英語名では「Traptrix」という造語となっている。
    モンスターイラスト効果から、「Trap()」と「-trix(女性の行為者を表す接尾辞)」、更には「Trick(策略)」をかけた名称と推測される。
    語感は「Tractrix(牽引線)」と似ており、日本語名に負けず劣らずの凝ったネーミングといえる。

関連リンク

―「蟲惑魔」と名のついたモンスター
 ※は「蟲惑魔」に関する効果を持つモンスター

―その他のリンク

FAQ

Q:《硫酸のたまった落とし穴》効果守備力2000以下の裏側守備表示の蟲惑魔を表側守備表示にした場合、耐性効果適用されますか?
A:いいえ、その場合適用されず、そのモンスター破壊されます。(13/05/09)

広告