これらのキーワードがハイライトされています:バルブ

《グローアップ・バルブ/Glow-Up Bulb》

チューナー・効果モンスター
星1/地属性/植物族/攻 100/守 100
このカード名の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。
自分のデッキの一番上のカードを墓地へ送り、
このカードを墓地から特殊召喚する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した地属性植物族下級モンスターチューナー
 デッキトップ効果墓地へ送ることで、自己再生する起動効果を持つ。

 ほぼノーコスト自己再生でき、シンクロ素材リンク素材の他にもリリース墓地肥やし・緊急時の等、様々な用途に活用できる。
 レベル1なので《ワン・フォー・ワン》からの特殊召喚も可能で、低ステータスであり《巨大ネズミ》でもリクルート可能である。
 地属性であり、《ナチュル・ビースト》等のナチュルシンクロモンスターシンクロ素材《ミセス・レディエント》リンク素材に活用できるのも利点の一つとなっている。

 このカードと相性の良いカードは数多い。
 例えば、除去効果を使用した後の《カオス・ソーサラー》《アーカナイト・マジシャン》シンクロ素材にできる。
 《アーカナイト・マジシャン》除去効果を使用してからこのカード自己再生させれば、レベル8のシンクロモンスターを呼び出せる。
 結果、カード2枚の消費で相手フィールド上のカードを最大3枚除去しつつ、新たなシンクロモンスターを展開できる。

 《スポーア》と同様にデュエル中に1度しか使用できない制約を持つ。
 複数枚採用すると、効果を使用できなくなる可能性があるので、基本的には1枚採用でよい。

  • バルブ(Bulb)」は英語で「球根」を意味する。
    「グローアップ」は「Glow-Up(にらみ付ける)」と「grow up(成長する)」のダブルミーニングと思われる。
    前者は目玉の付いた球根という外見面に、後者はレベルを上げながら自己再生するアニメ効果にその性質が現れている。
    ちなみに英語名のスペルは「Glow-Up」の方が採用されている。
  • アニメでのテキストは以下の通りだった。
    チューナー(効果モンスター)
    星1/地属性/植物族/攻 100/守 100
    このカードが自分のスタンバイフェイズ時に墓地に存在する場合、
    このカードのレベルを1つ上げる。
    その後、このカードのレベルと同じ枚数のカードを自分のデッキの
    上から墓地へ送り、墓地に存在するこのカードを
    自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
    墓地に存在する場合にレベルが上がるという、類を見ない効果だった。
    自己再生に回数制限がないので射出による1ターンキルが可能で、2枚以上墓地を肥やすこともできた。
    なお、このテキストだとレベルを上げたすぐ後でないと自己再生できないようにも見えるが、上記の通りメインフェイズ自己再生しているので、単にテキストの書き方が悪いだけだろう。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:デッキの一番上カード墓地へ送るのと特殊召喚は同時扱いですか?
A:はい、同時に行われる扱いです。(15/09/24)

Q:効果解決時デッキカードの枚数が0枚になりこのカードの効果デッキカード墓地へ送れなくなった場合、このカード特殊召喚されますか?
A:いいえ、されません。(11/01/03)

Q:効果解決時に墓地にこのカードが存在しなくなった場合、デッキの一番上カード墓地へ送る処理は行いますか?
A:はい、行います。(11/01/03)

Q:《マクロコスモス》効果適用中にこのカードの効果発動した場合、このカード特殊召喚されますか?
A:効果の処理時デッキから墓地へ送られるカード《マクロコスモス》効果除外されたとしても、墓地のこのカード特殊召喚できます。(16/02/19)

Q:蘇生効果効果の発動《天罰》等の効果無効になった場合、もう一度蘇生効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/17)


Tag: 《グローアップ・バルブ チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星1 地属性 植物族 攻100 守100

広告