《サクリファイス・ロータス/Samsara Lotus》

効果モンスター
星1/闇属性/植物族/攻   0/守   0
自分のエンドフェイズ時にこのカードが墓地に存在し、  
自分フィールド上に魔法・罠カードが存在しない場合、  
自分フィールド上に表側攻撃表示で特殊召喚する事ができる。  
このカードがフィールド上に表側表示で存在する場合、自分のスタンバイフェイズ毎に  
このカードのコントローラーは1000ポイントダメージを受ける。

 PHANTOM DARKNESSで登場した闇属性植物族下級モンスター
 自分エンドフェイズ自己再生する誘発効果と、スタンバイフェイズ毎にダメージを受ける誘発効果を持つ。

 同様の条件で自己再生できる《黄泉ガエル》と比較すると、蘇生タイミングが自分エンドフェイズであり表示形式攻撃表示限定。
 1度に複数枚を自己再生できる利点はあるものの、そのままでは返しのターン戦闘ダメージを受けるのは必至。
 生き残ったとしても、その場合はスタンバイフェイズで固定ダメージを受けてしまう。

 そのため、自己再生した自分エンドフェイズ中、もしくは返しの相手ターンでこのカードを利用しつつ、フィールドから離せるモンスター効果との併用を考えたい。
 特にこのカードリンク素材にできる《リンクリボー》自己再生コストにすることで、モンスター《くず鉄のかかし》として運用できる。
 除外されない限りは毎ターン擬似的なとして繰り返し利用できるようになるため相性が良い。
 他には《スチーム・シンクロン》《水晶機巧−クオンダム》等とで相手ターンシンクロ召喚する、《I:Pマスカレーナ》リンク召喚する方法もある。
 また、2体自己再生して《アルカナフォースXXI−THE WORLD》の表の効果コストに用いれば、相手を完全にロックできる。
 《クロスローズ・ドラゴン》リンク素材にして自己再生することで、相手ターン《クロスローズ・ドラゴン》コストとして利用でき、ローズシンクロモンスターにつながる。

 【ロックバーン】等のデッキでは、単純に《強制転移》《死のマジック・ボックス》等で相手送りつけることで、相手ダメージを与えるのもいい。
 1回のダメージ《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》と同じく地味に高いので、活躍が期待できる。

  • 「ロータス(lotus)」とは、ハスと睡蓮を含めた総称である。
    同じ水生植物のために混同されることが多いがハスと睡蓮は異なる種の植物である。
    • ハス・睡蓮の花はまとめて「蓮華」と呼ばれ、泥の中から咲くように見えるため、ヒンドゥー教・仏教では清浄さの象徴として神聖視されている。
    • 睡蓮にはその名の通りまるで睡眠しているかのように、夕方になると花が閉じて朝になると再び開く性質がある。
      古代エジプトでは水の中から咲くことから創造の象徴、花が閉じたり開いたりする性質から再生・太陽の象徴として神聖視され、太陽神ラーホルス睡蓮から生まれたとされることもある。
    • イラストの下に存在する葉はスイレンの仲間のオオオニバスだろう。
    • 英語名の「Samsara」は、輪廻転生を意味するサンスクリット語であり、あわせて「輪廻転生の蓮」といった意味となる。
  • アニメ5D's第40話の十六夜アキの回想シーンにおいて、アキの父・英雄が使用している。

関連カード

―《サクリファイス・ロータス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:墓地から特殊召喚する効果チェーンをして自分速攻魔法発動し、効果処理時自分フィールド上に魔法・罠カードが存在する場合、特殊召喚する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/01/19)

Q:ダメージを受ける効果効果処理時にこのカードフィールド上に表側表示で存在しなくなった場合、ダメージを与える効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(14/01/19)


Tag: 《サクリファイス・ロータス》 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 植物族 攻0 守0

広告