《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン/Red Nova Dragon》

シンクロ・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守3000
チューナー2体+「レッド・デーモンズ・ドラゴン」
(1):このカードの攻撃力は自分の墓地のチューナーの数×500アップする。
(2):フィールドのこのカードは相手の効果では破壊されない。
(3):相手モンスターの攻撃宣言時、その攻撃モンスター1体を対象として発動できる。
フィールドのこのカードを除外し、その攻撃を無効にする。
(4):このカードの(3)の効果で除外されたターンのエンドフェイズに発動する。
除外状態のこのカードを特殊召喚する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した闇属性ドラゴン族シンクロモンスター
 墓地チューナーの数だけ自己強化する永続効果相手効果では破壊されない永続効果相手モンスター攻撃無効にして自身を除外できる誘発効果、そのターンエンドフェイズ帰還する誘発効果を持つ。

 高レベルシンクロモンスターである《レッド・デーモンズ・ドラゴン》に加えてチューナー2体を必要とするため、シンクロ素材は非常に重い。
 しかし、この点は【レッド・デーモン】では《レッド・ライジング・ドラゴン》から《クリムゾン・リゾネーター》蘇生することで無理なく揃えられる。

 (1)の効果は、自分墓地にあるチューナーの数に応じて攻撃力強化させる効果
 上述の《レッド・ライジング・ドラゴン》《クリムゾン・リゾネーター》を使うことで攻撃力5000になるため、戦闘で負ける事はほぼないだろう。

 (2)の効果は、効果破壊に対する耐性効果
 《サンダー・ボルト》《ライトニング・ストーム》などの除去破壊を頼る事は多いので、それらに影響を受けずフィールドに留まれる。
 ただし、破壊ではないコントロール奪取除外バウンス吸収などには無力であり決して過信できる耐性とは言えない。
 また、この耐性相手カードの効果に対してのみ有効なので、自分《ブラック・ホール》《激流葬》からは守れない点を忘れないようにしたい。

 (3)と(4)の効果は、自身を除外して攻撃無効にし、その後帰還する効果
 (1)の効果のおかげで攻撃力が上回られる事は稀だが、《ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン》等こちらの攻撃力吸収する効果もあるため、保険としてそれなりの価値がある。
 また、自分の他のモンスターへの攻撃も防げるので、ステータスの低いモンスターを守ることができる。

 ただ、ドラゴン族闇属性シンクロモンスターという点で見ても、対抗馬どころかより扱いやすい上位性能のモンスターが非常に多いのが実情である。
 シンクロ素材の観点からもより容易にシンクロ召喚できる《魔王龍 ベエルゼ》《えん魔竜 レッド・デーモン・アビス》の方が有効な場合が多い。
 そもそも単体性能を見るならば《スカーレッド・スーパーノヴァ・ドラゴン》がこのカード上位互換に近い能力を持っている。

 こちらを採用するならば、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》のカード名が記されたシンクロモンスターという点で差別化したい。
 必然的に墓地《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を置けるため、発動条件を満たせれば《クリムゾン・ヘルガイア》の(3)であちらの蘇生もできる。
 また、《スカーレッド・デーモン》シンクロ素材にすることで攻撃表示相手モンスター除去しつつ、攻撃力5000以上の自身と攻撃力3000の《レッド・デーモンズ・ドラゴン》を同時に並べられる。

 その他、《シンクロ・オーバーテイク》でこのカードを見せる事で、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》蘇生できる。
 チューナー特殊召喚する効果汎用性が高くこのカードシンクロ召喚の補助にもなるので、両者を採用するデッキならば採用を検討できるかもしれない。

  • 2019年7月31日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第7期投票では第5位にランクインした。
  • 「ノヴァ(nova)」とは、天文学で言う「新星」のことである。
    「スカーレッド」はワンポイントレッスンNo.113によると「スカーレット(scarlet)」(緋色)と「レッド(red)」(赤)を重ねた造語であり、「究極の赤」と表現されている。
    「ノヴァ」と併せて、「赤き超新星のドラゴン」と説明されている。
  • 英語名はスカーレッドだと「Scarred(傷痕が残った)」になるためか、単に「レッド・ノヴァ・ドラゴン」になっている。
  • Vジャンプでは「真紅の灼熱龍(スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン)」という和名が当てられていた。
  • シンクロ召喚時の口上は「王者と悪魔、今ここに交わる。荒ぶる魂よ、天地創造の叫びをあげよ。シンクロ召喚!出でよ、《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》!」。
  • なお地縛神としてのスカーレッド・ノヴァは、描写されている限りではヘビを従えたゴブリンに似た巨人として描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
  • 『デュエルリンクス』では2021/7/29より専用のシンクロ召喚演出が実装されており、ジャックを使用してシンクロ召喚すると「ダブルチューニング」の演出が再生される。

関連カード

−複数のチューナーシンクロ素材として要求するシンクロモンスター

―《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

※(3)(4)の効果については《シューティング・スター・ドラゴン》のFAQを参照。

Q:シンクロ素材の『チューナー2体』とは、チューナー2体『のみ』という意味ですか?
A:《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》をシンクロ召喚する場合は、《レッド・デーモンズ・ドラゴン》チューナー2体の合計3体『のみ』をシンクロ素材に使用して墓地へ送ります。(10/10/04)

Q:チューナー2体とチューナー扱いの《レッド・デーモンズ・ドラゴン》という組み合わせでシンクロ召喚できますか?
A:合計レベルが12になるなら可能です。(14/12/25)

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)(2)の効果永続効果、(3)(4)の効果誘発効果となります。(10/09/13)

Q:《トラスト・ガーディアン》2体をシンクロ素材に使い、シンクロ召喚しました。
  何回戦闘破壊を耐える事ができますか?
  また、適用時に攻撃力守備力はいくら下がりますか?
A:1回だけです。
  なお、攻撃力守備力は800ではなく400下がります。(12/11/26)

Q:《トラスト・ガーディアン》1体をシンクロ素材に使い、シンクロ召喚しました。
  その後《スターダスト・ファントム》効果を受けた場合、何回戦闘破壊を耐える事ができますか?
  また、適用時に攻撃力守備力はいくら下がりますか?
A:1回だけです。
  なお、攻撃力守備力は1200下がります。(13/03/21)

Q:墓地チューナーが3体存在する事で攻撃力が5000になっているこのカード《No.102 光天使グローリアス・ヘイロー》効果を使用した場合、このカード攻撃力はいくつになりますか?
A:2500になります。(14/05/19)


Tag: 《スカーレッド・ノヴァ・ドラゴン》 シンクロモンスター 効果モンスター モンスター 星12 闇属性 ドラゴン族 攻3500 守3000

広告