《セラの蟲惑魔(こわくま)/Traptrix Sera》

リンク・効果モンスター
リンク1/地属性/植物族/攻 800
【リンクマーカー:下】
リンクモンスター以外の「蟲惑魔」モンスター1体
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク召喚したこのカードは罠カードの効果を受けない。
(2):通常罠カードが発動した場合に発動できる。
同名カードが自分フィールドに存在しない「蟲惑魔」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
(3):このカード以外の自分の「蟲惑魔」モンスターの効果が発動した場合に発動できる。
デッキから「ホール」通常罠カードまたは「落とし穴」通常罠カード1枚を選んで自分フィールドにセットする。

 LINK VRAINS PACK 2で登場した地属性植物族リンクモンスター
 リンク召喚されている場合罠カード効果を受けない永続効果通常罠発動した場合に蟲惑魔リクルートする誘発効果、他の蟲惑魔モンスター効果発動した場合に、デッキからホール落とし穴通常罠セットする誘発効果を持つ。

 蟲惑魔エクシーズモンスターリンク素材に使えるが、現実的には下級蟲惑魔1体でリンク召喚される。
 低攻撃力を晒す都合上、維持する場合は落とし穴を始めとする各種罠カードを活用したい。
 《フレシアの蟲惑魔》と併用すれば耐性付与により場持ちは良くなるが、戦闘破壊されなくなるため格好の攻撃の的になってしまう点に注意。

 (1)は罠カード全般の効果を受けない耐性
 《フレシアの蟲惑魔》と同様の耐性だが、高守備力のあちらに比べこちらは低攻撃力を晒さざるを得ないため戦闘破壊を受けやすく、耐性がやや活きにくい。
 相手罠カードに対する耐性というよりは自分《激流葬》等に耐えられる効果と見ておくのが良いだろう。
 特に、自身が簡単に出せるリンクモンスターである点から《絶縁の落とし穴》との相性が良い。
 なお、リンク召喚された状態でないと適用されないので、蘇生帰還された場合は効果を受ける点に注意。

 (2)は通常罠発動トリガーとした蟲惑魔リクルート
 このカードがいる状態で相手通常罠発動する事は期待しにくいためこちらから能動的に発動したい。
 その場合、相手の行動に左右されるカードよりフリーチェーンカードの方が発動させやすくタイミングも見極めやすい。
 特に《狡猾な落とし穴》フリーチェーン落とし穴なので相性が良い。

 (3)は他の蟲惑魔効果トリガーデッキからホール落とし穴通常罠セットする効果
 (2)で《トリオンの蟲惑魔》《ティオの蟲惑魔》リクルートすれば、その際に発動した効果を(3)のトリガーにできる。
 そして(3)でセットしたカードを次のターンに使用すれば再び(2)→(3)の流れができあがる。

 レベル4の罠モンスターとなる通常罠《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》とは相性が良い。
 あちらのモンスター化が(2)のトリガーとなり、リクルートした蟲惑魔とで《フレシアの蟲惑魔》等のランク4のエクシーズ召喚を狙える。
 《トリオンの蟲惑魔》リクルートすれば、相手フィールドの状況に関わらず発動した強制効果トリガーとして(3)に繋がるので相手の動きに備えられる。
 墓地罠カードがない場合は、タイムラグ無しでこの動きに繋がるので1ターン目の初動としても優れる。
 墓地罠カードがある場合でも、相手ターン《アトラの蟲惑魔》リクルートして牽制するといった動きを狙える。
 デッキ構築に気を配る必要はあるが、《彼岸の黒天使 ケルビーニ》を出し、《幻影騎士団サイレントブーツ》墓地へ送ることで《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》サーチも可能である。

  • モチーフはモウセンゴケ(学名:Drosera rotundifolia L.)だろうか。
    周辺に生えているのは、モウセンゴケの特徴である毛と粘液だろう。

関連カード

―《セラの蟲惑魔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《セラの蟲惑魔》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク1 地属性 植物族 攻800 蟲惑魔

広告