《ディメンション・アトラクター/Dimension Shifter》

効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻1200/守2200
(1):自分の墓地にカードが存在しない場合、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
次のターンの終了時まで、墓地へ送られるカードは墓地へは行かず除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 EXTRA PACK 2019で登場した闇属性魔法使い族上級モンスター
 手札から墓地へ送る事で、次のターン終了時まで墓地へ送られるカード除外する誘発即時効果を持つ。

 手札から発動できる次のターンまで限定の《マクロコスモス》効果
 自分墓地カードが存在しない場合という発動条件により最序盤以外での使用は難しい。
 主に相手先攻ターン目の展開を妨害するのがこのカードの役目だろう。
 似た効果カード《異次元グランド》が存在するが、このカード手札誘発であるため、相手先攻ターン目に発動できる点で優れる。
 ただし、相手ターン発動した場合は次の自分ターンまで効果が及ぶため、《異次元グランド》と違い自分墓地利用ができなくなる。
 このため、一定以上墓地に依存せず動けるデッキでなければ採用し難い。
 この部分には、次の自分ターンでも墓地へ送るもしくは墓地へ捨てるコストとする手札誘発を封じられるというメリットもある。

 自分ターンでも発動できるので、先攻制圧用のカードとしても利用できる。
 先攻制圧用としては《次元の裂け目》等の方が使いやすいが、マッチ1戦目で後攻になった場合も想定しメインデッキから投入するのも良いだろう。

 問題は、このカード自体が墓地へ送られるため、墓地カードを移動するギミックがない場合2枚目以降のこのカードは必然的に腐る
 また、上述の通り1ターン目に使うことが前提になりがちであり、初手で引けなければ死に札となりやすい。
 腐ったモンスターとして運用するには上級モンスターである点が足を引っ張り、殆どの場合手札では手札コスト程度にしかならない。
 《妖精伝姫−シラユキ》等で発動条件を再び満たす手もあるが、このカードを採用できるのは墓地利用を軽視するデッキである以上、墓地が肥えることを前提とした効果とは相性が悪い。
 その中で《烈風帝ライザー》を採用でき妨害と再利用を兼ねられる【ふわんだりぃず】は、このカードとのシナジーが強いデッキと言えるだろう。

  • 「アトラクター(attractor)」は英語で直訳すると「引き付けるもの」となる。
    転じて「吸着体」「重力場」などを表し、宇宙に存在すると提唱されている巨大重力場「グレート・アトラクター」などで知られる。

関連カード

自分墓地カードが存在しない場合に発動する事ができるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ディメンション・アトラクター》 モンスター 効果モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻1200 守2200

広告