《ランカの蟲惑魔(こわくま)/Traptrix Mantis》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1500/守1300
(1):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「蟲惑魔」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
「ホール」通常罠カード及び「落とし穴」通常罠カードの効果を受けない。
(3):1ターンに1度、自分フィールドにセットされた魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
セットされたそのカードを持ち主の手札に戻す。
その後、手札から魔法・罠カード1枚をセットできる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 CODE OF THE DUELISTで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 ホール落とし穴効果を受けない蟲惑魔共通の永続効果召喚に成功した時に蟲惑魔サーチする誘発効果セットされた自分フィールド魔法・罠カード手札バウンスし、更に手札から魔法・罠カードセットできる誘発即時効果を持つ。

 召喚に成功した際に蟲惑魔サーチできる効果により、単純に1枚分のアドバンテージを得られる。
 中でも、《キノの蟲惑魔》《ジーナの蟲惑魔》手札からの自己特殊召喚が可能なので、自身を含めた2体でランク4やリンク2へと繋げられる。
 この両者の特殊召喚はいずれも発動する効果であるため、自身を《セラの蟲惑魔》に変換していればデッキから落とし穴ホールセットでき、更にアドバンテージを得られる。
 返しのターンを見据えるのならば、リンク素材などで墓地へ送られたこのカード蘇生できる《ティオの蟲惑魔》も相性が良い。
 《トリオンの蟲惑魔》サーチすると間接的に落とし穴サーチする事に繋がるが、セットして発動するまでにはさらに時間がかかるため、即効性はない点には注意したい。
 《蟲惑の園》適用されていればサーチした蟲惑魔を追加召喚できるので、召喚時の誘発効果も利用しつつ上記のタイムラグも埋められる。
 同名カードサーチ可能且つ同名カードターン制限も無いため、《蟲惑の園》と併用すれば蟲惑魔3体を並べる事も可能となる。
 【昆虫族】では戦線を途切れさせないことを目的に投入し、状況に応じて《トリオンの蟲惑魔》サーチし分けることも可能。

 (3)の効果セットしている伏せカードを入れ替える効果
 セットしたターン罠カード速攻魔法発動することはできないため、効果を活かすには一工夫を要する。
 《サイクロン》等の単体除去不発にでき、存在するだけでエンドサイクを牽制できる他、全体除去に合わせて破壊トリガーにするカードセットする芸当も可能。
 特に【アーティファクト】【魔界劇団】では、アーティファクト魔界台本に入れ替えることで、それらの発動を補助しつつ、落とし穴ホールを守ることが可能。
 自分ターン発動したい罠カード手札に温存しておき、相手ターンエンドフェイズに入れ替えて安全に発動することもできる。
 同じ蟲惑魔では《ティオの蟲惑魔》との相性がよく、あちらの効果墓地からセットした落とし穴手札に戻すことで、エンドフェイズ時の除外から回避させることができる。
 他にも《古代の採掘機》セットした魔法カードバウンスして即座に発動したり、変わったところでは、《埋蔵金の地図》ノーコストで能動的に発動させる事ができる。

 効果セットしたターン発動できなくする制約を持つカードの中では《三戦の号》と噛み合わせが良い。
 先攻ターン目にこのカードの(1)に《灰流うらら》等を使われた後でも、それに対して《三戦の号》セットしたカードをそのまま(3)でバウンスすることで同一ターン発動が可能になる。

  • モチーフは「ハナカマキリ」だと思われる。
    ラン科の花に擬態するカマキリの一種で、ランの花だと思い込んで近づいた昆虫を捕食する。
    カード名はハナカマキリの通称である「ランカマキリ」から取ったものだろう。
    英語名はそのままMantis(カマキリ)となっており、ランの要素が抜け落ちている。

関連カード

―《ランカの蟲惑魔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ランカの蟲惑魔》 モンスター 効果モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻1500 守1300 蟲惑魔

広告