教導の大神祇官(マクシムス・ドラグマ)/Dogmatika Maximus》

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻1500/守3000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地から融合・S・X・リンクモンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
自分のEXデッキからカード名が異なるモンスター2体を墓地へ送る。
相手は自身のEXデッキからモンスター2体を墓地へ送る。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。

 RISE OF THE DUELISTで登場した光属性魔法使い族最上級モンスター
 自分墓地から融合シンクロエクシーズリンクモンスター除外して特殊召喚する起動効果お互いエクストラデッキからモンスターを2体ずつ墓地へ送る起動効果を持つ。

 (1)は手札からの特殊召喚
 ドラグマエクストラデッキを積極的に活用できないデッキだが、条件となるモンスターを用意するのは難しくはない。
 通常召喚した《教導の天啓アディン》リンク素材《転生炎獣アルミラージ》を出し、あちら自身の効果リリースするのが簡単か。
 基本的には《天底の使徒》《ドラグマ・パニッシュメント》等でエクストラデッキからコストにするモンスターを直接墓地へ送る方が効率的。
 特に前者はコストを用意した上でこのカードサーチサルベージできるため相性が良い。

 (2)はお互いエクストラデッキ破壊
 ただし、相手墓地へ送るモンスター相手が選ぶため、この効果相手エクストラデッキに効果的な損害を与えるのは難しい。
 《教導枢機テトラドラグマ》を採用しているのならば、お互い墓地エクストラデッキモンスター4枚が用意されるので特殊召喚に繋げられる。
 またその際、自分エクストラデッキから墓地発動する効果を持つモンスター墓地へ送る事で、メリットを得る事も可能。
 こちらの活用法としては《轟雷帝ザボルグ》のページも参照のこと。
 ただし、相手エクストラデッキにもその手のモンスターが採用されている場合は逆利用されてしまう点は気を付けたい。

 ドラグマに属するものの効果自体は汎用的なので、エクストラデッキをあまり活用しないデッキに(2)狙いで単体採用するのも手。
 特殊召喚できるのは返しのターン以降になるが、《ナチュル・エクストリオ》等の性能は高いが融合素材の指定が厳しいモンスターの補助としても使える。
 【シャドール】では《エルシャドール・アプカローネ》と任意のシャドール融合モンスター墓地へ送ることで、サーチした《影依の偽典》相手ターン墓地融合が可能となる。
 逆にエクストラデッキを積極的に活用するデッキに(1)狙いで採用し、各種素材に利用するのも良い。
 光属性なので【ギャラクシー】では《フォトン・サンクチュアリ》の邪魔にならないランク8のエクシーズ素材として利用できる。
 《ゼラの天使》除外して特殊召喚すればあちらの帰還にも繋がり、同じレベル8であるため相手ターンを凌げばランク8のエクシーズ召喚も可能。
 攻撃力は低いためアタッカーにはならないが、守備力3000のとしても機能する。

  • 「神祇官」とは、日本の律令制で設けられた朝廷の祭祀を司る官庁名である。
    また、明治時代に朝廷の祭祀・民戸・宣教・諸国の官社を司る最高国家機関の名称としても利用された。
    • 実物のこのカードに印刷されているのは「祇」の示偏を「示」でなく「ネ」とした異体字(許容字体として認められている)である。
      文字コードが分離されていないのでどちらの字体で表示されるかはフォントや環境によって異なる。
      公式データベースでは本wikiと同様に「祇」の文字で記述されている。
  • Vジャンプ(2020年6月号)によると「教導国家ドラグマ」を運営する教会の最高指導者であるとのこと。

関連カード

―《教導の大神祇官》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:自分効果発動した場合、相手は、こちらが何を墓地に送るか確認してから墓地に送るカードを選べますか?
A:はい、相手はこちらが何を送るかを伝えた後にどのカード墓地に送るか選ぶことになります。(20/09/14)


Tag: 《教導の大神祇官》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 魔法使い族 攻1500 守3000 ドラグマ

広告