古生代化石騎士(こせいだいかせききし) スカルキング》

融合・効果モンスター
星7/地属性/岩石族/攻2800/守1300
岩石族モンスター+レベル7以上のモンスター
このカードは「化石融合−フォッシル・フュージョン」の効果でのみEXデッキから特殊召喚できる。
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
(2):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。
(3):相手ターンに、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。

 COLLECTION PACK 2020で登場する地属性岩石族融合モンスター
 《化石融合−フォッシル・フュージョン》効果でのみエクストラデッキから特殊召喚できる召喚制限2回攻撃できる効果貫通効果相手ターン手札を1枚捨て相手墓地からモンスター特殊召喚できる効果を持つ。

 融合素材岩石族最上級モンスターは一切採用しないデッキも多いため、相手墓地は利用できたらラッキー程度に考えておくべきだろう。
 《原始生命態ニビル》は両方の条件を満たすので、これを融合素材にできる可能性はある。

 (1)(2)により貫通効果付きの2回攻撃を行える。
 2800と高めの攻撃力を持つこともあり、アタッカーとして優秀な働きを期待できる。

 (3)は手札を1枚捨て相手墓地モンスター蘇生する効果
 蘇生先や運用にも制限ないため、そのターン限りの、次のターンの素材、効果による制圧など柔軟な運用ができる。
 また相手ターン限定ではあるが、フリーチェーン発動できるため《D.D.クロウ》などのように蘇生などを妨害しつつボード・アドバンテージを稼げる。

 手札捨てるのはコストではなく、効果である。
 そのため効果無効にされた場合にもディスアドバンテージにならず、効果捨てる墓地へ送られた等のトリガーを満たせる。

  • アニメGXに登場した他の「化石騎士」を見るに、ここでの「キング」はチェスの駒に由来するようだ。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE シリーズでは2の時点からオリジナルカードとして登場していた。
    効果は以下の通り。
    融合モンスター
    星8/地属性/岩石族/攻2800/守1300
    自分の墓地の岩石族モンスター+相手の墓地のレベル7以上のモンスター
    このカードは「化石融合−フォッシル・フュージョン」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
    相手フィールド上にモンスターが存在する場合のみ、バトルフェイズ中にもう1度だけ攻撃をする事ができる。
    このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
    その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

関連カード

両方の条件を満たすレベル7以上の岩石族モンスター

化石

  • 《古生代化石騎士 スカルキング》

レベル

レベル

レベル9以上

収録パック等


Tag: 《古生代化石騎士 スカルキング》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星7 地属性 岩石族 攻2800 守1300 化石 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可

広告