紅蓮(ぐれん)指名者(しめいしゃ)/Appointer of the Red Lotus》

通常罠
(1):2000LPを払い、手札を全て相手に見せて発動できる。
相手の手札を確認し、その中から1枚を選んで、次の相手エンドフェイズまで除外する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した通常罠
 ライフコストを払って自分手札公開する事で、相手手札確認して1枚を一定期間だけ除外する効果を持つ。

 相手手札ピーピングしつつ手札破壊する効果ではあるが、デメリットが目立つ。
 往年のハンデスカード《押収》下位互換と言える能力だが、ライフコスト《押収》のそれよりも重い上に、自分手札公開しなければならず、しかも次の相手エンドフェイズには手札に戻ってしまう。
 このカードピーピングを介して《マインドクラッシュ》等の他の指名系ハンデスカードを使う手もあるが、やはりデメリットが高くつく。

 罠カードであるため手札誘発対策としてはやや使いづらいが、相手手札を全て見た上で必ず一枚のハンデスを行えるので、相手キーカード潰しや、相手が温存しておいた手札誘発対策に有効。
 前述したようにデメリットが多いので、2ターン目以降でキーカードを安全に通したいあるいは一気に攻め込みたい場合が使いどころとして挙げられる。
 【お触れホルス】【Bloo−D】のようにロック要素を持つモンスターを使用する場合、これらの除去手段を除外することで戦況を有利にできる。
 《ジ・アライバル・サイバース@イグニスター》のように他のカードの効果を受けない耐性を持つモンスターを出すデッキでも、ほぼ唯一の突破手段である壊獣ハンデスできれば勝利に近づく。

 盤面を返せるカード相手が引いてない場合でも、行動の起点となるカード除外することでターンスキップに近い状況を生み出せる可能性があり腐りにくいのも魅力。
 デュエルの高速化により1ターン限定という弱点が薄くなっているのも追い風となっている。

 2000ものライフを失い情報アドバンテージまで与えてしまうため、無効にされた場合は非常に不利になる。
 それでなくとも《マインドクラッシュ》等を発動される危険性もある。
 【暗黒界】【魔轟神】ならば手札を見せるリスクを最小限に抑える事ができる。
 また、発動前に自分手札をできるだけセットしておくのも手だろう。

 手札サーチしたものばかりになる場合は情報アドバンテージを与える余地は少なく、制圧し切った後なら情報アドバンテージを与えたところで相手に利用される余地は少ない。
 先攻モンスターを複数並べて制圧するデッキでは仮想敵となる《冥王結界波》《禁じられた一滴》《ラーの翼神竜−球体形》をケアできる。
 更に、返しのターンに一気に勝負を決めることでエンドフェイズまでしか除外できないというデメリットも無視しやすい。

 似たような効果を持つカードには、除外するカードランダムだが発動条件を一切持たず、介入の難しい裏側表示で除外かつ除外時間の長い《光の封札剣》がある。
 除外したカード《異次元からの埋葬》等で墓地に戻す事で、完全にハンデスした事になるのはこちらのメリット
 また、《虚空海竜リヴァイエール》除外したモンスターを奪う事ができるが、下記の裁定によりこのコンボを決めるのは少し難しい。

  • イラストから見て、このカードの「紅蓮」は紅蓮地獄の事だろう。
    英語版では「Red Lotus」と訳しているが、これでは単純に色の話になってしまっている。
  • コナミのゲーム作品において―
    デュエルリンクスでは、自滅狙いで使用されている。
    対人戦では一定の割合でスキルのドロップが見込める他、ランク戦イベント報酬内にある「サレンダーせずにデュエルを(決められた回数分)行った場合」の報酬(ジェム等)を手早く入手する手段の為のキーカードとして採用される。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自分手札がない(公開できない)時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/09/17)

Q:相手ターン発動したこのカードによって除外されたカードは、『次の相手ターン』のエンドフェイズ手札に戻りますか?
A:いいえ、相手ターンエンドフェイズ以前にこのカード発動し、選択したカード除外した場合、除外されたカード手札に戻るタイミングは、同一ターン中のエンドフェイズとなります。(11/09/22)

Q:このカード相手ターンエンドフェイズ発動した場合、除外したカード手札に戻るのはいつですか?
A:このカード発動したエンドフェイズから数えて、次の相手ターンエンドフェイズ時に手札へ戻ります。(11/09/26)


Tag: 《紅蓮の指名者》 通常罠

広告