処刑人(しょけいにん)−マキュラ/Makyura the Destructor》

効果モンスター(制限カード)
星4/闇属性/戦士族/攻1600/守1200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
このターンに1度だけ、自分は罠カードを手札から発動できる。

 Vジャンプ(2002年2月号) 付属カードで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 フィールドから墓地へ送られた場合、このターン中に1度だけ、手札から罠カード発動することが可能になる誘発効果を持つ。

 モンスターゾーンから墓地へ送られた場合という発動条件なので、リリースシンクロ素材リンク素材として使われた場合でも条件を満たせる。
 このカード自体はサポートカードの豊富な闇属性戦士族なので、特殊召喚効果を持つモンスターを併用すれば発動するのは難しくはない。
 リクルートできる《召喚僧サモンプリースト》や、蘇生できる《切れぎみ隊長》と相性が良く、即座にリンク召喚が可能。
 《レッド・リゾネーター》でなら手札このカード特殊召喚でき、シンクロ召喚に繋げられる。

 ただし、エラッタ前と異なり罠カード発動できるのは1ターンに1度だけなので、ドローバーンを連発して1ターンキルを狙う使い方はできない。
 《大革命》などのキーカードとなる罠カードを即座に使えるようにする、サーチしておいたカウンター罠を使える様にし牽制を狙うといった役割となる。

 「自分ターン発動したい強力な罠カード」というのはいくつかあり、それを1ターン待たずに発動できるのはコンボの決定率を高めるほどの影響力がある。
 《チェーン・マテリアル》キーカードとする【マテリアル1キル】では先攻1ターンキルをより狙いやすくできる。
 《トラップトリック》とは相性が良く、事実上デッキ内に複数存在する任意の通常罠発動できる事になる。

  • 英語名は単に「破壊者」であり、日本名にある「処刑人」とは訳されていない。
    あちらでは宜しくない表現なのだろう。
  • 米国で制作された『遊戯王カプセルモンスターズ』(Yu-Gi-Oh! Capsule Monsters)でもアレキサンダー大王の部下が使用した。
  • アニメARC-Vの第126話において、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM7・8では通常モンスターとして登場し、「両手につけた鋭いツメで相手を切り刻む、処刑モンスター」というテキストを持っている。

関連カード

手札から罠カード発動できる効果を持つカード

―類似項目

収録パック等


Tag: 《処刑人−マキュラ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1600 守1200

広告