真紅き魂(レッドアイズ・ソウル)

効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻 900/守2000
このカード名の、(2)の効果は1ターンに1度しか使用できず、
(3)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):このカードのカード名は、フィールド・墓地に存在する限り「真紅眼の黒竜」として扱う。
(2):相手がモンスターを特殊召喚した場合、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。
手札・デッキから「真紅き魂」以外の「レッドアイズ」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):自分・相手ターンに、自分フィールドの「真紅眼の黒竜」1体を対象として発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

 HISTORY ARCHIVE COLLECTIONで登場した闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 フィールド墓地カード名《真紅眼の黒竜》として扱う分類されない効果相手特殊召喚に成功した場合に手札フィールドの自身を墓地へ送る事で、手札デッキより同名カード以外のレッドアイズ特殊召喚する誘発効果お互いターン対象とした《真紅眼の黒竜》元々の攻撃力分のバーンを与える誘発即時効果を持つ。

 (1)はフィールド墓地カード名《真紅眼の黒竜》として扱う効果
 《真紅眼の黒竜》指定のサポートカード融合素材を共有できる他、自身を対象に(3)を発動できるようにもなる。
 《地獄の暴走召喚》《真紅眼の黒竜》を3体展開することも可能。
 ただし、手札デッキ除外ゾーンでは適用されないため、デッキ融合手札融合を行う際は注意。

 (2)は同名カード以外のレッドアイズ手札デッキからの特殊召喚効果
 トリガー相手ターンなら自然と満たせる緩いものであり、手札から発動すれば相手の不意も付きやすい。
 リクルート先には高いステータスのものも多いが、相手ターンに展開する場合は返しの自分ターンまで維持できなければ単なるに留まりやすい。
 墓地効果を持つ《真紅眼の幼竜》を呼び出せば、あちらが戦闘破壊されても再度リクルートが可能となるので2体分のを用意できる。
 自分ターンに展開できればより有効利用できるが、トリガー相手依存なので能動的に狙うのは難しい。
 《浅すぎた墓穴》など相手特殊召喚した扱いとなるカードを使いトリガーにするのも手。

 (3)は対象とした《真紅眼の黒竜》元々の攻撃力分のバーン効果
 ノーコストかつフリーチェーンと大きなダメージを狙う事のできるバーン効果としては破格だが、デュエル中に1度の制約を持つ。
 フィールドの自身を対象とする事もできるが、その場合は900ダメージにしかならない。
 《真紅眼の黒竜》か、それと同名カードとなる《真紅眼融合》融合召喚したモンスターを使いたい。
 (2)で《真紅眼の黒竜》リクルートし、蘇生カードでこのカード蘇生すれば即座にあちらを対象発動できる。
 自分ターンにこの効果発動する場合、同一ターン《黒炎弾》も使用できればバーンだけで4800ダメージとなり、十分に勝利も狙える。
 《真紅眼融合》《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》を出し、あちらの効果《黒炎弾》を使用、次の相手ターンでこのカード蘇生すれば合計ダメージは8000を超える。

  • 「真紅眼」ではなく「真紅き」と書いて「レッドアイズ」と読むのはこのカードが初。
    「Eye」の要素が無くなっている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《真紅き魂》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻900 守2000 レッドアイズ

広告