薔薇(ばら)刻印(こくいん)/Mark of the Rose》

装備魔法
自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
(1):装備モンスターのコントロールを得る。
(2):自分エンドフェイズに発動する。
このカードの(1)の効果は次の自分スタンバイフェイズまで無効になる。

 CROSSROADS OF CHAOSで登場した装備魔法
 装備モンスターコントロール奪取する効果自分エンドフェイズから次の自分スタンバイフェイズまでその効果無効にする効果を持つ。

 コントロール奪取してもエンドフェイズコントロール相手に戻ってしまう。
 そのため、発動したターン中に奪ったモンスターを何らかの方法で処理する必要がある。
 縛りの無いリンクモンスターリンク素材に利用するのがもっとも手っ取り早いか。

 発動コストとして墓地植物族除外する必要があるので、【植物族】植物族出張させたデッキでしか採用できない。
 【植物族】蘇生手段が多いため、闇雲に墓地アドバンテージを消費するのは避けたい。
 デュエル中に1度しか使用できない効果を使い終わった《スポーア》《捕食植物ダーリング・コブラ》などであれば除外してもさほど痛手にはならない。
 もしくは、《アームズ・ホール》で共にサーチ可能な《D・D・R》帰還を狙うのも手ではある。

 また、単純なコントロール奪取ならば準制限カード《精神操作》が存在するため、あちらだけで足りない場合でなければ、何らかの差別化が欲しい。
 このカードメリットとしては、装備魔法である事から《アームズ・ホール》によるサーチサルベージが可能な点や、コントロール奪取したモンスター《月の書》等で裏側守備表示にすれば永続的なコントロール奪取が可能になる点が挙げられる。
 攻撃制限が無いため、攻撃力の高いモンスターコントロール奪取した場合は、先に攻撃してからメインフェイズ2に処理するという動きが取れるのも独自点となる。
 一方で、装備魔法である事は《サイクロン》等で破壊され不発になる危険性もある点には注意したい。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールドに2体のモンスターがいて、こちらのフィールドにはモンスターが存在しません。
  その状態で《薔薇の刻印》で片方のモンスターコントロールを奪い、その後《強制転移》モンスターを入れ替えました。
  この場合、自分エンドフェイズと次の自分スタンバイフェイズの処理はどうなりますか?
A:自分エンドフェイズに(2)の効果発動し、(1)は無効になります。
  その後、次の自分スタンバイフェイズに(1)の効果は再度適用されますが、コントロール自分に移ることはありません。(18/11/12)

Q:《薔薇の刻印》でモンスターコントロールを奪い、そのモンスター裏側表示になったことで《薔薇の刻印》が破壊された場合、コントロール相手に戻りますか?
A:その場合、コントロールは移ったままとなります。(09/04/07)

Q:このカードコントロールを奪った《星態龍》攻撃宣言した場合、どのような処理になりますか?
A:攻撃宣言を行った《星態龍》はこのカード効果を受けずコントロール相手に戻ります。
  この時点で攻撃モンスターではなくなるため、すぐにこのカードの効果適用され再度コントロールを得る事になります。
  《星態龍》はすでに攻撃宣言を行っているので、このバトルフェイズ中にはもう攻撃を行えません。(13/08/17)


Tag: 《薔薇の刻印》 魔法 装備魔法

広告