【ジャックナイツ】

デッキの概要

 殆どが光属性に属するジャックナイツを中心としたビートダウンデッキ
 同じ縦列に複数のカードが存在することを条件とする効果を用いるため、カードの位置が重要となる。

《蒼穹の機界騎士/Mekk-Knight Blue Sky》
効果モンスター
星5/光属性/サイキック族/攻2000/守2500
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードと同じ縦列の相手のカードの数だけ、
デッキから「蒼穹の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスターを手札に加える(同名カードは1枚まで)。
《紫宵の機界騎士/Mekk-Knight Purple Nightfall》
効果モンスター
星8/光属性/サイキック族/攻2500/守2000
このカード名の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。
(2):自分フィールドの「ジャックナイツ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを次の自分ターンのスタンバイフェイズまで除外し、
デッキから「紫宵の機界騎士」以外の「ジャックナイツ」モンスター1体を手札に加える。
この効果は相手ターンでも発動できる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ジャックナイツ
 《宵星の騎士ギルス》以外はサイキック族光属性で統一されており、上級最上級モンスターは以下の共通テキストを持つ。

このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):同じ縦列にカードが2枚以上存在する場合、
このカードはその縦列の自分フィールドに特殊召喚できる。

相手フィールドモンスターを出せるモンスター
 同じ縦列にカードを並べやすくなり、ジャックナイツ特殊召喚を補助できる。

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

ジャックナイツ

―その他相性の良いモンスター

魔法・罠カードについて

ジャックナイツサポートカード
 すべて星遺物カードであり、永続魔法及び永続罠は、以下の共通効果を持っている。

(2):自分フィールドに「ジャックナイツ」モンスターが存在する限り、
そのモンスターと同じ縦列で発動した相手○○の効果は無効化される。

―その他の魔法・罠カード

―他のデッキからの出張要素

 相手フィールドカードがない状況から同じ縦列にカードを2枚並べるのは、ジャックナイツのみではやや難しい。
 エクストラモンスターゾーンのある縦列に永続魔法などを発動し、そのエクストラモンスターゾーンカードを並べることで条件を満たせる。

戦術

 このデッキではジャックナイツ特殊召喚条件を満たすため、「同じ縦列に2枚」のカードを出すことが重要になる。
 相手カードを1枚しか出していない場合、そのカードのある列に魔法・罠カードセットする事で条件を満たすのが基本。
 展開後は《星遺物に眠る深層》などによって、相手カード効果無効にして制圧する。

 先攻の場合は展開が行いにくいため、自分先攻後攻を選択できる場合は後攻にすると良い。
 ただ、先攻であってもエクストラモンスターゾーンとその同じ縦列に魔法・罠カードを出せば条件を満たす事は可能。
 条件を満たす縦列が一つしかなくとも、ジャックナイツを素材に別のリンクモンスターを出していけば手札ジャックナイツを複数出せる。

 《星痕の機界騎士》は他のジャックナイツとは性質が異なるため、除去後に出すようにしたい。
 また、ジャックナイツの存在する縦列が減ると制圧力が下がるため、リンク召喚のタイミングには注意が必要。

デッキの派生

【ヴァイロンジャックナイツ】

 【ヴァイロン】との混合デッキ
 ヴァイロンチューナーシンクロ素材リンク素材に使い、共通効果自分エクストラモンスターゾーンモンスター装備する。
 これにより、相手フィールドが空でもジャックナイツ特殊召喚の条件を満たせるため先攻ターン目でも能動的に動ける。

【天気ジャックナイツ】

 【天気】との混合デッキ
 天気モンスター天気魔法・罠カード置く効果により、縦列にカードを揃えやすくなる。
 天気魔法・罠カードで得た効果コスト天気モンスター除外することで、ジャックナイツ特殊召喚する場所も確保できる。

【銀河ジャックナイツ】

 【ギャラクシー】との混合デッキ
 展開の主軸となる《蒼穹の機界騎士》および《紫宵の機界騎士》レベル5と8であるため、【ギャラクシー】が狙うランクと合致する。
 ジャックナイツ光属性のため《銀河戦士》コストにでき、殆どが攻撃力2000以上のため《オーバーレイ・ブースター》特殊召喚も狙いやすい。
 召喚権《銀河の魔導師》に回しやすく、レベル変更からのエクシーズ召喚も狙いやすい。

このデッキの弱点

手札事故

 ジャックナイツ《機界騎士アヴラム》以外上級最上級モンスターであり、また共通する召喚ルール効果の性質上プレイング難度が高い為手札事故が起こりやすい。
 なので戦術の項を参照しながら展開に必要なカード手札盤面に揃える道筋を常に意識しておく必要がある。

カードの位置による対策

 同じ縦列に複数のカードが存在することを条件とし、その中に相手カードがなければ効果を発揮できないジャックナイツが多い。
 こちらのデッキがばれてしまうと、相手カードの配置を変えるだけで思うように効果を使えなくなってしまう。
 相手が大量にカードを展開しているという状況も、相手による制圧が既に終わっているという状況であることが多く、ジャックナイツを展開できない可能性が高い。
 

このデッキの歴史

 《宵星の騎士ギルス》の登場以降は環境でも見られる活躍を見せていたが、あちらが20/10/01制限カードとなり弱体化した。
 環境での活躍頻度を見るとあちらの規制は【オルフェゴール】での活躍がメイン理由と見られ、こちらは若干とばっちりに近い形で弱体化したと言える。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告