【マテリアル1キル】

デッキの概要

 《チェーン・マテリアル》を使用し、融合召喚した融合モンスターを利用する事によって勝利を得るデッキ
 バーンデッキ破壊特殊勝利と方法も様々。
 かつては《カタパルト・タートル》《ダーク・ダイブ・ボンバー》を利用したバーン勝利がメインだったが、いずれもエラッタにより消滅した。
 しかし射出要員として《プリーステス・オーム》を使えるため、無限ループを利用するならそれらの手順を再現できる。

《チェーン・マテリアル/Chain Material》 
通常罠
このカードの発動ターンに融合召喚を行う場合、
融合モンスターカードによって決められたモンスターを
自分の手札・デッキ・フィールド・墓地から選択してゲームから除外し、
これらを融合素材とする事ができる。
このカードを発動したターン攻撃する事はできず、
この効果で融合召喚したモンスターはエンドフェイズ時に破壊される。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 キーカードである《チェーン・マテリアル》がなければどうにもならないので、手早くサーチできるモンスターは欲しい。
 デッキ内に《チェーン・マテリアル》が3枚あれば確実にサーチができる《悪魔嬢リリス》は筆頭候補。
 それ以外ではデッキを掘り進めつつ魔法・罠カード手札加える《クリバンデット》なども候補。

 射出するカードによってモンスターカードは変わるのでデッキの種類を参照。

魔法・罠カードについて

 鍵となる《チェーン・マテリアル》融合召喚に必要なカードは2〜3枚投入したいところ。
 デッキ内に《チェーン・マテリアル》が2枚以上あればセットできる《トラップトリック》は使いやすい。
 墓地カード融合素材として使えるため、《手札断殺》《手札抹殺》などの手札交換カードも有効。
 後述の《E・HERO エリクシーラー》を利用する場合、《フュージョン・ゲート》手札加える《テラ・フォーミング》もいいだろう。
 《チェーン・マテリアル》罠カードなので、もし先攻1キルを狙う場合には《王家の神殿》《ブーギートラップ》が必要。
 《E・HERO エリクシーラー》融合素材の1枚《E・HERO バブルマン》には専用カード《バブルイリュージョン》があり、こちらでも同様に先攻1ターンキルが可能。

《キメラテック・オーバー・ドラゴン》使用型

 大量の融合素材を用いて《キメラテック・オーバー・ドラゴン》融合召喚し、その攻撃力を利用したバーンを行うタイプ。
 ダメージを与えるには《反目の従者》《シエンの間者》や、送りつけた後に《ミスフォーチュン》を利用する。
 攻撃力16000以上にした後で《カタパルト・タートル》射出するのも手。
 この場合《カタパルト・タートル》《轟きの大海蛇》《ダウンビート》を使うことでリクルートが出来るので、メインデッキに余裕があれば融合素材と合わせて仕込んでみるのもいいだろう。

《E・HERO エリクシーラー》使用型

 融合素材さえあれば何度でも融合召喚が行える《フュージョン・ゲート》を利用し、《E・HERO エリクシーラー》融合召喚する事で融合素材に使ったモンスターデッキに戻り、無限ループが発生できる。

  1. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO The シャイニング》融合召喚して射出
  2. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  3. 《E・HERO エリクシーラー》射出
  4. 墓地《E・HERO エリクシーラー》《E・HERO The シャイニング》《E・HERO The シャイニング》融合召喚して射出
  5. 2に戻る。

 この場合無限に融合召喚が可能となるため、好きな融合モンスターを大量に呼び出したり、エクシーズ召喚も可能となる。

 以下はこの無限ループを応用したデッキとなる。
 なお融合召喚はすべて《チェーン・マテリアル》適用下での《フュージョン・ゲート》によるものとする。

《ワーム・ゼロ》使用型

 《ワーム・ゼロ》の「●6種類以上:」の効果を何度も利用する事で無限ドローを行い、エクゾディアパーツを揃えるデッキタイプ。
 手順は以下の通り。

  1. 《フュージョン・ゲート》で5種類のワーム除外《ワーム・ゼロ》融合召喚
  2. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  4. 《フュージョン・ゲート》で5種類のワーム《ワーム・ゼロ》除外《ワーム・ゼロ》融合召喚効果で1ドロー
  5. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  6. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》2体を除外《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  7. 《フュージョン・ゲート》で5種類のワーム《ワーム・ゼロ》除外《ワーム・ゼロ》融合召喚効果で1ドロー
  8. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  9. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》《E・HERO The シャイニング》除外《E・HERO The シャイニング》融合召喚
  10. 7に戻る。

 バーンメタを回避できる利点は存在するが、融合素材封印されしパーツによって14枚もデッキスペースを取る事になる点が欠点。
 エクゾディアパーツを揃える方法以外にも、無限ループによるドローにより手札射出カードを呼び込み射出ループに移行する戦法や無限ループによるドロー手札に必要なキーカードを揃えてセイヴァーシリーズや《オシリスの天空竜》を始めとした召喚条件重いモンスターを連続で特殊召喚して1ターンキルを狙う戦法も考えられる。

《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》使用型

 《E・HERO エリクシーラー》《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ素材にできることを利用し、バーン効果によって勝利する。
 手順は以下の通り。

  1. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚して、効果除外されているカードデッキ戻す
  2. 《E・HERO エリクシーラー》地属性としても扱えるのでシャドールモンスターと共に融合素材に使い、《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚して、効果除外されているカードデッキ戻す
  4. 《E・HERO エリクシーラー》《エルシャドール・シェキナーガ》《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚
    効果で2000ダメージを与えるが、その際エクシーズ素材として取り除くのは《E・HERO エリクシーラー》を使う。
  5. 《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》墓地《E・HERO エリクシーラー》《E・HERO ガイア》融合召喚
  6. 《E・HERO ガイア》墓地《エルシャドール・シェキナーガ》《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚
  7. 以降、3〜6を繰り返す。

 メインデッキに入れるコンボパーツが最小限で済むのでメインデッキは非常に安定する。
 無限ループに必要なエクストラデッキカードは合計6枚であり、こちらも圧迫を少なく抑えられる。

ランクエクシーズモンスター使用型

 ランクエクシーズモンスターを無限にエクシーズ召喚できる。
 手順は以下の通り。

  1. 《DDゴースト》《DDラミア》融合素材《DDD烈火王テムジン》融合召喚し、《DDゴースト》効果《DDラミア》墓地に戻す
  2. 《DDD烈火王テムジン》墓地へ送り《DDラミア》蘇生する。
  3. 《D−HERO デッドリーガイ》融合召喚し、効果手札を1枚捨てて《D−HERO ディアボリックガイ》墓地へ送る
  4. 《D−HERO ディアボリックガイ》特殊召喚《D−HERO デッドリーガイ》とで《永遠の淑女 ベアトリーチェ》エクシーズ召喚する。
  5. 《永遠の淑女 ベアトリーチェ》から《D−HERO ディアボリックガイ》を取り除き効果発動《妖精伝姫−シラユキ》墓地へ送る
  6. 《D−HERO ディアボリックガイ》特殊召喚し、《DDラミア》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》と3体で《デコード・トーカー》リンク召喚する。
  7. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚する。
  8. 《E・HERO エリクシーラー》効果チェーンして、《E・HERO エリクシーラー》《D−HERO デッドリーガイ》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》《DDD烈火王テムジン》を含む7枚(《D−HERO ディアボリックガイ》《フュージョン・ゲート》《デコード・トーカー》を除く)を除外《妖精伝姫−シラユキ》効果発動する。
  9. 《DDゴースト》《DDラミア》を素材に《DDD烈火王テムジン》融合召喚《DDゴースト》効果《DDラミア》墓地に戻す
  10. 《D−HERO ディアボリックガイ》特殊召喚ランクエクシーズモンスターエクシーズ召喚する。
  11. ランクエクシーズモンスター《妖精伝姫−シラユキ》《デコード・トーカー》《デコード・トーカー》リンク召喚する。
  12. 《D−HERO ディアボリックガイ》《D−HERO デッドリーガイ》特殊召喚ランクエクシーズモンスターエクシーズ召喚《D−HERO デッドリーガイ》を取り除き効果発動する。
  13. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚する。
  14. 《E・HERO エリクシーラー》効果チェーンして、《E・HERO エリクシーラー》ランクエクシーズモンスター2体・《DDD烈火王テムジン》《D−HERO デッドリーガイ》《DDラミア》墓地《デコード・トーカー》の7枚を除外《妖精伝姫−シラユキ》効果発動する。
  15. 9に戻る。

 ランクエクシーズモンスター《セイクリッド・トレミスM7》《永遠の淑女 ベアトリーチェ》を絡めることで、デッキの任意のモンスターサーチできるので、エクゾディアパーツを揃えたり、《ヴォルカニック・バックショット》墓地へ送ることで無限バーンも可能である。

その他のランクエクシーズモンスター使用型

 上記2パターン以外のランク帯でも、素材の条件に合致する融合モンスターさえ存在すれば多くのエクシーズモンスター無限ループが利用できる。
 手順は以下の通り。

  1. 《フュージョン・ゲート》エクシーズ素材となる融合モンスター融合召喚
  2. 《フュージョン・ゲート》融合素材除外《E・HERO エリクシーラー》融合召喚
  3. 《E・HERO エリクシーラー》効果除外されたモンスターデッキに戻る。
  4. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》と何かを除外し適当なE・HERO融合モンスター融合召喚。(例:地属性除外《E・HERO ガイア》融合召喚
  5. 1〜3を再び行う。
  6. 《フュージョン・ゲート》《E・HERO エリクシーラー》フィールド上のE・HERO融合モンスター除外E・HERO融合モンスター融合召喚
  7. 1〜3,6を何度か行い、必要なエクシーズ素材になるまで融合モンスターを揃える。
  8. 好きなエクシーズモンスターエクシーズ召喚効果発動する。
  9. 《フュージョン・ゲート》エクシーズモンスターフィールド上のE・HERO融合モンスター除外属性E・HERO融合モンスター融合召喚
  10. 《フュージョン・ゲート》E・HERO融合モンスターを利用し何度か融合召喚を行い、墓地エクシーズ素材にした融合モンスターをすべて除外する。
  11. 2に戻る。

 エクシーズ素材の条件が満たせるならどんなエクシーズモンスターでも出すことができるので、狙えることも相応に多い。
 例えば《重機王ドボク・ザーク》によるデッキ破壊《幻子力空母エンタープラズニル》相手デッキ手札フィールド墓地カード全ての除外が可能。
 予め何らかの融合素材として除外しておいた《プリーステス・オーム》《虚空海竜リヴァイエール》帰還させ射出による無限ループに移行してもよい。
 《No.7 ラッキー・ストライプ》なら効果を成功するまで何度も発動できるため、事実上無限ドロー、無限墓地肥やし、無限特殊召喚が可能である。
 このコンボならば、エクゾディアはもちろんのこと、《光の創造神 ホルアクティ》特殊召喚など通常では非常に難しい方法で特殊勝利する事もできる。
 ただし、メインデッキに余計なカードを増やしすぎるとデッキの安定性が低下するため注意。

 なお必要なエクシーズ素材の数に応じてエクストラデッキの圧迫も大きくなるため注意したい。
 素材が3体の《重機王ドボク・ザーク》の場合、最低でも《E・HERO エリクシーラー》×2、レベル融合モンスター×3、《重機王ドボク・ザーク》《E・HERO ガイア》を含む属性E・HERO融合モンスター×3をエクストラデッキに用意する必要がある。
 また、メインデッキについても必要な融合素材が増えるため圧迫が増す。
 これを回避するには《E・HERO エリクシーラー》と素材を共有できるE・HERO融合モンスターや、《E・HERO エリクシーラー》を素材に出せるエルシャドール召喚獣エクシーズ素材に利用する等の工夫が必要。

現在は構築不可能なデッキ

《カタパルト・タートル》使用型

《カタパルト・タートル/Catapult Turtle》(※エラッタ前)
効果モンスター
星5/水属性/水族/攻1000/守2000
自分のフィールド上に存在するモンスター1体を生け贄に捧げる。
そのモンスターの攻撃力の半分をダメージとして相手に与える。

 《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》融合召喚された大量の融合モンスター《カタパルト・タートル》で何度も射出し、相手ライフを0にする。
 【サイエンカタパ】《魔導サイエンティスト》《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》に置き換わったデッキと考えて良いだろう。
 射出する融合モンスターには攻撃力5000の《F・G・D》バーン効果を持ちステータスも高い《Dragoon D−END》等が使われた。
 《カタパルト・タートル》上級モンスターだが、何らかの融合モンスター融合召喚してアドバンス召喚したり、《E・HERO アブソルートZero》融合素材にして帰還させてフィールドに出せる。
 現在では《カタパルト・タートル》エラッタにより連続射出ができなくなり、【サイエンカタパ】と同様にコンボ自体が消滅したため構築不可能となっている。
 ただし、連続射出のコンセプトが消滅しただけで、1度だけならば現在でも射出はできる。
 そのため膨大な攻撃力が期待できる《キメラテック・オーバー・ドラゴン》使用型バーンカードとしてはまだまだ利用可能。

《ダーク・ダイブ・ボンバー》使用型

《ダーク・ダイブ・ボンバー/Dark Strike Fighter》(※エラッタ前)
シンクロ・効果モンスター
星7/闇属性/機械族/攻2600/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動できる。
リリースしたモンスターのレベル×200ポイントダメージを相手ライフに与える。

 上記の《カタパルト・タートル》使用型《カタパルト・タートル》《ダーク・ダイブ・ボンバー》に置き換わったもの。
 《ダーク・ダイブ・ボンバー》攻撃力ではなくレベルを参照するが、こちらでも《F・G・D》がよく射出されていた(《F・G・D》×3+《ダーク・ダイブ・ボンバー》で合計ダメージ8600)。
 こちらも《カタパルト・タートル》同様エラッタにより連続射出ができなくなりコンボ自体が消滅した。

《重爆撃禽 ボム・フェネクス》使用型

 単体でバーン効果を使用可能な《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を使用する事で1ターンキルを目指すタイプ。
 《フュージョン・ゲート》の効果で《重爆撃禽 ボム・フェネクス》3体+適当な融合モンスター2体+それ以外のカード4枚の存在で、合計ダメージが8100となり1ターンキルが達成される。

 現在では《重爆撃禽 ボム・フェネクス》制限カードになり1ターンキルが不可能になっている。
 なお、《E・HERO エリクシーラー》無限ループの一部として《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を組み込めば何度もバーン効果発動できるので、この手段での1ターンキルは可能。

全体のデッキの弱点

 デッキの勝ち筋を《チェーン・マテリアル》に依存することが多くなるため、《チェーン・マテリアル》無効にされては戦術が崩壊してしまう。
 《神の宣告》《魔宮の賄賂》などのカウンター罠があると心強い。
 また、《王宮のお触れ》などがあるとカウンター罠が使えない上、《チェーン・マテリアル》無効にされてしまう。
 ちなみに《王宮のお触れ》は「フィールド上で発動した通常罠効果効果処理時墓地へ送られていようと無効化される」ので、【やりくりターボ】の真似をして《非常食》《チェーン・マテリアル》効果処理時までに墓地へ送ったとしても効果無効化されてしまう。

 決定的な弱点として、《フォッシル・ダイナ パキケファロ》《虚無空間》などで特殊召喚を封じられると身動きが取れなくなる。
 こちらもうまくカウンター罠や各種除去カードで対応したい。

 《王宮のお触れ》に対しチェーン発動破壊できる《砂塵の大竜巻》も面白いカード
 相手ターンエンドフェイズ《砂塵の大竜巻》発動させ、手札《チェーン・マテリアル》を伏せられれば次の自分ターンには安心して発動できる。

 《フュージョン・ゲート》を利用する場合、ペンデュラム召喚メタに投入が増えている《サイクロン》などにも気を付けよう。

このデッキの歴史

第5期(2006年〜2008年)

 2007年のPHANTOM DARKNESS《チェーン・マテリアル》が登場。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》と合わせて桁違いの攻撃力火力に変換するパターンや、《フュージョン・ゲート》とのコンボで大量展開し《カタパルト・タートル》射出するパターンを軸としたバーンデッキとして誕生した。
 当時は融合デッキ(現在のエクストラデッキ)やメインデッキの枚数に上限がなく、お気に入りの融合モンスターを好きなだけ利用できる点も見逃せなかった。

第6期〜第9期(2008年〜2017年)

 マスタールールの制定によりデッキエクストラデッキに上限が生まれ、射出する融合モンスターにも質が求められるようになる。
 2008年のCRIMSON CRISISで登場した《ダーク・ダイブ・ボンバー》は、エクストラデッキ射出カードを用意出来ることから利便性が高く、禁止カードになる2009年9月1日までメインの火力として活躍した。
 同じく2008年に書籍付属カードとして《E・HERO アブソルートZero》が登場、《E・HERO エリクシーラー》融合素材して除外することが可能になになり、《E・HERO エリクシーラー》による無限ループが誕生した。
 これ以降は《E・HERO エリクシーラー》無限ループに組み合わせて、《ワーム・ゼロ》等の融合モンスター《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》等のエクシーズモンスターで勝利を目指すデッキとして活躍する。

第10期(2017年〜2020年)

 新マスタールール制定によりエクストラデッキからの特殊召喚先に制限が設けられ、融合モンスターの大量展開を売りにしていた【マテリアル1キル】は大きな痛手を受けることになった。
 融合モンスターを2体以上並べるにはリンクモンスターの存在が不可欠となり、複数の融合モンスターを並べてエクシーズ召喚等を行うパターンは非常に厳しい立ち回りを要求された。
 一応、《チェーン・マテリアル》《フュージョン・ゲート》があれば、リンクモンスターリンク召喚することも可能。
 以下は一例。

  1. シャドールモンスター《ジャイアント・レックス》2体を融合素材として除外《エルシャドール・シェキナーガ》融合召喚
  2. 除外された《ジャイアント・レックス》帰還
  3. 《ジャイアント・レックス》《エルシャドール・シェキナーガ》リンク素材《ミセス・レディエント》リンク召喚

第11期(2020年〜)

 新マスタールールに代わり、マスタールール(11期)が制定。
 リンクモンスターがいなくてもエクストラデッキから複数並べることが再び可能になった。

代表的なカード

関連リンク

広告