機塊(きかい)

デッキの概要

 機塊モンスターを利用したリンク召喚中心の【機械族】デッキ
 リンクモンスター効果相互リンクか否かで変化するのが特徴的であり、それ故にカードの位置が重要となる。

《電幻機塊コンセントロール/Appliancer Socketroll》
効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 100/守 100
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「機塊」モンスターが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、
自分フィールドに他の「電幻機塊コンセントロール」が特殊召喚された場合に発動できる。
デッキから「電幻機塊コンセントロール」1体を特殊召喚する。
《充電機塊セルトパス/Appliancer Celtopus》
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻   0
【リンクマーカー:左下/下】
「機塊」モンスター2体
(1):リンク状態のこのカードは、攻撃対象にならず、相手の効果の対象にもならない。
(2):このカードの相互リンク先の自分の「機塊」リンクモンスターが
相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。
その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、
このカードの相互リンク先のモンスターの数×1000アップする。
(3):1ターンに1度、このカードとは相互リンクしていない
自分フィールドの「機塊」リンクモンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
《家電機塊世界エレクトリリカル・ワールド/Appliancer Electrilyrical World》
フィールド魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
デッキからフィールド魔法カード以外の「機塊」カード1枚を手札に加える事ができる。
(2):1ターンに1度、自分が「機塊」リンクモンスターのリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の墓地から「機塊」モンスター1体を選んで手札に加える。
(3):1ターンに1度、自分または相手のモンスターの攻撃宣言時に発動できる。
自分フィールドの「機塊」モンスター1体を選び、その位置を他の自分のメインモンスターゾーンに移動する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

機塊
 全てレベル1の機械族である。

―相性の良いレベルモンスター
 メインデッキ機塊モンスター《ワン・フォー・ワン》《ワンチャン!?》を共有可能。
 【金華猫】も参照したい。

―それ以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

機塊
 全て機塊モンスター縛りのあるリンクモンスターで、リンク2の《充電機塊セルトパス》以外はリンク1である。
 相互リンクか否かで効果が変わり、リンク1はリンク召喚されたターンにはリンク素材にできない制約を持つ。

―相性の良いリンクモンスター

エクシーズモンスター
 レベル1が中心なのでランク1が採用しやすい(【金華猫】も参照)。
 高い展開力でエクシーズモンスターを複数並べる事も容易いため、未来皇ホープ《No.93 希望皇ホープ・カイザー》も検討できる。

融合モンスター

魔法・罠カードについて

機塊

―それ以外

戦術

 《電幻機塊コンセントロール》効果を効果的に使ってモンスターを並べ、リンクモンスターを複数展開していく。
 相手フィールドの状況に応じてカードの位置を操作して適する効果を選択したい。

デッキの種類

コードブレイカー

 《充電機塊セルトパス》リンクマーカーの向きがコードブレイカーと相性が良い点を意識した構築。
 《充電機塊セルトパス》の真下に《コードブレイカー・ウイルスソードマン》を出し、その左側に《コードブレイカー・ゼロデイ》特殊召喚
 そのまま2体で《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》に繋げてその2体のコードブレイカー蘇生すれば大量展開が可能となる。
 更に(2)で魔法・罠除去を行った後に《アクセスコード・トーカー》まで繋げれば1ターンキルも狙える。

デッキの派生

【LL機塊】

 同じくレベルモンスターを中心とする【LL】との混合構築。
 LL機塊の展開力の高さにより、【LL】のエースモンスターたる《LL−アセンブリー・ナイチンゲール》に多くのエクシーズ素材を持たせやすい。
 装備魔法などの強化カードコンボすれば相手モンスターを飛び越えての1ターンキルも十分に狙える。
 並べたLLエクシーズモンスターから繋げた未来皇ホープ《ハーピィの羽根吹雪》により弱点の制圧力を補えるのも利点。

このデッキの弱点

 特殊召喚の封殺・モンスター効果メタエクストラデッキメタ攻撃力の低さと弱点は多い。
 これらを中心とする【メタビート】【スキルドレイン】系統のデッキには苦戦は確実。
 【機械族】メタリンク召喚リンクモンスターメタも弱点。
 その他、相手モンスターカードの位置を動かしたり、モンスターゾーンの使用を制限してモンスターを出せる場所を制限されるカードも苦手。
 また、自分ターンの攻めは得意だが相手ターンの防御は弱いので制圧力にも欠けがち。

代表的なカード

関連リンク

広告