ストラクチャーデッキ

 40枚以上のデッキの体裁をとった商品、いわゆる「構築済みデッキ」のこと。
 「ストラクチャー(structure)」とは『構造』や『建物』を意味する。

 商品毎に決められたテーマに沿ってデッキが構成されており、何枚かの新規カードが収録されるのが恒例となっている。
 その他はこれまでに販売されたカードが再録されるが、絶版カード絶版ではないものの入手困難な状況にあるカードが選ばれることも多い。
 ロスト・サンクチュアリまでは「中級者向け」と銘打たれていたものの、新規参入者の必須カード獲得や、特定のデッキキーカード回収(パーツ取り)にも向いている。
 また、ルールブックやデュエルフィールドデッキカスタマイズのアドバイスも付属しているため、初心者が買っても申し分ない商品である。
 新しく遊戯王OCGを始めたいという人は、まずは最新のSTARTER DECKと興味がわいたテーマのストラクチャーデッキを混ぜ合わせてみるのがよいだろう。

  • 「構築済みデッキ」の名の通り、この商品一つだけでも遊ぶことは可能だが、実際には同じ商品を複数購入しなければ十分に機能しないデッキであることがほとんどである。
    効果に対応するカードが1枚しかなかったり、3枚投入が前提となるカードが1〜2枚しか収録されていないためである。
    これらに当てはまらない1枚だけで機能するカードでも、実戦まで想定すると1枚だけでは足りなくなる例も多い。
    また、エクストラデッキに投入するモンスターカードが収録されていない商品もあるため、そのような商品を軸とする場合、エクストラデッキは別途用意しなければならない点にも注意したい。
  • 過去に販売されたストラクチャーデッキに収録されているカードが、現在では禁止カードに指定されている事もある。
    こうした1箱ではすぐに遊べなくなる状況を防ぐためか、第4期以降は一度でも禁止カードになったカードは収録されない傾向にあった。
    しかし、第6期以降は禁止経験のあるカードも収録されるようになっており、そのほとんどは禁止カードに戻っていない。
  • ストラクチャーデッキ「テーマ」投票企画について
    • 2019年6月21日に、これから発売するストラクチャーデッキのテーマを決める投票企画が開始された。
      6月27日までの予選投票で20テーマから5テーマを決定し、7月3日までの最終投票で1位のテーマのストラクチャーデッキが新カードを多数収録の上で商品化されるというものである。
      選択肢は以下の通りであり、予選投票・最終投票の両方で「シャドール」が1位となりストラクチャーデッキ−リバース・オブ・シャドール−の発売が決定した。
      また、企画時は「1位のテーマが商品化」と告知されていたのだが、実際には2位の「三幻魔」をテーマ化したストラクチャーデッキ−混沌の三幻魔−、3位の「霊使い」をテーマ化したストラクチャーデッキ−精霊術の使い手−も後に発売が決定した。
      後者は投票結果との直接の関連は言及されていないが、前者は投票順位や1位との僅差を公式が言及している事から、この投票結果が商品化に影響を与えたものと思われる。
  • 2020年6月19日には第2弾の投票が開始された。
    今回は前年に比べて選出テーマが半分の10に厳選され、更に2位までのテーマがストラクチャーデッキのテーマとして商品化されると告知されている。
  • 各期の収録カードとその傾向について―
    • 第2期〜第3期
      原作のキャラクターをテーマにしている。
      いわゆるファンデッキとしての側面が強く、デッキとしての完成度は低い。
      まとまったデッキ構築は困難と判断されたのか、「デュエリストのカードを集めた商品」というコンセプトはデュエリストパックに移行された。
  • 第8期後半〜
    漫画・アニメのキャラクターをイメージしたストラクチャーデッキが登場。
    ただし、第2〜3期のそれと異なり、該当キャラクターの使用カードにこだわらず相性の良いカードを投入し、ファンデッキ要素と実用性を両立させた構築となっている。
    また、エクストラデッキに投入するモンスターカードが収録されるようになった。
  • 第9期〜
    過去のストラクチャーデッキをリメイクした「ストラクチャーデッキR」が登場。
    それに伴い現環境に対応できるように大幅に強化され、【帝コントロール】のように全く別物と化したデッキもある。
    また、12年ぶりにキャラクターの名前を冠したストラクチャーデッキが登場。
    第2期〜第3期と同様にファンデッキに近い構成となっており、第8期に登場した物と比べてデッキとしての完成度は低いが、新規カードは強力な性能となっている。
  • 第10期〜
    「ストラクチャーデッキR」の他、アニメに登場したキャラクターをテーマとしたストラクチャーデッキも発売されている。
    第2期〜第3期を彷彿とさせるが、時代の流れからかデッキの完成度・カード性能のまとまりは段違いとなっている。
    構築済みデッキとは別に強化パックも付属するようになった。
    また、第10期末には上述の通り人気投票でテーマを決めると言う初の試みも成された。

ストラクチャーデッキ新規収録カードリスト

STRUCTURE DECK−遊戯編−

STRUCTURE DECK−城之内編−

STRUCTURE DECK−海馬編−

STRUCTURE DECK−ペガサス・J・クロフォード編−

STRUCTURE DECK−遊戯編− Volume.2

STRUCTURE DECK−城之内編− Volume.2

STRUCTURE DECK−海馬編− Volume.2

STRUCTURE DECK−マリク編−

ストラクチャーデッキ−ドラゴンの力−

ストラクチャーデッキ−アンデットの脅威−

ストラクチャーデッキ−灼熱の大地−

ストラクチャーデッキ−海竜神の怒り−

ストラクチャーデッキ−戦士の伝説−

ストラクチャーデッキ−魔法使いの裁き−

ストラクチャーデッキ−守護神の砦−

ストラクチャーデッキ−烈風の覇者−

ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−

ストラクチャーデッキ−機械の叛乱−

ストラクチャーデッキ−閃光の波動−

ストラクチャーデッキ−暗闇の呪縛−

ストラクチャーデッキ−巨竜の復活−

ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−

ストラクチャーデッキ−アンデットワールド−

ストラクチャーデッキ−ロード・オブ・マジシャン−

ストラクチャーデッキ−ウォリアーズ・ストライク−

ストラクチャーデッキ−マシンナーズ・コマンド−

ストラクチャーデッキ−ドラグニティ・ドライブ−

ストラクチャーデッキ−ロスト・サンクチュアリ−

ストラクチャーデッキ−デビルズ・ゲート−

ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−

ストラクチャーデッキ−海皇の咆哮−

ストラクチャーデッキ−炎王の急襲−

ストラクチャーデッキ−青眼龍轟臨−

ストラクチャーデッキ−機光竜襲雷−

ストラクチャーデッキ−HERO's STRIKE−

ストラクチャーデッキ−シンクロン・エクストリーム−

ストラクチャーデッキ−マスター・オブ・ペンデュラム−

ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・ドミネーション−

ストラクチャーデッキ−武藤遊戯−

ストラクチャーデッキ−海馬瀬人−

ストラクチャーデッキ−ペンデュラム・エボリューション−

ストラクチャーデッキ−サイバース・リンク−

ストラクチャーデッキ−パワーコード・リンク−

ストラクチャーデッキ−マスター・リンク−

ストラクチャーデッキ−ソウルバーナー−

―エクストラデッキ強化パック

ストラクチャーデッキ−リボルバー−

―エクストラデッキ強化パック

ストラクチャーデッキ−リバース・オブ・シャドール−

―デッキ強化パック

ストラクチャーデッキ−混沌の三幻魔−

―三幻魔解放パック

ストラクチャーデッキ−精霊術の使い手−

―霊術覚醒パック

ストラクチャーデッキ−凍獄の氷結界−

ストラクチャーデッキR新規収録カードリスト

ストラクチャーデッキR−真帝王降臨−

ストラクチャーデッキR−巨神竜復活−

ストラクチャーデッキR−機械竜叛乱−

ストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−

ストラクチャーデッキR−神光の波動−

ストラクチャーデッキR−闇黒の呪縛−

ストラクチャーデッキR−アンデットワールド−

ストラクチャーデッキR−ロード・オブ・マジシャン−

ストラクチャーデッキR−ウォリアーズ・ストライク−

ストラクチャーデッキR−マシンナーズ・コマンド−

ストラクチャーデッキR−ドラグニティ・ドライブ−

―竜渓谷の伝説パック

関連リンク

広告