セリオンズ

 DIMENSION FORCEカテゴリ化された「セリオンズ」と名のついたカード群。
 属するモンスターは全て最上級モンスターである。

  • セリオンズAがセリオンズBを装備している場合、Bによって付与された(2)の効果をAが発動しても、Bの(2)の効果を使用した事になる
    従って、セリオンズAが同名カード装備していても、(2)の効果1ターンに1度しか使用できない。
    また、セリオンズAとセリオンズBがそれぞれセリオンズCを装備している場合、Cの(2)の効果を使用できるのはAとBの片方だけである。
  • 「セリオンズ」の「セリオン」はギリシャ語で「獣」を意味する語の英字転写であり、アレイスター・クロウリーによって創設された宗教セレマにおける神格でもある。
    数秘術においては「セリオン」の数価はヨハネの黙示録における獣の数字である666となり、セリオンという語も黙示録の獣を指す名称としても用いられる。
  • モンスター名は、黄道十二星座を構成する恒星の名前から取られている。

関連リンク

―「セリオンズ」と名のついたモンスター
 ※は「セリオンズ」に関する効果を持つモンスター

―「セリオンズ」と名のついた魔法・罠カード
 ※は「セリオンズ」に関する効果を持つ魔法・罠カード

―「セリオンズ」に関する効果を持つカード

―その他のリンク

FAQ

セリオンズモンスターの共通効果について

Q:《セリオンズ“キング”レギュラス》の(1)の効果発動したところ、チェーンされた《墓穴の指名者》によって対象とした《セリオンズ“リリー”ボレア》除外されました。
  この場合、どのような処理となりますか?
A:《セリオンズ“キング”レギュラス》特殊召喚され、処理が完了します。(22/01/19)

Q:《スキルドレイン》適用されている状態で墓地《弾丸特急バレット・ライナー》対象《セリオンズ“キング”レギュラス》の(1)の効果発動しました。
  特殊召喚から装備カードになる効果一連の効果ですが、装備した直後に《スキルドレイン》の影響で《弾丸特急バレット・ライナー》フィールドから墓地へ送られますか?
A:《セリオンズ“キング”レギュラス》特殊召喚を行った後に《弾丸特急バレット・ライナー》装備しますが、直ちに破壊されます。
  (この場合、《弾丸特急バレット・ライナー》フィールドから墓地へ送られているので、エンドフェイズに(3)の効果発動できます。)(22/01/19)

Q:《スキルドレイン》適用されている状態で《セリオンズ・スタンダップ》の(2)の効果墓地《セリオンズ“リリー”ボレア》フィールド《セリオンズ“キング”レギュラス》装備しました。
  《セリオンズ“リリー”ボレア》装備魔法として存在しているので《スキルドレイン》の影響下でも(3)の効果適用されますか?
A:《セリオンズ“リリー”ボレア》の(3)の効果適用され、《セリオンズ“リリー”ボレア》の(2)の効果発動することはできます。
  ただし、効果処理時《セリオンズ“キング”レギュラス》モンスターゾーンに存在する場合、《スキルドレイン》の影響により効果無効になるため処理は行われません。(22/01/19)

広告