マスタールール(11期)

 BEFORE:新マスタールール

 OCG第11期が始まる2020年4月1日より施行されたルール。
 公式サイト等では「マスタールール(2020年4月1日改訂版)」と呼ばれている。

新マスタールールとの違い

 ルールの変更点は以下の通り。

 なお、厳密には下記の変更点の2〜6はルールによる変更とは明言されておらず、「ルール改訂に伴う処理内容の変更」という名目である。
 ルール変更によるものなのか裁定変更によるものなのかは微妙なところなので両ページに変更内容を記載する。
 その上で、過去の事例に倣うのと「ルール改訂に伴う」という言葉から本ルールとの関係が強いと判断し、本wikiではこちらのページに詳細を記載する事にする。

  1. 融合シンクロエクシーズモンスターエクストラデッキから特殊召喚する場合、リンクモンスターリンク先以外のメインモンスターゾーン特殊召喚することが可能
  2. テキストに記載された場合を除き、デッキ及びエクストラデッキ裏側表示で戻ったモンスター効果は(例え強制効果であっても)発動しない
  3. 効果の発動前に、発動する場所に存在しなくなったカードの効果は(例え強制効果であっても)発動しない
  4. モンスター召喚特殊召喚効果発動条件に影響する「発動するターン」というテキストを持つカードは、その召喚特殊召喚無効化された場合はその制約を受けない

  5. 同名カードを含めて1ターンに1度しか特殊召喚できないテキストを持つモンスターは、最初の特殊召喚無効になった場合は2体目を同一ターン特殊召喚できる
  6. 発動後にモンスターゾーン特殊召喚される罠モンスター永続罠)は、特殊召喚後に魔法&罠ゾーンを圧迫しない

変更されるルールに関する裁定

  • 以前と異なり実際に召喚特殊召喚が成功したか否かが誓約に影響する様になった。

マスタールール(11期)のデュエルフィールド

 デュエルフィールド新マスタールールから変更なし。


  • 融合シンクロエクシーズモンスターを主力とする漫画・アニメキャラクターのファンデッキを組む上でも嬉しい改定と言える。
    これらのキャラクターが本来使用していなかったリンクモンスターが不要となり、より原作のイメージに近いデッキの構築が可能となる。
    (この点はジャンプフェスタ2020でもアピールポイントの1つとして公式から言及されている。)
  • 上記2〜6の変更点が公式から発表された同日には、ゲーム・デュエルリンクスでも同様の説明が具体例付きで成された。
    上述の魔法&罠ゾーンが埋まった場合の罠モンスターセットなど、幾つかの処理はこちらで先に判明した経緯もある。
    なお、実際のルール変更はOCGより約半月ほど遅れての開始となっている。

関連リンク

広告