誘発効果/Trigger Effect

 「スタンバイフェイズ時」や「モンスター破壊された時」など、そのモンスターカードが定めたタイミングで発動する効果です。
 相手に事前に察知されやすく対策されてしまいやすい効果ですが、他のカードの効果自分のプレイング次第でその発動条件を引き出し、狙ったタイミングに発動させることも可能です。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0より引用)


  • 「○○フェイズに発動する(できる)」と記された、特定のフェイズに入ることが発動条件になっている誘発効果について。
  • ちなみにTCGでは"Trigger-like Effects"と呼ばれ、誘発効果("Trigger Effects")とは区別されている。

関連リンク

FAQ

Q:《ヴァンパイア・サッカー》フィールドに存在する時、「チェーン1:《サンダー・ブレイク》対象-《ヴァンパイア・サッカー》)」「チェーン2:《リビングデッドの呼び声》対象-アンデット族モンスター)」とチェーンが積まれました。
  アンデット族モンスター特殊召喚されるものの、《ヴァンパイア・サッカー》特殊召喚に成功した時の効果発動するべきタイミングで既にフィールドを離れ墓地に行っています。
  《ヴァンパイア・サッカー》効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(19/11/20)

Q:リンクモンスターフィールドに存在する時、「チェーン1:《サンダー・ブレイク》対象-リンクモンスター)」「チェーン2:《リビングデッドの呼び声》対象-《星辰のパラディオン》)」とチェーンが積まれました。
  《星辰のパラディオン》リンク先特殊召喚されるものの、リンクモンスター《星辰のパラディオン》特殊召喚に成功した場合の効果発動するべきタイミングで既にフィールドを離れ墓地に行っています。
  《星辰のパラディオン》効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(19/11/22)

Q:《トポロジック・ボマー・ドラゴン》フィールドに存在する時、「チェーン1:《強制脱出装置》対象-《トポロジック・ボマー・ドラゴン》)」「チェーン2:《リビングデッドの呼び声》」とチェーンが積まれました。
  《リビングデッドの呼び声》によりモンスターリンク先特殊召喚されるものの、《トポロジック・ボマー・ドラゴン》特殊召喚に成功した場合の効果発動するべきタイミングで既にフィールドを離れています。
  《トポロジック・ボマー・ドラゴン》効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(17/05/11)

Q:自分発動した《強制転移》チェーンして相手《リビングデッドの呼び声》を発動し、《月華竜 ブラック・ローズ》特殊召喚しました。
  《強制転移》の処理で《月華竜 ブラック・ローズ》コントロールが移った場合、このカード効果発動できるのはコントロールしている自分特殊召喚した相手のどちらでしょうか?
A:《月華竜 ブラック・ローズ》特殊召喚したのは元々の持ち主である相手ですので、相手《月華竜 ブラック・ローズ》効果発動します。(20/06/27)

Q:フィールド《洗脳解除》が存在しています。
  相手《死者蘇生》自分墓地《月華竜 ブラック・ローズ》特殊召喚した場合、すぐさま自分コントロールが移りますが、どちらの効果として特殊召喚成功時の効果発動されますか?
A:この場合、処理後に《月華竜 ブラック・ローズ》コントロールしている自分が、《月華竜 ブラック・ローズ》効果発動します。(20/06/27)

Q:自分発動した《強制転移》チェーンして相手《リビングデッドの呼び声》を発動し、《宵星の機神ディンギルス》特殊召喚しました。
  《強制転移》の処理で《宵星の機神ディンギルス》コントロールが移った場合、このカード効果発動できるのはコントロールしている自分特殊召喚した相手のどちらでしょうか?
A:この場合は、相手《宵星の機神ディンギルス》効果発動します。(20/07/15)

Q:相手《精神操作》自分《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》コントロールを得た場合、ドローはどちらが行いますか?
A:この場合、処理後に《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》コントロールしている相手が、《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》の(1)の効果発動することができます。(20/06/27)

Q:フィールド《洗脳解除》が存在しています。
  相手《精神操作》自分《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》コントロールを得た場合、すぐに自分フィールドに戻りますがドローはどちらが行いますか?
A:この場合、処理後に《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》コントロールしているのは元々の持ち主である自分ですので、自分《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》の(1)の効果発動することができます。(20/06/27)

Q:《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》自分フィールドに存在しています。
  「チェーン1:《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》対象とした相手《精神操作》」「チェーン2:自分《リロード》」とチェーンが積まれました。
  自分相手両方が同一チェーン魔法・罠カード発動し、かつ《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》コントロール相手に移動していますが、この場合どちらが《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》ドロー効果発動できますか?
A:この場合、《精神操作》発動《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》コントロールを得たプレイヤー《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》の(1)の効果発動できます。(20/07/15)

Q:(上記について)
  《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》の(1)の効果任意効果ですが、相手発動しなかった場合は自分ドロー効果発動できますか?
A:いいえ、元々の持ち主である自分《超魔導師−ブラック・マジシャンズ》の(1)の効果発動できません。(20/07/15)

Q:《トポロジック・トゥリスバエナ》自分フィールド上に存在しています。
  「チェーン1:相手《強制転移》」「チェーン2:自分《リビングデッドの呼び声》対象-《青眼の白龍》)」とチェーンが積まれました。
  この結果「チェーン2:《トポロジック・トゥリスバエナ》リンク先《青眼の白龍》特殊召喚」「チェーン1:《トポロジック・トゥリスバエナ》コントロール相手に移る」と処理が行われました。
  チェーン解決後、《トポロジック・トゥリスバエナ》効果発動するべきタイミングで「《トポロジック・トゥリスバエナ》自分フィールドから相手フィールドに移っている」「《青眼の白龍》《トポロジック・トゥリスバエナ》リンク先に存在しない」状態となっていますが《トポロジック・トゥリスバエナ》効果発動しますか?
  発動する場合、ダメージを受けるのは自分相手どちらですか?
A:この場合、一連の処理後に自分《トポロジック・トゥリスバエナ》の(1)の効果発動し、自分《青眼の白龍》《リビングデッドの呼び声》除外されます。
  また、《トポロジック・トゥリスバエナ》効果相手カード除外されませんでしたので、ダメージを与える処理は行われません。(20/06/27)

Q:《トポロジック・トゥリスバエナ》自分フィールドに存在しています。
  「チェーン1:相手《強制転移》」「チェーン2:自分《リビングデッドの呼び声》対象-《青眼の白龍》)」とチェーンが積まれました。
  この結果「チェーン2:《トポロジック・トゥリスバエナ》リンク先《青眼の白龍》特殊召喚」「チェーン1:《青眼の白龍》コントロール相手に移る」と処理が行われました。
  チェーン解決後、《トポロジック・トゥリスバエナ》効果発動するべきタイミングで「《青眼の白龍》《トポロジック・トゥリスバエナ》リンク先に存在しない」状態となっていますが《トポロジック・トゥリスバエナ》効果発動しますか?
  発動する場合、ダメージを受けるのは自分相手どちらですか?
A:この場合でも、自分《トポロジック・トゥリスバエナ》の(1)の効果発動し、《青眼の白龍》《リビングデッドの呼び声》除外されます。
  また、《青眼の白龍》相手フィールドから除外されましたので、「この効果除外した相手カード」として扱い、相手に500ダメージを与えます。(20/06/27)

広告