《ダーク・シムルグ/Dark Simorgh》

効果モンスター
星7/闇属性/鳥獣族/攻2700/守1000
(1):自分の墓地から闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
手札から闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を除外して発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの属性は「風」としても扱う。
(4):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手はカードをセットできない。

 Vジャンプ(2008年3月号) 付属カードで登場した闇属性鳥獣族最上級モンスター
 手札墓地から自身を特殊召喚する起動効果と、相手セットを禁止する永続効果、自身を風属性としても扱う永続効果を持つ。

 (1)(2)の効果により墓地リソースを消費することで手札から、手札コストを支払う事で墓地から特殊召喚できる。
 ただし、コストとして闇属性風属性の両方を要するため、両属性モンスターがメインに含まれるデッキ構成にする必要がある。

 例として《召喚僧サモンプリースト》風属性リクルートし、チューナーならシンクロ素材、それ以外ならリンク素材等で墓地へ送ることで特殊召喚の条件を満たす事ができる。
 あるいは【風属性】エクストラデッキ闇属性エクシーズモンスターを採用し、墓地コストを確保するといった方法もある。
 【忍者】においては忍者には風属性闇属性共に多く存在するため、このカード効果での特殊召喚も難しくない。
 《忍者マスター HANZO》《忍法 変化の術》サーチすることで、相手後攻ターン目に特殊召喚もできるため、非常に相性が良い。

 (3)はフィールド上では風属性としても扱えるようになる効果
 (4)と比較して主立った特性ではないのだが《ハーピィの羽根吹雪》《風霊術−「雅」》に対応するようになる。
 前者はこのカードの弱点であるモンスター効果による除去対策にもなる。
 他にも【ジェネクス】では《レアル・ジェネクス・ヴィンディカイト》《レアル・ジェネクス・クロキシアン》シンクロ素材として使い分けられる。

 (4)の効果相手のみモンスター魔法・罠カードセットを封じるため、特殊召喚できる奇襲性も相まってその制圧力は非常に高い。
 リバースモンスター罠カードはあらかじめセットされたものを除き使用不可能となるため、このカードは事実上多くの罠カード耐性を持ったカードと言える。
 これに《魔封じの芳香》を併用すれば魔法カードも封じることができ、ロック強度は更に増す。
 相手の守備的行動を大きく阻害することができ、【パーミッション】相手ならこのカードを維持するだけで完封に近い状態となる。

 一方で上述のモンスター効果による除去壊獣等でリリースされると途端にロックは瓦解してしまう。
 自己再生効果で早期の立て直しは容易だが油断は禁物と言える。

 サーチ手段としては《矮星竜 プラネター》《魔導契約の扉》《黒き森のウィッチ》等が存在する。
 しかしいずれも遅効性であるか手札消費が激しく、《黒き森のウィッチ》に至ってはこのカード特殊召喚効果の分類上、サーチしたターンでの特殊召喚が不可能。
 そのため《終末の騎士》墓地へ送り自己再生をメインに採用するのも手だろう。
 変わったところでは《天帝アイテール》リクルートにも対応している。

  • 自身を特殊召喚する効果を持つものの、召喚ルール効果ではなくチェーンブロックを作る起動効果である。
    それにも関わらず下記の旧テキストではチェーンブロックを作らない特殊召喚の様な書き方だったため非常に紛らわしかった。
    自分の墓地の闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体を
    ゲームから除外する事で、このカードを手札から特殊召喚する。
    手札の闇属性モンスター1体と風属性モンスター1体をゲームから除外する事で、
    このカードを自分の墓地から特殊召喚する。
    現在ではエラッタされて起動効果とわかりやすくなったためこの問題は解消されている。
  • ちなみに、上記のような「行えない処理を含む効果発動可能かどうか」は、「特殊召喚できない」効果と類似点が多い。

関連カード

―複数の属性として扱う永続効果を持つカードこちらを参照。

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード自分フィールド上に表側表示で存在する時に相手セットするカード《月の書》等)を発動した場合、どのような処理になりますか?
A:《見習い魔術師》の様に任意で発動する事ができる効果の場合は発動する事自体できなくなり、強制的に発動する効果の場合は発動自体はしますが、相手セットする効果処理は行われなくなります。(08/01/21)

Q:このカード自分フィールド上に表側表示で存在する時に、《浅すぎた墓穴》発動する事ができますか?
A:いいえ、お互い発動する事ができません。(08/01/21)

Q:このカード自分フィールド上に表側表示で存在する時に、相手サイクル・リバースモンスター効果発動する事ができますか?
A:いいえ、できません。(08/01/21)

Q:このカード自分フィールド上に表側表示で存在する時に相手《皆既日蝕の書》発動する事はできますか?
A:いいえ、発動する事はできません。(08/10/03)

Q:《DNA移植手術》風属性宣言)が適用中、このカード属性はどうなりますか?
A:風属性のみになります。(09/03/05)

Q:《DNA移植手術》神属性宣言)が適用中、このカード属性はどうなりますか?
A:神属性のみになります。(09/07/21)

Q:このカード自分フィールド上に表側表示で存在する時に自分相手フィールド上のモンスター対象《月の書》発動する事ができますか?
A:はい、自分相手フィールド上のモンスター対象《月の書》発動し、裏側守備表示にする事ができます。(10/03/25)

Q:このカード手札から特殊召喚しようとしたところ、《王宮の弾圧》発動され、これにチェーンして《虚無空間》発動されました。
  この時、特殊召喚不発になる事が確定していますが、手札に存在する《ダーク・シムルグ》は破壊されますか?
A:はい、効果解決時不発になる事が確定していても、《王宮の弾圧》によって手札に存在する《ダーク・シムルグ》は破壊されます。(11/08/01)


Tag: 《ダーク・シムルグ》 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 鳥獣族 攻2700 守1000

広告