D−HERO(デステニーヒーロー) ダイヤモンドガイ/Destiny HERO - Diamond Dude》

効果モンスター
星4/闇属性/戦士族/攻1400/守1600
(1):1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
自分のデッキの一番上のカードをめくり、
それが通常魔法カードだった場合、そのカードを墓地へ送る。
違った場合、そのカードをデッキの一番下に戻す。
この効果で通常魔法カードを墓地へ送った場合、
次の自分ターンのメインフェイズに
墓地のその通常魔法カードの発動時の効果を発動できる。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 D−HEROの一体であり、めくった通常魔法墓地発動する起動効果を持つ。

 上手く通常魔法を引き当てれば、コスト発動条件を満たす必要なく、誓約効果適用されない状態で使用できる。
 《ファイナル・インゼクション》の様な、重いコストを持つカードも容易に扱えるようになる。
 使いたくないカードであっても効果の発動を行うかどうかは選択できるため、暴発の心配はない。
 デッキ圧縮にもなる一方、めくられた通常魔法は必ず墓地へ送るため、使いたくないカードでも温存することはできない。

 あらかじめ《鳳凰神の羽根》《ゾンビキャリア》《エッジインプ・シザー》等によりデッキの一番上を操作しておけば、任意の魔法カードを使える。
 《天変地異》《リサイクル》発動した後、《神禽王アレクトール》《霞の谷のファルコン》《天変地異》を使いまわすなどし、デッキの一番上を操作するという方法もある。
 この場合、《リサイクル》効果デッキに戻す通常魔法は、このカード効果で前のターン墓地へ送ったもの以外を選ぶ必要がある。
 この効果墓地へ送られた通常魔法は、メインフェイズ墓地に存在しないと使えないからである。

 起動効果な上にこのカード自身を維持する必要はないため、効果を使った後は各種素材や《マスク・チェンジ》に繋ぐのも手だろう。
 《オーバー・デステニー》《召喚僧サモンプリースト》から特殊召喚する場合にも扱いやすく、下級D−HEROの中でも優先的に採用できるカードである。

 非常に複雑な効果であるために把握しにくいが、イメージとしては「墓地に存在する、架空の手札」。
 ただしライフコスト手札コスト等のコストは一切支払う必要はなく、発動条件を満たす必要もない。
 また発動するのは《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果ではなく「通常魔法効果」である。
 このカードを使う場合は、発動条件コストを無視することを利用してデッキを組むといいだろう。
 ただし、「発動条件」と「空撃ち」を混同しないようにすること。

―狙いたいカードの例

  1. 《デステニー・ドロー》《トレード・イン》《強欲で貪欲な壺》《終わりの始まり》
    ドロー効果手札を増やせる。
    他のカードに比べて派手さは無いが、通常発動が狙える事から手札事故の危険が少ないのが利点。
  2. 《死の合唱》《漏電》《おジャマ・デルタハリケーン!!》《ファイナル・インゼクション》
    相手のみの全体除去で、《ファイナル・インゼクション》にはモンスター効果の発動を牽制する効果もある。
    《死の合唱》《漏電》は構築次第で通常発動も視野に入る。
  3. 《大逆転クイズ》
    フィールドを維持したままライフポイントを交換する
    デッキの一番上の操作を共有できるため、確実性も高い。
  4. 《ソウル・チャージ》
    コストではない事からライフポイントの支払いは踏み倒せないが、バトルフェイズを行えるため、蘇生したモンスターで総攻撃が可能。
  5. 《同胞の絆》
    ライフコストに加えて、バトルフェイズ不可と特殊召喚不可の制限を無視できる。
    こちらも展開したモンスターで総攻撃すれば優位に立てる。
  • 英語名の「Dude」は、「気取り屋、しゃれ者」といった意味である。
  • DUEL TERMINALにおいて、「ハードネス・アイ」という効果名が設定された。
    DUEL TERMINALではADXでもチームの1体として登場する。

関連カード

―《D−HERO ダイヤモンドガイ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:この墓地通常魔法効果発動させる場合、その効果効果モンスター効果・魔法効果のどちらですか?
A:魔法効果です。(06/02/16)

Q:このカード起動効果発動後、次の自分ターンメインフェイズにこのカード自分フィールド上に表側表示で存在しない場合、このカードの効果に従って通常魔法効果を処理しますか?
A:はい、処理します。(06/02/16)

Q:このカード起動効果チェーンして《月の書》等を発動し、効果処理前に《D−HERO ダイヤモンドガイ》が裏側守備表示となった場合、効果の処理はどうなりますか?
A:《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果適用されます。(12/03/07)

Q:このカードの効果通常魔法をめくって墓地へ送った場合、次の自分ターンメインフェイズにその通常魔法効果発動しない事ができますか?
A:はい、その通常魔法効果発動しない事ができます。   それ以降のターンにその魔法効果を使うことはできません。(06/02/16)

Q:このカードの効果でめくった通常魔法効果発動するのはいつですか?
A:次の自分ターンメインフェイズであればいつでも構いません。(06/02/16)

Q:このカードを複数出す等して、効果で複数枚の通常魔法をめくった場合、次の自分ターンメインフェイズに複数枚の通常魔法効果発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(06/02/16)

Q:このカードの効果でめくった通常魔法効果《エンド・オブ・アヌビス》効果無効にされますか?
A:はい、その通常魔法墓地に存在していれば、その効果無効にされます。(06/02/16)

Q:墓地へ送られるカードがゲームから除外される状態で、《D−HERO ダイヤモンドガイ》のモンスター効果発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。例えば《閃光の追放者》フィールドにいたとしても、このカードの効果発動をすることができます。
  ただし、魔法カード除外された場合、次のターンにその魔法の効果の発動はできません。

Q:効果墓地へ送った通常魔法効果の発動チェーンし、《転生の予言》でその通常魔法デッキに戻したり、《D.D.クロウ》などで除外した場合、通常魔法効果不発になりますか?
A:いいえ、そのまま効果適用されます。(10/02/15)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》で《簡易融合》をめくった場合、融合召喚したモンスター自壊しますか?
  それとも自壊誓約効果とみなし処理されませんか?
A:条件が揃っていれば発動します。その後、通常通り破壊されます。(08/05/17)

Q:効果カード墓地へ送った次のターンに、相手《大寒波》発動されました。
  次の自分ターン墓地へ送った通常魔法効果発動できますか。
A:いいえ、発動できません。(07/06/23)

Q:相手が《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果《大嵐》墓地へ送りました。
  次のターン《大嵐》発動に対して、フィールド上に《偽物のわな》以外の罠カードが存在すれば《偽物のわな》発動する事は可能ですか?
A:はい、発動できます。(11/06/09)

Q:相手が《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果《大嵐》墓地へ送りました。
  次のターン《大嵐》発動に対して、自分フィールド上に2枚以上魔法・罠カードが存在すれば《スターライト・ロード》発動する事は可能ですか?
A:はい、発動できます。(09/12/02)

Q:このカードの効果《名推理》をめくったとき、相手レベル宣言しますか?
A:はい、相手レベル宣言するのは「効果」なので、宣言します。

Q:このカードの効果《大寒波》《大熱波》《RUM−七皇の剣》をめくったとき、効果の発動メインフェイズならいつでも可能になりますか?
A:はい、自分メインフェイズならいつでも発動できます。(14/02/24)

Q:《おジャマジック》《コアキメイルの鋼核》墓地へ送った場合、次の自分メインフェイズ効果発動することができますか?
A:その場合、次の自分ターンメインフェイズ効果発動する事はできません。(09/05/21)

Q:このカードの効果《突然変異》《孵化》効果発動できますか?
A:いいえ、コストである「生け贄モンスター」が存在せずレベルを決定できないためできません。

Q:このカードの効果《ドラゴンを呼ぶ笛》効果発動できますか?
A:フィールド上に《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》表側表示で存在する時のみ発動できます。
  また、効果解決時《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》フィールド上に表側表示で存在しない場合は不発となります。(12/04/13)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》で《おとり人形》をめくった場合、《おとり人形》デッキに戻りますか?
A:はい、戻ります。(13/01/26)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》で《デビルズ・サンクチュアリ》をめくった場合、メタルデビル・トークンの維持コストを払う必要はありますか?
A:はい、適用されます。
  したがって、自分スタンバイフェイズライフを払わなかった場合、メタルデビル・トークン破壊されます。(13/05/08)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》で《フォトン・サンクチュアリ》をめくった場合、フォトントークン攻撃したり、シンクロ素材にできますか?
A:その場合、《フォトン・サンクチュアリ》の『このトークン攻撃できず、シンクロ素材にもできない』効果は通常通り適用されます。
  なお、フォトントークン特殊召喚したターン中に、自分は光属性以外のモンスター召喚反転召喚特殊召喚する事はできます。(13/05/08)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》で《シンクロ・チェンジ》《アイアンコール》《巻きすぎた発条》をめくった場合、特殊召喚したモンスター効果無効化されますか?
A:はい、その場合でも無効化されます。(13/05/08)

Q:《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果墓地《封印の黄金櫃》効果発動してカード除外した場合、「このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果除外したカード手札に加える。」効果適用されますか?
A:いいえ、その場合魔法カード発動にはなりませんので、《封印の黄金櫃》の「発動後〜」の効果適用されません。(13/12/12)

Q:「このカードの発動後、ターン終了時まで〜できない。」制約を持つ魔法カードについて。
  《D−HERO ダイヤモンドガイ》の効果によって以下のカード効果発動した場合、どうなりますか?

A:カードの発動にならないため、適用されません。

Q:以下のカード墓地へ送った場合、次の自分メインフェイズにそのカード効果発動できますか?


Tag: 《D−HERO ダイヤモンドガイ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 戦士族 攻1400 守1600 HERO D−HERO

広告