F・G・D(ファイブ・ゴッド・ドラゴン)/Five-Headed Dragon》

融合・効果モンスター
星12/闇属性/ドラゴン族/攻5000/守5000
ドラゴン族モンスター×5
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは闇・地・水・炎・風属性モンスターとの戦闘では破壊されない。

 遊戯王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説 付属カードで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 融合召喚でしか特殊召喚できない召喚制限光属性神属性以外のモンスターとの戦闘では破壊されない永続効果を持つ。

 攻守共に5000と極めて高く、《究極竜騎士》《Sin トゥルース・ドラゴン》《絶望神アンチホープ》と並ぶ全モンスター最大の固定ステータスを持つ。
 ドラゴン族5体もの融合素材を要求するが、墓地融合可能な《龍の鏡》を使えばディスアドバンテージを負うことなく融合召喚できる。
 しかし、ドラゴン族は比較的墓地利用率が高い種族であり、一度に5枚もの墓地アドバンテージを失うのはかなりの痛手となる。
 また、このカードのためだけに《龍の鏡》を投入すると墓地ドラゴン族が5体貯まるまで《龍の鏡》腐ってしまう。
 したがって、別に《龍の鏡》を用いる融合モンスターを搭載するデッキに、選択肢の1つとして搭載するのが基本となる。

 《未来融合−フューチャー・フュージョン》によるデッキ融合とは相性が良い。
 次のターンまで維持する必要があるが、デッキの中のドラゴン族モンスターを5体も墓地へ送ることができ、様々な戦術に利用できる。
 《龍の鏡》を使用すれば即座にこのモンスター融合召喚でき、さらに1ターン後には2体目の《F・G・D》が並ぶこととなり、総攻撃力は10000と1ターンキルも望める。

 の5属性に対する戦闘破壊耐性を持っているが、このカードステータスの高さから、この効果が活かされることはあまりない。
 むしろ《ものマネ幻想師》《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》《オネスト》等、光属性への戦闘破壊耐性がない点を突かれることが多い。

 総合すると、ステータスは高いが効果の有用性が低く、墓地アドバンテージの損耗の割には「単に攻守の高いバニラ」に終わりがちな面が強い。
 一方、《未来融合−フューチャー・フュージョン》による墓地肥やしの見返りは大きいため、墓地を肥やしたい【ドラゴン族】ではセットで採用するメリットがある。
 《龍の鏡》を採用する場合でも、エクストラデッキの枠は考慮するべきだが、高耐性・高ステータスモンスターの突破用に1枚忍ばせておくのも良い。

  • 本来のこのモンスターの首の順番は正面左から「炎」「水」「地」「闇」「風」になっているのだが、WCSシリーズ等、一部のゲームではこのカード闇属性であることからか「闇」と「地」の首が入れ替わって「闇」が中央に来ている。

関連カード

―《F・G・D》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃表示のこのカード《野性解放》を使用した《マスター・オブ・OZ》攻撃されるとどうなりますか?
A:このカード戦闘破壊されませんが、プレイヤーへのダメージを0にする効果は持っていないため7900-5000=2900のダメージを受けます。

Q:このカード融合召喚《沼地の魔神王》融合素材代用モンスターを使用することができますか?
A:いいえ。使用することができません。

Q:攻撃力が勝る《光と闇の竜》《E・HERO エリクシーラー》《精霊術師 ドリアード》等に攻撃された場合、どうなりますか?
A:相手モンスター光属性以外も持つため、この場合は戦闘破壊されません。

Q:神属性モンスターとの戦闘では破壊されますか?
A:はい、その神属性モンスターよりダメージ計算時攻撃力が低い場合、戦闘破壊されます。(08/12/26)


Tag: 《F・G・D》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星12 闇属性 ドラゴン族 攻5000 守5000 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告