XYZ(エックスワイゼット)−ドラゴン・キャノン/XYZ-Dragon Cannon》

融合・効果モンスター
星8/光属性/機械族/攻2800/守2600
「X−ヘッド・キャノン」+「Y−ドラゴン・ヘッド」+「Z−メタル・キャタピラー」
自分フィールドの上記カードを除外した場合のみ、
エクストラデッキから特殊召喚できる(「融合」は必要としない)。
このカードは墓地からの特殊召喚はできない。
(1):手札を1枚捨て、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
その相手のカードを破壊する。

 ユニオンの降臨で登場した光属性機械族融合モンスター
 VWXYZの一体であり、《X−ヘッド・キャノン》《Y−ドラゴン・ヘッド》《Z−メタル・キャタピラー》が3体合体した姿。
 手札コスト1枚で相手フィールドのカード破壊する起動効果を持つ。
 また、《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》融合素材でもある。

 3体もの融合素材モンスターフィールドから除外する必要があるが、サポートカードの充実により特殊召喚の難易度はそれほど高くはない。
 最も簡単なのは《ユニオン格納庫》を使用する方法で、融合素材の内《Y−ドラゴン・ヘッド》《Z−メタル・キャタピラー》の2体をフィールドに用意できる。
 《X−ヘッド・キャノン》には通常モンスターサポートカードを使用できるので、《予想GUY》等で特殊召喚すれば融合素材が揃う。
 他には、そのターンには特殊召喚できないが、《同胞の絆》で一度に融合素材を揃える事もできる。
 《サイバー・ネットワーク》《スクランブル・ユニオン》融合素材を纏めて帰還させる構築も考えられる。

 比較的範囲の広い1:1交換単体除去能力を持つが、ただでさえ出すのに手間がかかるのに加え、手札を著しく消費してしまう。
 また、攻撃力最上級モンスターの平均値程度であり、ユニオン状態と異なり何の耐性もないため、簡単に除去されてしまう。
 手札を消費して除去したいのなら、出しやすい上にフリーチェーン除外できる《ABC−ドラゴン・バスター》の方が良く、同じ素材からでもエクシーズモンスターを出した方が有用な場合が多い。

 《VWXYZ−ドラゴン・カタパルトキャノン》融合素材とする場合は、このカードを出すより、《融合識別》カード名をコピーする方が効率が良い。
 一方、《AtoZ−ドラゴン・バスターキャノン》融合召喚を狙う場合はこのカードフィールドに出す必要がある。

  • Vジャンプによるレジェンドモンスター総選挙の投票結果では全20体中、14位だった。
  • オレイカルコスの神に対して海馬が召喚した際、同じく城之内が召喚した《ロケット戦士》を撃ち出すというパフォーマンスを披露している。
  • 1期で行われた学園祭において、万丈目がこのモンスターのコスプレを披露している。
    大掛かりなコスプレで十代を驚かせたほか、明日香に「結構似合ってるかも」と言われ喜んでいた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのスピードデュエルでこのカードをスキャンすると、攻撃名と同じ隠しデッキ「X・Y・Z ハイパー・キャノン」が使用できる。

関連カード

―《XYZ−ドラゴン・キャノン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札捨てて破壊を行う効果は1ターンに何回使えますか?また、相手ターンにも使えますか?
A:回数制限がないので、1ターンに何回でも使えます。しかし起動効果であるため相手ターンには使えません。

Q:モンスターカードゾーンにいる《X−ヘッド・キャノン》《Y−ドラゴン・ヘッド》と、《X−ヘッド・キャノン》ユニオンしている《Z−メタル・キャタピラー》除外して召喚できますか?
A:はい、装備カード状態の素材を除外することが出来ます。

Q:除外された素材を《異次元からの埋葬》墓地に戻しました。このカード《融合解除》を使用し、墓地の素材を蘇生できますか?
A:いいえ。この特殊召喚融合召喚扱いではないため、墓地の素材を蘇生することはできません。


Tag: 《XYZ−ドラゴン・キャノン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星8 光属性 機械族 攻2800 守2600 正規の方法以外でエクストラデッキから特殊召喚不可 蘇生不可 融合召喚不可

広告