《アトラの蟲惑魔(こわくま)/Traptrix Atrax》

効果モンスター
星4/地属性/昆虫族/攻1800/守1000
このカードは「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードの効果を受けない。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分は手札から「ホール」または「落とし穴」と名のついた通常罠カードを発動できる。
また、このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分がコントロールする通常罠カードの発動と効果は無効化されない。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した地属性昆虫族下級モンスター
 ホール落とし穴効果を受けない蟲惑魔共通の永続効果ホール落とし穴手札から発動できる永続効果通常罠発動効果無効にされない永続効果を持つ。

 前半の効果は、ホール落とし穴手札から発動できるようになる効果
 落とし穴系のカードは一部を除いて召喚反応型罠カードであり、このカードフィールドに存在するだけで相手を牽制することができる。
 しかし、自分手札罠カードを維持しなければならず、このカード除去されると手札罠カードはそのターン完全に腐ることになる。
 このため、あえて手札落とし穴を維持せずにセットし、この効果自体をブラフにすることも戦略として有効である。
 《呪われた棺》等の地雷《聖なるバリア −ミラーフォース−》等の強力だが妨害を受けやすい罠カードを織り混ぜれば、相手を撹乱させることができる。
 《フレシアの蟲惑魔》とは特に相性がよく、並べると耐性付与に加えあらゆる非公開領域からホール落とし穴発動可能になり相手への牽制力が跳ね上がる。

 後半の効果は、通常罠発動効果無効にされなくする効果
 前半の効果とも相性が良く、通常罠であればホール落とし穴以外でも適用されるので、パーミッション等の妨害への対策にもなる。
 《ナチュル・パルキオン》などに対して《奈落の落とし穴》といったカードが有効となる他、《王宮のお触れ》と組み合わせて相手を一方的に妨害することも可能になる。
 もっとも、発動そのものを不可能にする効果を持つカード相手には対処できない。
 また罠カード効果を受けない耐性を持つカードに影響を与えることもできない。

  • イラストには、髪飾りの赤い玉が6個あり、自身の眼と合わせると8個となり、蜘蛛の目の数に一致する。
    また、本体である蜘蛛の目の色と同じである。
  • イラストに蜘蛛の脚や糸のようなものが見えることから、元ネタはクトゥルフ神話に登場する蜘蛛の神「アトラク=ナクア」だと考えられる。
    深淵の谷間で巨大な巣を作り続けており、巣が完成する時に世界が終焉を迎えるとされる。
    • 英語名の「Atrax」は、蜘蛛の属の1つであるアトラクス属のラテン語名である。
      オーストラリア北部に生息し、猛毒を持つ危険な蜘蛛である。
  • ハラフシグモやトタテグモなどの原始的な蜘蛛は地中に穴を掘って生活することが知られている。
    蟲惑魔の1体として蜘蛛が採用された理由にはこれらの種の影響もあると思われる。

関連カード

手札から罠カード発動できる効果を持つカードについては《処刑人−マキュラ》を参照。

―《アトラの蟲惑魔》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:全て永続効果です。(13/06/13)

手札から発動できる効果について

Q:このカードフィールドに存在する場合、相手ターン手札から《落とし穴》発動できますか?
A:発動タイミングが適切ならば、相手ターン手札から発動できます。(13/05/16)

発動と効果は無効化されない効果について

Q:《闇霊術−「欲」》発動した場合、相手魔法カードを見せることはできますか?
A:見せることはできます。
  ただし、見せても効果無効にならず、2枚のドローが行われます。(13/04/29)

Q:自分フィールドにこのカードが存在するときに、相手フィールド《E・HERO ワイルドマン》対象にして《落とし穴》発動した場合、それを破壊することはできますか?
A:《E・HERO ワイルドマン》罠カード効果を受けないため、破壊されずにフィールドに残ります。(13/05/01)

Q:自分フィールドにこのカードが存在し、相手フィールド《ゴブリン穴埋め部隊》が存在するときに、相手攻撃力1000以上のモンスター召喚しました。
  この時、自分《落とし穴》発動出来ますか?
A:《ゴブリン穴埋め部隊》モンスター効果は、罠カード発動効果無効にする効果ではなく、罠カード《落とし穴》等の発動自体をできなくする効果です。
  従って、自分フィールドにこのカードが存在していても、自分《落とし穴》発動する事はできません。(14/06/18)

Q:自分フィールドにこのカードが存在する時、相手《アーティファクト−デュランダル》エクシーズ召喚しました。
  このエクシーズ召喚に対して、自分《奈落の落とし穴》発動しました。
  相手《アーティファクト−デュランダル》の1つ目の『●』の効果《奈落の落とし穴》使用効果を変更できますか?
A:《アーティファクト−デュランダル》の1つ目の『●』の効果は、《奈落の落とし穴》発動効果無効にする効果ではありません。
  従って、《アーティファクト−デュランダル》モンスター効果によって、《奈落の落とし穴》効果は「相手フィールド魔法・罠カード1枚を選んで破壊する」効果となります。(14/08/20)

Q:相手フィールドにこのカードが存在し、相手墓地《ブレイクスルー・スキル》の(2)の効果発動した時、自分《インフェルノイド・ネヘモス》の(2)の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(17/09/13)


Tag: 《アトラの蟲惑魔》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 昆虫族 攻1800 守1000 蟲惑魔

広告