《アドバンスド・ダーク/Advanced Dark》

フィールド魔法
お互いのフィールド上・墓地に存在する
「宝玉獣」と名のついたモンスターは闇属性として扱う。
また、「究極宝玉神」と名のついたモンスターが攻撃する場合、
バトルフェイズの間だけ攻撃対象モンスターの効果は無効化される。
自分フィールド上の「宝玉獣」と名のついたモンスターが戦闘を行うダメージ計算時、
自分のデッキから「宝玉獣」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事で、
その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージを0にする。

 DUELIST EDITION Volume 2で登場したフィールド魔法
 宝玉獣および究極宝玉神に関する3つの効果を持つ。

 1つ目の効果お互いフィールド上と墓地宝玉獣属性闇属性に変更する効果
 相手にも影響が及ぶが、宝玉獣ミラーマッチ戦は稀な上、宝玉獣属性面でのサポートカードが存在せず影響はあまりない。
 豊富な闇属性サポートカードを使用できるようになるが、元々闇属性が存在しない宝玉獣に無理に闇属性要素を入れても手札事故を起こすだけになりやすい。
 《ヴェルズ・ナイトメア》が出せるなどエクシーズ召喚の幅を広げられる利点はあるものの、逆に《電光千鳥》などが出せなくなるためデメリットにもなりがちである。

 2つ目の効果究極宝玉神《レインボー・ヴェール》を付与する効果
 高攻撃力モンスター戦闘を補助できるものの、攻撃時のみであり、対応範囲も狭い。

 3つ目の効果デッキ宝玉獣墓地へ送る事で、戦闘ダメージを回避する効果
 攻撃力が低いモンスターが多い宝玉獣戦闘ダメージ回避効果が役立つのももちろんだが、最大の意義はデッキ宝玉獣墓地肥やしを進められる点にある。

 主に3つ目の効果による墓地アドバンテージの獲得を主目的として採用することになる。
 この効果お互いターンで使え回数制限もないので、宝玉獣を連続で自爆特攻させることで能動的に宝玉獣永続魔法化しつつ墓地にも貯めることができる。
 《究極宝玉神 レインボー・ドラゴン》《虹の引力》を使用する場合に、この効果は大きく役立つ。
 ただし、戦闘破壊された宝玉獣永続魔法になってもモンスターを失っていることに変わりはない。
 直接攻撃を防ぐことはできないので、不必要に自爆特攻を行ってマイナスに働かないようにしたい。

 そのほか、蘇生手段として《エアーズロック・サンライズ》を用意していれば、《宝玉獣 サファイア・ペガサス》墓地落とし蘇生アドバンテージを得ることもできる。
 他の宝玉獣関連カード墓地宝玉獣に関するものが少ないのが難点だが、《宝玉の恵み》《カウンター・ジェム》のサポートにはなる。
 シンクロ召喚エクシーズ召喚を考える場合に採用枚数が多くなりやすい《宝玉の恵み》腐る心配を防げるのはそれなりのメリットと言える。
 《カウンター・ジェム》で4体の宝玉獣永続魔法として並べるのも比較的容易になるため、《宝玉の氾濫》型のデッキでの採用もできなくはない。

 宝玉獣フィールド魔法としては、《虹の古代都市−レインボー・ルイン》があり、あちらには破壊耐性と多彩な効果がある。
 こちらは究極宝玉神に特化したカードであるため、究極宝玉神を主軸とする【宝玉獣】では投入されることになるだろう。

  • イラストにはアニメGXに登場した「(アドバンスド)宝玉獣」が描かれている(A宝玉獣については宝玉獣を参照)。
  • アニメGX登場から実に4年以上の時を経てOCG化となった。
    宝玉獣闇属性に変更する効果は、アニメでの「(アドバンスド)宝玉獣」を再現させる効果になっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:攻撃対象モンスター効果無効にする効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/05/13)

Q:自分への戦闘ダメージを0にする効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(12/05/13)

Q:このカードが存在する時に《DNA移植手術》発動して闇属性以外の属性宣言しました。
  フィールド上の宝玉獣属性はどうなりますか?
A:《DNA移植手術》宣言した属性になります。(12/05/14)

Q:相手はこのカードの効果を使用できますか?
A:相手究極宝玉神攻撃する場合は無効効果適用されます。また相手戦闘ダメージを0にする効果使用できません。(12/05/18)

Q:このカードの効果によって戦闘ダメージを0にした場合、戦闘破壊は起こりますか?
A:戦闘破壊されます。(12/05/15)

Q:《和睦の使者》効果適用されたり、自分宝玉獣戦闘を行い相手モンスター破壊する等して自分戦闘ダメージを受けない時にデッキ宝玉獣墓地へ送ってこのカードの効果発動する事自体できますか?
A:いいえ、できません。(12/05/17)


Tag: 《アドバンスド・ダーク》 魔法 フィールド魔法

広告