《アドバンスドロー/Advance Draw》

通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
レベル8以上のモンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからカードを2枚ドローする。

 ANCIENT PROPHECYで登場した通常魔法
 自分フィールド上に存在するレベル8以上のモンスターリリースすることで、2枚ドローする効果を持つ。

 リリースするために必要な最上級モンスターの展開にカードを2枚以上消費した場合はディスアドバンテージとなってしまう。
 通常魔法であるためサクリファイス・エスケープもできないので、アドバンテージを稼ぐことは困難。
 ビートダウン系のデッキの場合、フィールド上の重要な戦力を失ってまで手札を増強するというのはあまり好ましくない。
 同じく2枚ドローできる効果を持つ《トレード・イン》と比べると、レベル9以上のモンスターコストにできる点では勝る。
 だが、ディスアドバンテージが発生せずフィールドモンスターを展開する必要もないあちらの方が使い勝手は良い。

 このカードを活用する場合、ディスアドバンテージを軽減するためにデッキ墓地からレベル8以上のモンスターを容易にフィールドに出す事ができるギミックを取り入れたい。
 《ダーク・クリエイター》などの蘇生カードを利用すれば、比較的容易にレベル8以上のモンスターフィールドに出せる。
 また、デッキ構築難度は上がるが、《トレード・イン》で捨てたカード蘇生しこのカードコストにすることができれば、デッキ回転はかなり早くなる。
 【ギミック・パペット】では《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》を無理なく投入できるため、積極的に狙っていける。

 レベル8以上のSinモンスター特殊召喚できれば《トレード・イン》と同等以上の効果が望める。
 《Sin 青眼の白龍》に使用すれば、デッキから《青眼の白龍》除外した上で2枚ドローするので、実質デッキから3枚分のカードを圧縮する。
 また、Sinモンスターフィールド上に1体しか存在できないので、別のSinモンスターを出したい場合にも役に立つ。

 デッキで言えば、【ゴーレム】《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ディメンション・ウォール》との相性が良いため《トレード・イン》以上に活躍できる場面も多い。
 その他にも以下のモンスターリリース要員にするなど工夫次第で十分活用できるだろう。

  1. 出しやすい《神獣王バルバロス》《トラゴエディア》《究極封印神エクゾディオス》《ユベル》《メタル・リフレクト・スライム》
  2. 《思い出のブランコ》特殊召喚したモンスター妥協召喚した《光神機−轟龍》破壊効果を使用した《堕天使ゼラート》など自壊が確定しているモンスター
  3. 自身の効果蘇生が行える《Dragoon D−END》《フェニキシアン・クラスター・アマリリス》《暗黒界の龍神 グラファ》《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》
  4. 役目を終えた《光と闇の竜》《ライトエンド・ドラゴン》《ダークエンド・ドラゴン》《堕天使ディザイア》
  5. 《リミット・リバース》蘇生した最上級モンスター
  6. 《エネミーコントローラー》などでコントロール奪取した、相手最上級モンスター
  7. 相手プレイヤーによって自分フィールド上に特殊召喚された《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《トーチ・ゴーレム》等。
  8. ボード・アドバンテージを取り戻せる可能性のある《E・HERO アブソルートZero》
  9. 手札から特殊召喚を行える状態での《大天使クリスティア》
  10. 《ギブ&テイク》レベルの上がった下級モンスター
  11. 《クロス・ソウル》で選択した相手最上級モンスター
  12. 自身の効果レベルの上がった《コピー・プラント》《ガガガマジシャン》
  13. 聖刻効果特殊召喚した《神龍の聖刻印》ドラゴン族通常モンスター

 このカード発動した場合、同時に《デーモンとの駆け引き》発動条件を満たす事ができるので、《バーサーク・デッド・ドラゴン》との相性も良い。
 デッキから特殊召喚できれば、ハンド・アドバンテージ及びボード・アドバンテージ共に±0で、攻撃力3500の全体攻撃モンスターを展開できるので狙ってみるのも悪くない。
 自身の効果攻撃力が下がりアタッカーとしての役目を終えた《バーサーク・デッド・ドラゴン》もまたこのカードによるリリースの候補になり得る。

  • アニメでのイラストは光加減が多少異なっている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:リリースコストですか?
A:コストです。(09/09/07)

広告