《キラー・スネーク/Sinister Serpent》

効果モンスター
星1/水属性/爬虫類族/攻 300/守 250
「キラー・スネーク」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地に存在する場合、
自分スタンバイフェイズに発動できる。
このカードを手札に戻す。
次の相手エンドフェイズに自分の墓地の「キラー・スネーク」1体を選んで除外する。

 遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 付属カードで登場した水属性爬虫類族下級モンスター
 自身をサルベージする誘発効果と、それに伴うデメリットとして墓地同名カード除外する残存効果を持つ。

 ノーコストで自身を手札に戻せるため、手札コストに適したモンスター
 《鳳翼の爆風》水精鱗《フィッシュボーグ−アーチャー》など、手札コストを要するカードを多く使用するデッキで採用したい。
 水属性ということで《ジェネクス・ウンディーネ》で1枚、《スクリーチ》で2枚、爬虫類族なので《スネーク・レイン》で3枚墓地へ送る事ができる。

 自己サルベージ効果発動したターンの次の相手エンドフェイズに、墓地から《キラー・スネーク》1枚を除外する処理が行われてしまう。
 1枚しかない場合、サルベージした次のターンまでは墓地に送らず手札に温存すればデメリットを回避可能だが、デュエルの高速化が進んだ現状、1ターンの間死に札になるのは痛い。
 《王宮の鉄壁》を併用すればデメリットを踏み倒すことができる。
 また、《The supremacy SUN》等の自分のドローフェイズまたはスタンバイフェイズ手札コストを要求するカードならば毎ターンコストに利用できる。
 《ゾンビキャリア》《エッジインプ・シザー》等のデッキ戻す手札コスト使用する場合も除外せずに済む。
 何らかの方法でデメリットを無視するか、1〜2度の手札コストになれば十分とみなしてデメリットを甘受するかは、デッキの構築段階から決めておく必要がある。

  • アニメGXでは、第5話の冒頭、十代達が引いたカードレベルに比例した怪談話において、十代の引いたカードレベル1のこのカードだった。
    また、アビドス3世が古代の石版での戦いで使用しているのが確認できる。
    この時は、ただ直接攻撃しただけである。
  • アニメARC-Vの第126話において、赤馬零王がリアルソリッドビジョンに関する話をしている際の回想シーンで、その姿が登場している。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たないモンスターとして登場し、オリジナルのテキストが存在する。
    「羽根を持ち空を飛ぶことが出来る毒ヘビ 地面を這うのは不得意」と書かれている。
    真DM2では戦闘破壊されると相手の召喚パワー(マナのようなもの)を0にする効果を持っていた。

関連カード

―《キラー・スネーク》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果発動し、《D.D.クロウ》効果発動したこのカード除外されて手札加えられなかった場合でも、次の相手エンドフェイズ自分墓地に《キラー・スネーク》が存在すれば、除外する処理を行いますか?
A:はい、行われます。(14/12/19)

Q:《王家の眠る谷−ネクロバレー》フィールドに存在する時に(1)の効果手札加える効果除外する効果無効になりますか?
A:(1)の効果無効になります。
  除外する効果適用されません。(16/12/17)


Tag: 《キラー・スネーク》 効果モンスター モンスター 星1 水属性 爬虫類族 攻300 守250

広告