《サイバー・ドラゴン・ノヴァ/Cyber Dragon Nova》

エクシーズ・効果モンスター
ランク5/光属性/機械族/攻2100/守1600
機械族レベル5モンスター×2
(1):1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、
自分の墓地の「サイバー・ドラゴン」1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):1ターンに1度、手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、
「サイバー・ドラゴン」1体を除外して発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで2100アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
EXデッキから機械族の融合モンスター1体を特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−機光竜襲雷−で登場した光属性機械族エクシーズモンスター
 《サイバー・ドラゴン》蘇生する起動効果手札フィールド《サイバー・ドラゴン》除外して自己強化する誘発即時効果相手効果墓地へ送られた場合にエクストラデッキから機械族融合モンスター特殊召喚する誘発効果を持つ。

 エクシーズ素材には機械族が指定されており、少々出しづらい。
 【サイバー・ドラゴン】では、《サイバー・ドラゴン》レベル変更効果を持つ《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》《サイバー・ドラゴン・ドライ》《簡易融合》で出した《重装機甲 パンツァードラゴン》等を組み合わせればよい。

 (1)は《サイバー・ドラゴン》蘇生効果
 墓地《サイバー・ドラゴン》として扱うカードは多く、《サイバー・ドラゴン・ヘルツ》《サイバー・ドラゴン・フィーア》《サイバー・ドラゴン・ネクステア》効果トリガーにもなる。
 《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》蘇生してリンク先を確保するのも悪くない。

 (2)は《サイバー・ドラゴン》コストにした自己強化
 (1)で戦線を強化しつつコストを確保する、といった流れを作ることができる。
 自己強化効果を使用した際の攻撃力は4200となり、直接攻撃した後の《サイバー・ドラゴン》コスト自己強化して追撃すれば総ダメージは6300にものぼる。
 《リミッター解除》《サイバー・ドラゴン・ズィーガー》も併用すれば、総攻撃力はさらに増し、爆発力は高い。
 また、《サイバー・ドラゴン》フィールドに残しておくと、このカード共々《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《キメラテック・メガフリート・ドラゴン》融合素材にされる危険があるため、それを未然に防げる利点もある。

 (3)の融合モンスター特殊召喚効果は、このカードが見えている状態で相手がわざわざ除去を撃つことは少ない。
 しかし、《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》の存在から、この段階で除去する可能性もあるため、対応する融合モンスターを入れておいて損はないだろう。
 相手除去チェーンして《マグネット・リバース》《ワンダー・エクシーズ》等で特殊召喚するという手もある。
 特殊召喚先は高打点の《サイバー・エンド・ドラゴン》《極戦機王ヴァルバロイド》、妨害効果持ちの《召喚獣メルカバー》辺りが有力か。

 (1)の効果《サイバー・ドラゴン》墓地に存在しないと使用できず、デュエル序盤では「手元の《サイバー・ドラゴン》を全てこのカードエクシーズ素材にしてしまったため効果が使えない」という状況が頻発する。
 除外コスト《サイバーロード・フュージョン》《サイバー・ネットワーク》に繋げることができる一方で、《オーバーロード・フュージョン》《サイバネティック・オーバーフロー》のために墓地へ置いておきたいことも少なくない。
 一つ一つの効果が悪いわけではないのだが、効果の噛み合いという点ではちぐはぐな面が目立ち、単体性能では他のランク5に一歩劣るケースが多い。

 もっとも、現在は高い制圧力を持ち、このカードに重ねてエクシーズ召喚できる《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》への繋ぎと見なすのが主となっている。
 そのため、《先史遺産ゴールデン・シャトル》が属する【先史遺産】《銀河戦士》が属する【ギャラクシー】などのような《サイバー・ドラゴン》を採用しないデッキでも使用される。

  • 2019年8月1日に行われた「遊戯王OCG 10000種突破記念大投票」第8期投票では見事第1位に輝いた。

関連カード

―《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》の姿が見られるカード

エクシーズ素材にできるレベル5の機械族モンスター

―自身の効果レベルの変更が可能な機械族モンスター

特殊召喚可能な機械族融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:墓地《サイバー・ドラゴン》が存在しない場合、エクシーズ素材を取り除いて《サイバー・ドラゴン》特殊召喚する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。
  ただし、墓地《サイバー・ドラゴン》が存在する場合に効果発動し、エクシーズ素材として取り除いた《サイバー・ドラゴン》をそのまま特殊召喚する事は可能です。(13/12/22)

(2)の効果について

Q:攻撃力をアップする効果ダメージステップ中に発動できますか?
A:はい、発動できますが、ダメージ計算時には発動できません。(13/12/07)

(3)の効果について

Q:ダメージステップ中にこのカード相手効果によって墓地へ送られた場合でも効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/07)

Q:このカード相手《No.101 S・H・Ark Knight》効果によってエクシーズ素材となっています。
  効果によって墓地に送られた場合、効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/12/13)

Q:このカード自分フィールドエクシーズ素材として存在する時に、相手《スペース・サイクロン》等の効果で取り除かれて墓地へ送られた場合、効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/22)


Tag: 《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》 モンスター エクシーズモンスター 効果モンスター ランク5 光属性 機械族 攻2100 守1600 サイバー・ドラゴン

広告