《サクリファイス/Relinquished》

儀式・効果モンスター
星1/闇属性/魔法使い族/攻   0/守   0
「イリュージョンの儀式」により降臨。
(1):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、このカードの効果で装備したモンスターのそれぞれの数値になり、
このカードが戦闘で破壊される場合、代わりに装備したそのモンスターを破壊する。
(3):このカードの効果でモンスターを装備したこのカードの戦闘で
自分が戦闘ダメージを受けた時、相手も同じ数値分の効果ダメージを受ける。

 Magic Ruler −魔法の支配者−で登場した闇属性魔法使い族儀式モンスター
 相手モンスターを装備する起動効果とその装備カード攻撃力守備力を得る永続効果、「自身の効果により装備カード化されたモンスター」を装備している際にコントローラーが受けた戦闘ダメージ分のダメージ相手に与える永続効果、「自身の効果により装備カード化されたモンスター」が自身の戦闘破壊身代わり破壊される永続効果を持つ。

 (1)の効果で装備できる相手モンスター表示形式を問わず、破壊耐性等を無視したモンスター除去となる。
 装備カード化するモンスターは1体という制限があるが、魔法・罠除去バウンス等で装備したモンスターフィールド離れれば、再び効果の利用が可能になる。
 ただし基本的には(2)の戦闘破壊身代わり効果適用した後、フィールドに残ったこのカードの効果を再度発動する方がロスが少ない。

 (3)の効果により、自身の受けた戦闘ダメージ分の効果ダメージ相手に与えることもできる。
 状況によっては、効果ダメージを与えるために自身より高いステータスを持つ相手モンスターに自ら攻撃するのも良いだろう。
 特にセットされたモンスターを装備した場合には、攻撃力守備力が0になり《アマゾネスの剣士》以上のダメージを期待できる。
 このとき(2)の身代わり効果によって装備カードが外れるので、1ターンに1度の(1)の効果を使用していなければ、攻撃した相手モンスター装備カードにできる。

 レベル1なので、儀式召喚時のリリースが軽くて済むのも利点。
 羊トークン綿毛トークン《黄泉ガエル》等で簡単に儀式召喚できる。
 多彩なレベル通常モンスター《高等儀式術》を使うのも面白い。
 ダメージ覚悟で《ワンチャン!?》サーチもできる。
 闇属性儀式モンスターであるため、《奈落との契約》にも対応している。
 あらゆる儀式魔人を1体リリースするだけで召喚できるが、このカードの苦手とする大量展開を抑制できる《儀式魔人リリーサー》が最も相性が良いだろう。
 《儀式魔人ディザーズ》を使用し儀式召喚、更に《魔法族の里》を展開して魔法・罠カードの両方に対し耐性を持たせてもいい。

 また、低ステータス・低レベルなので、蘇生しやすいのも利点。
 《リミット・リバース》《マジカル・コンダクター》等に対応している。
 フィールドに出すだけでアドバンテージを得られる効果を持っているので、何度も蘇生できれば相手除去を繰り返し狙える。
 特に《金華猫》蘇生させ相手モンスターを即座に吸収することもでき、【金華猫】でも主要戦術として扱える。

 属性面では《悪夢再び》《ダーク・バースト》《ダーク・クリエイター》などの闇属性サポートカードの恩恵を受けられる。
 サルベージ手段が多いものの、再度儀式召喚が必要になるため、蘇生させた方がいい。

 その他、相性が良いのは《強制終了》である。
 装備カードを外しつつバトルフェイズを終了させ、このカードの弱点とする2体以上による攻撃から身を守ることができる。
 自分ターンバトルフェイズを終了させることで、自分ターンに自発的に装備カードを外すこともできる。
 このモンスター自身をコストにすれば、《金華猫》での蘇生による除外デメリットを回避して毎ターン《金華猫》蘇生することが可能。
 相手への依存となるが、《ダブル・サイクロン》装備カードを外しつつ、相手魔法・罠カード破壊するのも良い。

 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》融合素材であるため、一部の融合サポートを受ける事ができる。
 《サウザンド・アイズ・サクリファイス》《簡易融合》特殊召喚されることの多いモンスターだが、同じ融合素材である《千眼の邪教神》ともども、ステータスが完全に同一であるためサポートを共有しやすい。
 《高等儀式術》を用いるならば通常モンスターを投入するため、《融合準備》サーチした《融合》《始祖竜ワイアーム》融合召喚を狙う事も可能である。

  • 初登場時のテキストは以下の通り。
    相手モンスター1体の攻撃力・守備力を得る。
    吸収モンスターがいる時、超過したプレイヤーダメージは相手プレイヤーも受ける。
    この効果は1ターンに1度しか使えず、吸収モンスターは1体まで。
    対象モンスターは「サクリファイス」の装備カード扱いとする。
    攻撃力守備力を得る」「吸収モンスター」等といった単語が使われ、効果があまりにも不明確である。
    その後OCGの整備に従って現在のような表記となったが、その過程で微妙なエラッタが重ねられ、その度に強化されている。
  • 英語名の「Relinquish」は「放棄する、譲渡する、退去する」という意味。
    「Relinquished」はそこから転じて、「放棄されたもの」という意味になる。
    あまりの忌まわしさに打ち捨てられた存在、という意味なのだろう。
    日本名の「サクリファイス(Sacrifice)」は「(神などに捧げる)生け贄」と宗教的な意味があるため、変更されたと思われる。
    ただし、英語版アニメでは「I sacrifice two monsters.」などといった表現が普通に使用されているので同じ言葉の重複を避けるためか、あるいはキャラクター名として使われるのに違和感があったための変更とも考えられる。
  • ちなみに、その外見はよくみると儀式召喚時に生け贄にされたモンスター2体を足したものだったりする。
    これは、原作の儀式召喚が指定された条件を満たす複数を素材とする融合の亜種だったためと思われる。
  • 効果名は漢字にカタカナのルビが振られているものとカタカナに漢字のルビが振られているものが混在している。
    ペガサスがカタコト口調で喋る外国人のキャラクターである事も影響していると思われる。
  • アニメ5D's第5期OPの冒頭部分でこのカードが登場している。
  • デュエルリンクスではペガサスが使用した場合に召喚ムービーが発生する。
    こちらではペガサスから「幻想モンスター サクリファイス」と説明される一方、吸収効果は「ダークホール」のみとなっており、他の技名は収録されていない。
    特番『遊☆戯☆王VRAINS徹底解剖!遊☆戯☆王LABO』内の解説では「強力なモンスター」と評されている。

関連カード

相手モンスターを自身に装備カード扱いとして装備させることができるモンスター

融合関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:相手モンスター装備カードとして装備する効果の種別は、起動効果になります。
 また、攻撃力守備力が装備したモンスターと同じ数値になる効果や、装備カード身代わりにする効果永続効果になります。(12/08/10)
 超過した戦闘ダメージ相手も受ける効果永続効果です。(13/08/18)

(1)の効果について

Q:《サクリファイス》の効果《ドラグニティ−ピルム》を装備している時、直接攻撃できますか?
A:《サクリファイス》の効果によって《ドラグニティ−ピルム》表側表示で装備している場合、相手フィールド上にモンスターが存在している場合でも直接攻撃する事ができます。(10/05/15)

Q:《サクリファイス》の効果《スフィア・ボム 球体時限爆弾》《精神寄生体》を装備している時、《スフィア・ボム 球体時限爆弾》《精神寄生体》効果発動しますか?
A:《サクリファイス》の効果によって《スフィア・ボム 球体時限爆弾》《精神寄生体》を装備している場合、装備モンスター破壊する効果ライフポイント回復する効果発動しません。

Q:モンスターを装備する効果チェーン《月の書》をされ《サクリファイス》がセット状態になった場合、どう処理しますか?
A:「《サクリファイス》は装備対象として不適切」となり、対象に指定されたモンスター墓地に送られます。
  その際はモンスターカードゾーンから直接墓地に行きます。

Q:この効果モンスターを装備する場合、コントロールを得ますか?
A:はい。コントロールを得て、自分魔法&罠カードゾーン置きます。

Q:相手フィールド上のセット状態のモンスターを装備したとき、そのカードの内容を確認できますか?
A:自分フィールド上のセットカードの内容確認は基本的にいつでも可能です。
  装備カードとして奪ったモンスター自分フィールド上の魔法&罠カードゾーン置かれるため装備後確認することが可能です。

Q:既に相手モンスターを装備している状態で装備モンスター墓地に送って次のモンスターを装備する事はできますか?
A:できません。装備しているモンスター墓地に送って外す効果は持っていません。

Q:モンスターを装備する効果発動《光と闇の竜》無効にされました。
  同じターン中にもう1度モンスターを装備する効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/11/26)

Q:相手フィールドモンスターゾーン裏側表示セットされた《白銀のスナイパー》を、《サクリファイス》の起動効果発動裏側表示のまま装備しました。
  その後《サクリファイス》が戦闘破壊される状況で自身の永続効果でこれを代わりに破壊した場合、《白銀のスナイパー》の自身を特殊召喚する効果破壊する効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(14/05/09)

Q:自分フィールド裏側守備表示で存在する《爆風トカゲ》対象として、相手が《サクリファイス》の効果発動しました。
  チェーン2で《カオス・インフィニティ》発動し、《爆風トカゲ》表側表示にした場合、チェーン処理後にリバース効果発動しますか?
A:ご質問の状況の場合でも、《サクリファイス》の効果処理後にあらためて、リバースした《爆風トカゲ》効果発動します。(15/03/18)

(2)の効果について

Q:罠モンスター吸収した場合、ステータスはアップしますか?
A:はい。罠モンスターを得ます。

Q:トークン吸収した場合、どうなりますか?
A:そのトークン装備カード化します。トークンの数値分攻撃力守備力がアップします。
  なお、装備魔法扱いになったトークン《非常食》コストにすることができません。

Q:自身の効果によって元々の攻撃力が2100となった《剣闘獣ラクエル》を《サクリファイス》に装備した時、《サクリファイス》の攻撃力はどうなりますか?
A:《剣闘獣ラクエル》装備カード扱いにした場合、攻撃力が1800になります。(09/10/05)

Q:《収縮》によって元々の攻撃力が半分になったモンスターを《サクリファイス》に装備した時、《サクリファイス》の攻撃力はどうなりますか?
A:《収縮》効果によって攻撃力が半分になったモンスターを、《サクリファイス》の効果によって装備した場合、装備したモンスターカードに記載されている攻撃力の数値になります。(09/10/05)

Q:《サクリファイス》が戦闘破壊されたとき、効果を使用して装備カード扱いのモンスター破壊し、超過ダメージ相手に与えました。
  その時、《サクリファイス》の攻撃力および守備力は0になりますか?
A:はい、《サクリファイス》が破壊される代わりに装備カード扱いのモンスター破壊する場合、《サクリファイス》の攻撃力および守備力は0になります。(08/11/15)

Q:では、《サイクロン》などで装備カード扱いのモンスター破壊された時、《サクリファイス》の攻撃力および守備力はどうなりますか?
A:元に戻り、0になります。(08/11/17)

Q:このカード裏側表示モンスターを装備しています。
  この装備カードは、《撲滅の使徒》等の裏側表示魔法・罠カードに影響を与えるカードの効果を受けますか?
A:はい、受けます。(10/11/21)

Q:このカード対象《禁じられた聖槍》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:このカード自身の効果モンスターを装備し攻撃力を上昇させているため、装備したモンスター元々の攻撃力分アップします。
  その後攻撃力を再計算し攻撃力を800ポイントダウンします。(10/12/01)

Q:このカード対象《収縮》発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:元々の攻撃力が0のため、エンドフェイズまで《サクリファイス》の攻撃力は0になります。エンドフェイズ以降は装備したモンスター攻撃力になります。(12/08/01)

Q:このカード対象《BF−疾風のゲイル》効果発動した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:その時点での攻撃力の半分の数値になります。(12/08/01)

Q:(上記質問に関連して)では、攻撃力が半分になった後、再度《サクリファイス》の効果モンスターを装備した際に、攻撃力は変化しますか?
A:《収縮》《BF−疾風のゲイル》効果を受けたとしても、《サクリファイス》の効果で装備したモンスター元々の攻撃力守備力になります。(12/08/01)

Q:《一族の結束》《魔導書廊エトワール》の影響下では攻撃力はどうなりますか?
A:発動した順番に関係なく、《サクリファイス》の効果で装備したモンスター元々の攻撃力の数値に、それらのカードの効果攻撃力を加算した数値になります。(13/10/10)

Q:《サクリファイス》に《進化する人類》を装備して元々の攻撃力が変化しました。
  その後《サクリファイス》自身の効果攻撃力が1000のモンスターを装備しました。
  この時、《サクリファイス》の攻撃力はどうなりますか?
A:先に相手モンスターを装備してから《進化する人類》を装備した場合は、装備した相手モンスターの数値に《進化する人類》の数値を加算します。
  よって攻撃力は2000もしくは3400になります。
  《進化する人類》を先に装備してから相手モンスターを装備した場合は、《サクリファイス》の攻撃力を更新する効果により装備した相手モンスターの数値になります。
  よって攻撃力は1000になります。
  その後、装備された相手モンスターフィールドを離れた時は《進化する人類》効果を再適用します。
  よって攻撃力は1000もしくは2400になります。(14/02/10)

Q:《サクリファイス》自身の効果攻撃力が1000のモンスターを装備しました。その後、《あまのじゃくの呪い》効果適用された場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《サクリファイス》の効果は「攻撃力が〜アップ(ダウン)する」効果ではないため、《あまのじゃくの呪い》効果を受けず、攻撃力は1000になります。(14/02/10)

Q:《アレキサンドライドラゴン》を装備したこのカード攻撃力2000)と《アマゾネスの剣士》攻撃力1500)が戦闘を行いました。
  このカードの効果によって相手ダメージを与えられますか?
A:このカードの効果相手ダメージを受けます。(13/08/19)

(3)の効果について

Q:自身の効果によってモンスターを装備した《サクリファイス》が相手守備表示モンスター攻撃したとします。
  守備表示モンスター守備力が《サクリファイス》の攻撃力を上回っていた場合、ダメージお互いに受けますか?
A:はい。お互いダメージを受けます。(11/05/16)

Q:装備したモンスター破壊され、超過ダメージ相手にも与えられたとき、そのダメージ戦闘ダメージですか?
A:効果ダメージです。(10/07/10)

Q:《儀式の檻》存在時に超過ダメージ相手にも与える効果適用しますか?
A:自分戦闘ダメージを受けないため、適用されません。(10/07/10)

Q:自身の効果によってモンスターを装備して攻撃力が1000になった攻撃表示の《サクリファイス》に、攻撃力3000のモンスター攻撃を行いました。
  お互いライフが残り1000ポイントで他のカードの効果が特に適用されない場合、デュエルの勝敗はどうなりますか?
A:両者のライフポイントが同時に0になり、引き分けになります。(11/07/21)

Q:モンスターを装備した《サクリファイス》が、攻撃力の高い相手モンスター攻撃された時の攻撃宣言時に《ディメンション・ウォール》発動した場合、相手プレイヤーが受けるダメージはどのようになりますか?
A:質問の状況の場合、《ディメンション・ウォール》効果により、《サクリファイス》をコントロールしている自分ダメージを受けず、代わりに相手ダメージを受ける事になります。
  したがって、《サクリファイス》の「自分が受けた戦闘ダメージと同じダメージ相手ライフに与える」効果適用されません。
  また、自身の効果によってモンスターを装備している《サクリファイス》は、自身よりも攻撃力の高いモンスター攻撃され、戦闘によって破壊されているため、「このカード戦闘によって破壊される場合、代わりにこのカード効果で装備したモンスター破壊する」効果適用される事になります。(12/10/18)

Q:自分《ドッペル・ゲイナー》適用中、相手モンスター装備カードにしている《サクリファイス》を攻撃し、相手戦闘ダメージを与えました。
  このとき、自分は《サクリファイス》の効果ダメージを受けますが、相手《ドッペル・ゲイナー》効果ダメージを受けますか?
A:《サクリファイス》の『この効果モンスターを装備している場合、自分が受けた戦闘ダメージと同じダメージ相手ライフに与える』永続効果によるダメージは、カードの効果によるダメージと扱います。
  したがって、《ドッペル・ゲイナー》効果発動し、相手ダメージを与えます。(13/08/18)

Q:モンスターを装備した《サクリファイス》で直接攻撃を行ったところ、相手《ディメンション・ウォール》発動されました。
  この場合、「《サクリファイス》の戦闘によってコントローラー戦闘ダメージを受ける」ことになりますが、相手にもダメージを与える効果の処理は発生しますか?
A:相手にもダメージを与える効果適用され、同じダメージ相手も受けます。(14/04/05)


Tag: 《サクリファイス》 儀式モンスター 効果モンスター モンスター 星1 闇属性 魔法使い族 攻0 守0

広告