《シフトチェンジ/Shift》

通常罠
自分フィールド上のモンスター1体が
相手の魔法・罠カードの効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象になった時に発動できる。
その対象を、自分フィールド上の正しい対象となる他のモンスター1体に移し替える。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した通常罠
 効果対象自分の別のモンスターに移し替える効果攻撃対象自分の別のモンスターに移し替える効果を持つ。

 テキストには明文されていないが、攻撃効果を移し替える先のモンスター1体を対象にとる効果である。
 相手攻撃効果対象となったモンスター自身を対象に《シフトチェンジ》を発動する事はできない。

 対象を移し替えるとはいえ、その効果攻撃を受けるのは自分モンスターである。
 やみくもにその対象を変更しても、結局ディスアドバンテージとなる。
 攻撃メタルデビル・トークンに、カードの効果耐性持ちの《ホルスの黒炎竜 LV6》等に向ける手もあるが、手間はかかる。
 また魔法・罠カードには対象をとるものが意外に少なく、「攻撃したモンスター」のみが正しい対象となる《次元幽閉》等には発動できない。
 カードの効果攻撃、どちらを想定してもカウンター罠で対応した方が効率が良い。

 【ウォールバーン】では、《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》《死霊ゾーマ》等が攻撃対象の変更と相性が良い。

  • 「Shift」だけで「移動」の意味があり、日本語名のままでは意味の重複が起こるため、英語名は「チェンジ」がなくなっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「決闘者の王国編」の「闇遊戯&城之内vs迷宮兄弟」のタッグデュエルで初めて登場した。
    効果は文字通り「モンスターの位置を入れ替える」といった物。
    迷宮のルールにより「飛行ユニットは迷宮を突破できない」ため、飛行ユニットである《ブラック・デーモンズ・ドラゴン》を、出口へ到達した《ブラック・マジシャン》と入れ替える事で出口へワープさせた。
    なおアニメ版では、混乱を避けるためか速攻魔法《モンスター・リプレイス》という名称で登場している。
    イラストOCGと同じ構図なのだが、手前の人物が単に灰色で塗られている。
    だが、アニメの「遊戯&海馬vs光の仮面&闇の仮面」戦では、《モンスター・リプレイス》ではなく《シフトチェンジ》が遊戯の手札にあることが確認できる(英語版では《モンスター・リプレイス》になっている)。
    原作では魔法カードであり、罠カードにもできる効果まで持っていたが、原作では多くの魔法カード罠カードのように使用されていた。
  • アニメZEXALの「遊馬&凌牙vs陸王&海王」戦では、海王が罠カードのみに対応した完全下位互換である通常罠《強制変移》を使用している。
    また、木板製のカードが登場した。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:対象を取りますか?
A:『自分フィールド上に存在する正しい対象となる他のモンスター1体』を対象に取ります。(13/02/09)

Q:このカード攻撃対象を移し変えた場合はどのような処理になりますか?
A:このカード攻撃対象を移し変える効果処理を終えた後、バトルステップ中となりますのでお互いスペルスピード2以上の効果モンスター効果魔法・罠カード発動等ができます。(13/05/25)

Q:このカード攻撃対象を移し変えた場合、そのダメージ計算時に《クリボー》《オネスト》効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/11/16)

Q:攻撃対象《伝説のフィッシャーマン》に変更できますか?
A:変更できます。(13/02/01)

Q:攻撃対象《地縛神 Ccapac Apu》に変更できますか?
A:変更できます。(13/03/17)

Q:相手モンスター攻撃宣言時、以下のようにチェーンブロックが作られました。
  チェーン1:相手《サンダー・ブレイク》対象攻撃対象モンスター
  チェーン2:自分の《シフトチェンジ》(対象:他のモンスター
  攻撃対象を移し替えるか、《サンダー・ブレイク》対象を移し替えるかは、発動時に選べますか?
A:はい、攻撃対象を移し替えるか、《サンダー・ブレイク》対象を移し替えるかを発動時に選べます。(14/07/09)

Q:相手ターンバトルフェイズに、自分の発動した《シフトチェンジ》で攻撃対象を入れ替えました。
  その直後のタイミングで、自分フィールド上のモンスターの数が変化した場合、バトルステップの巻き戻しは発生しますか?
A:この場合、戦闘巻き戻しが発生します。(13/05/15)

Q:《トラファスフィア》など、罠カード効果を受けないモンスター対象に《シフトチェンジ》が発動されました。
  この時、《シフトチェンジ》の効果魔法・罠カードまたは戦闘対象は入れ替えられますか?
A:はい、できます。(14/07/09)

Q:《トラファスフィア》など、罠カード効果を受けないモンスター攻撃宣言時、《シフトチェンジ》が発動されました。
  この時、攻撃対象は入れ替えられますか?
A:いいえ、できません。(14/07/09)

Q:自分フィールド上にモンスターが存在し、相手モンスター攻撃宣言時に《ピンポイント・ガード》発動し、戦闘巻き戻しが発生しました。
その後あらためて攻撃対象を選択する場合にこのカード発動することはできますか?
A:戦闘巻き戻しによって攻撃対象をあらためて選ぶ際に、《シフトチェンジ》を発動する事はできます。(14/03/19)


Tag: 《シフトチェンジ》 通常罠

広告