《スカイスクレイパー・シュート/Skydrive Scorcher》

通常魔法
(1):自分フィールドの「E・HERO」融合モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターより攻撃力が高い相手フィールドの表側表示モンスターを全て破壊する。
その後、この効果で破壊され墓地へ送られたモンスターの内、
元々の攻撃力が一番高いモンスターのその数値分のダメージを相手に与える。
自分のフィールドゾーンに「摩天楼」フィールド魔法カードが存在する場合、
相手に与えるダメージは、この効果で破壊され墓地へ送られた
モンスター全ての元々の攻撃力の合計分となる。

 20th ANNIVERSARY PACK 1st WAVEで登場した通常魔法
 自分E・HERO融合モンスター1体より攻撃力の高い相手モンスターを全て破壊し、摩天楼の有無によって元々の攻撃力1体分または合計分のダメージを与える効果を持つ。

 選択したE・HERO融合モンスターよりも攻撃力の高いモンスター全体除去する。
 裏側表示及び攻撃力の低いモンスターは残るが、それらは戦闘破壊できる。
 しかし、効果破壊できない攻撃力モンスターが多いとその後の攻撃が通りにくい他、摩天楼が存在する場合の追加効果ダメージも増えにくいため、なるべく攻撃力の低いものを用いたい。
 壊獣等で低攻撃力モンスターリリースすれば破壊しやすく、効果ダメージも増やしやすい。
 《簡易融合》で呼び出せる《E・HERO セイラーマン》攻撃力も最も低く、相性が良い。

 正規の融合召喚を狙うのならば、《E・HERO ネクロイド・シャーマン》効果の面で比較的相性が良く、低攻撃力モンスターを高攻撃力と入れ替える事でより大きな効果ダメージを狙える。
 《E・HERO ダーク・ブライトマン》破壊できない裏側守備表示モンスター貫通ダメージを与えられる点で噛み合っている。
 《E・HERO フレイム・ウィングマン》も、後に残ったモンスター戦闘破壊でのバーンにより、このカードと合わせて引導火力になりうる。
 《ヒーローハート》も効果的で、戦闘ダメージを落とさずに破壊対象を増やす事ができる。

 摩天楼が存在すれば、全モンスターの合計攻撃力効果ダメージとなる。
 相手が大きく展開した状況であれば、戦闘を行わずとも引導火力にもなりうるほどの大ダメージを叩き出せる。
 《摩天楼 −スカイスクレイパー−》は同様の範囲での攻撃力強化を持ち重複しているが、《E・HERO キャプテン・ゴールド》サーチできる。
 あちらは融合モンスター以外にも対応し、こちらは1000以上の差でも突破できるため、サーチと合わせて併用の相性はさほど悪くない。
 《摩天楼2−ヒーローシティ》は基本的に融合モンスターを直接蘇生はできないが、戦闘破壊されたE・HERO蘇生し、融合素材にすることで、安定した融合召喚に繋げやすい。

 しかし、融合モンスターとこのカード摩天楼の3枚を揃える必要がある上、相手が2体以上展開することを前提とするこの追加効果は安定して狙いにくい。
 無理にこの効果を狙って温存するよりも、1体しか破壊できない場合でも攻め込めるタイミングで使った方が勝利に貢献するだろう。

  • イラストのビルの上に立つ姿はこの2枚を併用する際の代表的演出であり、ここからビルを抜けながら加速し攻撃を行う。

関連カード

イラスト関連

E・HERO融合モンスター一覧

 ※は自身の常時攻撃力上昇効果を持つもの

収録パック等


Tag: 《スカイスクレイパー・シュート》 魔法 通常魔法

広告