《スケープ・ゴート/Scapegoat》

速攻魔法
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

 LIMITED EDITION 3で登場した速攻魔法
 発動ターン内の各種召喚権を放棄する誓約効果羊トークンを4体特殊召喚する効果を持つ。

 発動ターン召喚行為を制限するデメリットがあるため、相手ターンでの発動が基本。
 羊トークンにするのはもちろん、融合素材シンクロ素材リンク素材にする、《D−HERO Bloo−D》《モンスターゲート》などアドバンス召喚以外のリリースに使う、《団結の力》強化値を飛躍的に高めるなど多彩な運用が可能である。
 獣族地属性モンスタートークンである点などからナチュルシンクロモンスター《始祖竜ワイアーム》《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》などの素材にもできる。

 特にリンクモンスターは他のカード無しで展開でき、リンク4の《ファイアウォール・ドラゴン》を1枚で展開できる他、《リンク・スパイダー》《ミセス・レディエント》などの素材にもなる。
 また、羊トークンリンクモンスターに変換することでアドバンス召喚リリースとしても使用できる。
 新マスタールール以降、及びリンク素材を簡単に確保できるため、採用される機会が増えている。

 扱いやすいカードである一方、デメリットが響く場合もある。
 まず、誓約上このカード自体を1ターンに2枚発動できないため、射出用に連発するような運用は難しい。
 自分メインモンスターゾーン上に2体以上のモンスターがいる場合は発動できない。
 また、羊トークンステータスが低いため貫通表示形式変更には非常に弱く、《ジュラック・グアイバ》等のモンスター戦闘破壊することでモンスター効果発動するカードの的にもされてしまう。

  • 第10期のリンク召喚の登場により再び戦術の軸にしやすくなってきている。
  • 「スケープ・ゴート(Scapegoat)」とは聖書由来の言葉であり、かつては贖罪日に民衆の罪をヤギに負わせ荒野に放したことから「身代わり」という意味がある。
    このことから転じて、大衆の不満や不安を(印象操作等を用いて)社会的弱者に向けさせ、その人たちを排除することで社会的支持や統合を得ようとする政治手段を指す場合もある。
  • 「goat」とは「ヤギ」のことなのだが、どういう訳かこのカードで生成されるトークン羊トークン
    確かにヤギは漢字で「山羊」と書くが、羊と山羊は別の動物である。
  • 原作・アニメでは「場に4体の身代わり羊を出す」というテキストだった。
    またイラストは羊の位置が異なり、背景は黒で羊の周りに黄色いオーラが出ているものである。
  • アニメ5D's第69話においてマルコが少なくとも3枚所持しているのが確認できる。
    優良なカードであるにも関わらず、悪徳金貸しのガロメにはケチなカードと罵倒されている。
    また、第108話においてアキと同じ病院に入院中の少女ハルカが落としたカードの中にも確認できる。
  • アニメZEXALII(セカンド)第92話では、学園祭の出し物「MonsterCafe」の中にある絵の一枚として登場。

関連カード

―《スケープ・ゴート》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード発動したターン《見習い魔術師》効果デッキからモンスターセットする事はできますか?
A:いいえ、《見習い魔術師》効果によるセット特殊召喚扱いなのでできません。

Q:このカード発動したターン《おジャマトリオ》発動できますか?
A:いいえ、制約は『自分が』『特殊召喚できない』であるため、不可能です。


Tag: 《スケープ・ゴート》 魔法 速攻魔法

広告