《スリーカード/Three of a Kind》

通常罠
自分フィールド上にトークン以外の
同名モンスターが3体以上存在する場合に発動できる。
相手フィールド上のカード3枚を選択して破壊する。

 RETURN OF THE DUELISTで登場した通常罠
 自分フィールドに3体以上の同名カードが存在する場合に、相手カード3枚を破壊する効果を持つ。

 ノーコストなので1:3交換除去となりカードの種類を問わない。
 しかし同名カードを3枚以上並べるのは難しく、それに特化した構築のデッキを作る必要がある。

 イラストにある《サイバー・ドラゴン》《ハーピィ・レディ》《創造の代行者 ヴィーナス》による《神聖なる球体》あたりが狙い目となる。
 《神聖なる球体》《トライワイトゾーン》にも対応するので、並べる手段には事欠かない。
 《ラーの使徒》でも条件を容易に満たせ、三幻神召喚につなげる露払いとしても十分な役を果たせる。

 《ジャイアントウィルス》《素早いモモンガ》リクルート効果発動した後、墓地に落ちたものを《ジャンク・シンクロン》等で蘇生してもいい。
 機械族に限られるが《機械複製術》も有効であり、《プロト・サイバー・ドラゴン》とも相性がいい。
 《切り込み隊長》《ゴブリンドバーグ》《真六武衆−カゲキ》ら、同名カード特殊召喚《コピー・ナイト》で3枚目を調達できる戦士族モンスターも有力候補であり、それぞれが運用しやすいカードのため、まとめて腐る危険性も抑えられるだろう。
 また、1ターンに同名の融合モンスター通常モンスターデュアルを複数特殊召喚したり、自身のカード名を変える《ジェムナイトマスター・ダイヤ》《E・HERO プリズマー》の両方を採用できる【ジェムナイト】も、発動条件を比較的簡単に満たすことができる。

 相手ターンモンスター特殊召喚し、《地獄の暴走召喚》発動して発動条件を満たしてもいい。
 ただし、相手モンスターも増えてしまう恐れがあるため、タイミングには注意が必要である。
 《ヒーロー・キッズ》との相性は非常によく、《トゥルース・リインフォース》相手ターンに揃える事で、罠カードの奇襲性を存分に発揮できる。
 フィールド墓地《ハーピィ・レディ》として扱うモンスターが多く、《ハーピィ・チャネラー》《ヒステリック・パーティー》等で同名カードを容易に展開できる【ハーピィ】でも発動条件を満たしやすい。

 破壊するカードの種類を問わない一方、必ず3枚破壊する必要がある。
 加えて必ず3体以上の同名カードが必要になるため、類似した《同姓同名同盟条約》と比較すると、発動条件を満たしにくい。
 しかしこちらはモンスター除去ができるので、大量展開後に除去して攻撃するビートダウンの戦術と合致している。

 いずれにしても同名カード3枚と、展開ギミックが必要になるため手札事故には注意。
 上記のカードの中には手札でダブつくと展開すらできなくなるものもある。
 展開時に妨害を受けて腐る可能性も否めない。
 決まればエンドカードとなりうる程の威力を持っているが、使いこなすのは容易ではない。

  • 「スリーカード」はトランプを使ったカードゲーム「ポーカー」の役の一つ。
    5枚の手札のうち3枚が同じ数字で、なおかつ残り2枚の数字がばらけている場合に成立する。
    残り2枚もそれぞれ同じ数字だった場合、より上位の役であるフルハウスが成立する。
    なお「スリーカード」は日本でのみ通用する呼称で、米国などでは英語名のように「Three of a Kind(スリーオブアカインド)」と呼ばれる。
    イラストは各カード効果を駆使してバラバラのカード3枚でスリーカードを成立させるというOCGならではの面白い光景となっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    このカード自体は登場していないが、アニメZEXALII(セカンド)で遊馬がモデルを同じくする通常魔法《スリーカード・サモン》を使用している。
    こちらは手札に同じレベルモンスターが3枚必要となっている。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象に選択した相手フィールド上のカードが2枚以下になった場合でも、残ったそのカード破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/04/20)


Tag: 《スリーカード》 通常罠

広告