《トゥーン・キングダム/Toon Kingdom》

フィールド魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキの上からカード3枚を裏側表示で除外する。
(2):このカードのカード名は、
フィールドゾーンに存在する限り「トゥーン・ワールド」として扱う。
(3):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、
自分フィールドのトゥーンモンスターは相手の効果の対象にならない。
(4):自分フィールドのトゥーンモンスターが戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに破壊されるモンスター1体につき1枚、
自分のデッキの上からカードを裏側表示で除外できる。

 コレクターズパック−運命の決闘者編−で登場したフィールド魔法
 自身を《トゥーン・ワールド》として扱う効果トゥーンモンスター効果対象回避と破壊耐性を与える効果を持つ。

 【トゥーン】必須カードである《トゥーンのもくじ》に加えて、《テラ・フォーミング》サーチできるフィールド魔法であるため手札に加えやすい。
 (3)の効果による効果耐性、(4)の効果による破壊耐性によってトゥーンモンスターの場持ちも非常に良くなり、《リミッター解除》のような自壊含みのカードも安全に運用できる。
 《激流葬》などの全体除去トゥーンモンスターなら回避して相手のみを破壊できるため、直接攻撃主体のためにモンスターが処理しづらいという問題も改善される。
 長期に渡ってトゥーンモンスターを維持できれば、直接攻撃によるダメージの増加を見込みやすくなり、欠点である召喚時に攻撃できない影響も相対的に軽減されるだろう。

 (1)と(4)による除外裏側表示のため、【トゥーン】では除外したカードを再利用するのは不可能だと考えていい。
 デッキ切れの不安が出るような枚数ではないため、普通にデュエルしている分にはあまり関係がない。
 だが、《トゥーンのもくじ》の為にピン挿ししているカードなど、必要なカード除外される危険があるので、影響は小さいとはいえデメリットであるといえる。
 2枚目以降の《トゥーン・キングダム》が除外された場合も、1枚目を除去された後のリカバリーがやや厳しい。
 《王宮の鉄壁》《アーティファクト−ロンギヌス》にも破壊耐性を実質的に無効にされてしまう。
 とはいえ、特に有効な対策があるわけでもなく、影響も小さいので、そういうものだと割りきって使用するのが現実的である。

 また、このカード自身には全く耐性がないため、このカード除去が集中することは避けられない。
 フィールド魔法の特性上、複数枚の発動は不可能であり、一度除去されると【トゥーン】の性質も相まって次に発動する前に一気にトゥーンモンスター除去戦闘破壊される危険性をはらんでいる。
 【トゥーン】では必須カードとも言うべき性能なので主軸にしたいが、その分隙が生じない様に気を付けていきたい。

 【トゥーンコロシアム】に採用する場合は、《トゥーン・ワールド》と違い《魔法族の里》とは共存できない点は気を付けたい。
 一方で、強力な耐性を付与された《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》の場持ちは良くなるため相性自体は悪くない。
 魔法カード除去を徹底的に防ぐつもりで構築を行い、ハンデスビートダウンを行っていくのも面白い。

  • アプリゲーム「デュエルリンクス」ではこのカードが登場以降【トゥーン】が活躍している。
    初期ライフ4000のゲームなのでトゥーン直接攻撃が相対的に強く、除去も少ない環境なのでこのカードの維持も比較的容易いのがメリット
    • ただし、ゲームの仕様上1枚しか入手できない上に、初期ライフOCGより少ないため、このカードを引けない場合は殆ど何もできないまま負けてしまうことも起こりうる。
      2017年世界大会では初めてデュエルリンクス部門も行われ、決勝戦1戦目は事実上【トゥーン】ミラーマッチとなった。
      (なお、この決勝戦では1戦目・2戦目で負けた場合、その際に使用したデッキスキルは、そのまま次の試合に持ち越すことが可能)
      このカード初手に引き込んだニュージーランド代表のTimmy Chiew選手はそのまま初戦を制したのだが、スウェーデン代表のTutpup(Dejon)選手は2戦連続でこのカードを引き込めず、モンスターを1体も出せないまま敗北してしまった。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

全般

Q:《トゥーン・キングダム》の(1)〜(4)のいずれかの効果チェーンし、《幽鬼うさぎ》発動できますか?
A:《幽鬼うさぎ》効果は『フィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カード効果発動した時』に発動できる効果です。
  ですが、《トゥーン・キングダム》の『(1)』の効果は、フィールド魔法発動と同時に『(1)』の効果発動するため、『フィールドの既に表側表示で存在している魔法・罠カード効果発動した時』の条件には当てはまりません。
  さらに、《トゥーン・キングダム》の『(2)』・『(3)』・『(4)』の効果は、どれもその後チェーンブロックを作って発動する効果ではありません。
  よって、《幽鬼うさぎ》効果で《トゥーン・キングダム》を破壊する事はできません。(15/05/31)

(1)の効果について

Q:このカードの発動チェーンして《サイクロン》でこのカード破壊された場合、(1)の効果適用されますか?
A:いいえ、(1)の効果適用されず1枚も除外されません。(15/05/15)

Q:自分デッキが2枚以下の場合に発動できますか?
A:いいえ、(1)の効果適用できませんので発動できません。
  なお、《終焉の地》《ポップルアップ》発動する場合は(1)の効果適用されませんので発動できます。(17/03/24)

Q:自分はこのカードで裏側で除外されたカードの中身を確認できますか?
A:自分は確認できますが、相手は確認できません。(15/05/17)

(2)の効果について

Q:フィールドゾーンに存在するこのカード破壊された場合、《トゥーン・ワールド》破壊されると自壊するトゥーン破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(15/05/15)

Q:このカードの発動チェーンして《サイクロン》でこのカード破壊された場合、《トゥーン・マーメイド》などは破壊されますか?
A:いいえ、このカード発動した時点では(2)の効果適用されませんので、破壊されません。(17/07/20)

Q:フィールドゾーンに存在するこのカードが無効になってる状態で破壊された場合、《トゥーン・ワールド》破壊されると自壊するトゥーン破壊されますか?
A:いいえ、破壊されません。(15/05/17)

(3)の効果について

Q:このカードの発動チェーンして、相手トゥーンモンスターを対象に《サンダー・ブレイク》発動できますか?
A:はい、このカード発動した時点で(3)の効果適用されていませんので、対象にできます。(17/07/13)

(4)の効果について

Q:このカードの発動チェーンして、《ディメンション・マジック》などのトゥーンモンスター破壊する効果発動された場合、その破壊に対して(4)の効果適用できますか?
A:いいえ、(4)の効果適用できません。(15/05/22)

Q:3体のトゥーンモンスターが同時に破壊される場合に、2体分だけ除外して1体はそのまま破壊するという事はできますか?
A:同時に破壊されるトゥーンモンスター1体ずつに対して、それぞれ効果適用するかどうかを選べるわけではありません。
  したがって、3体分除外するか、1体にも効果適用しないかのどちらかとなります。(15/05/15)

Q:《トゥーン・キングダム》と《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》が存在する場合に、《裁きの龍》破壊効果発動されました。
  この場合《トゥーン・キングダム》の効果適用《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》破壊を免れる事は可能ですか?
A:《トゥーン・キングダム》は破壊されますが、《トゥーン・キングダム》の効果適用する事で、1枚除外する事により《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》破壊されずにフィールド上に残ります。
  なお、「《トゥーン・ワールド》になっている《トゥーン・キングダム》」が破壊されますがこの際に《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》の(4)の効果破壊されることなくフィールドに残り続けます。(17/08/26)

Q:セットされたトゥーンモンスターを《トゥーン・キングダム》の効果によって相手発動する破壊効果から守ることは可能ですか?
A:セットされたモンスタートゥーンモンスターかそうでないかわからないため守ることはできません。(15/05/31)

Q:《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》トゥーンモンスター攻撃した場合、《トゥーン・キングダム》の(4)の効果で、トゥーンモンスター破壊を防ぐことはできますか?
A:《トゥーン・キングダム》の(4)の効果は、発動する効果ではなく、チェーンブロックの作られない効果であるため、《SNo.39 希望皇ホープ・ザ・ライトニング》の『相手ダメージステップ終了時までカード効果発動できない』には当てはまりません。
  したがって、(4)の効果適用し、トゥーンモンスターフィールドに残す事ができます。 (15/06/15)


Tag: 《トゥーン・キングダム》 魔法 フィールド魔法 トゥーン

広告