《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール/Toon Dark Magician Girl》

特殊召喚・トゥーン・効果モンスター
星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドに「トゥーン・ワールド」が存在し、
自分フィールドのモンスター1体をリリースした場合に特殊召喚できる。
(1):このカードの攻撃力は、お互いの墓地の
「ブラック・マジシャン」「マジシャン・オブ・ブラックカオス」の数×300アップする。
(2):相手フィールドにトゥーンモンスターが存在しない場合、
このカードは直接攻撃できる。
存在する場合、トゥーンモンスターを攻撃対象にしなければならない。
(3):フィールドの「トゥーン・ワールド」が破壊された時にこのカードは破壊される。

 遊戯王デュエルモンスターズ6 エキスパート2 付属カードで登場した闇属性魔法使い族特殊召喚トゥーンモンスター
 トゥーンモンスター特有の召喚条件ならびに永続効果と、《ブラック・マジシャン・ガール》と同じ攻撃力上昇の永続効果を持つ。

 攻撃力2000の直接攻撃モンスターならば特に条件やデメリットもない《魔装戦士 ヴァンドラ》が存在するため、基本的に【トゥーン】での使用となる。
 他のトゥーンモンスターと異なり、特殊召喚したターンでも攻撃できるのが最大の特徴。
 加えて《トゥーン・ワールド》がなくても直接攻撃が可能であり、【トゥーン】で使われる上級モンスターの中では扱いやすいモンスターである。
 特殊召喚にはリリースが1体必要になるが、リリースするモンスターによっては、リリースに伴うディスアドバンテージを軽減することが可能である。
 《スケープ・ゴート》を筆頭にトークンは複数展開しやすいので、トークンリリースしつつ、《団結の力》強化することで、大きなダメージを与えることができる。
 《ヴァイロン・プリズム》等の墓地効果発動するモンスター召喚し、すぐにこのカードリリースに使用すれば、ディスアドバンテージは少ないだろう。

 ただ、素早く直接攻撃できたとしてもアドバンテージ自体は取れず、フィニッシャーでもない限りはそこまで恩恵は大きくない。
 すぐには攻撃できないものの、攻撃力が100しか違わず、ハンデス効果も持つ《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》が存在し、あちらの方がリリースが必要はない分、事故になりにくい。
 速効性という点も《コミックハンド》相手の大型モンスターを奪えば、このカード以上のことができてしまう。
 よって、事故要素にもなりやすいこのカードを多く採用したいかはよく考え、出すにしても詰めの場面で出した方が効果的だろう。

 なお、《ブラック・マジシャン・ガール》と同様の攻撃力上昇効果を持っているが、【トゥーン】《ブラック・マジシャン》を組み込むのはあまりに無謀なので無視した方が良い。

  • イラストは高橋和希氏描き下ろしデザインであり、単行本にスケッチが載っている。
  • アニメ放送当時はまだ再録されていなかったが、アニメ内でのこのカードの表記は世界統一フォーマットになっている。
    第2期以前の表記のものは、独自に表記を変更している。
    その際他のカードテキストも修正されているが、このカードテキストは初期のままである。(アニメGXの「今日の最強カード」より)
    アニメGX以降は独自に表記の変更をしなくなったが、このカードのみ世界統一フォーマットのままである。
    また、攻撃力の上昇効果はアニメ劇中では使用はおろか、説明もされていない。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:手札のこのカードレベルが他の効果で4以下になった場合でも、リリースが必要になりますか?
A:はい、その場合でもリリースが1体必要になります。(15/05/21)


Tag: 《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》 特殊召喚モンスター トゥーンモンスター 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 魔法使い族 攻2000 守1700 トゥーン ブラック・マジシャン・ガール マジシャン・ガール

広告