《ドラグニティの神槍(しんそう)/Dragunity Divine Lance》

装備魔法
「ドラグニティ」モンスターにのみ装備可能。
「ドラグニティの神槍」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):装備モンスターは、攻撃力が装備モンスターのレベル×100アップし、
罠カードの効果を受けない。
(2):自分メインフェイズにこの効果を発動できる。
デッキからドラゴン族の「ドラグニティ」チューナー1体を選び、
このカードの装備モンスターに装備カード扱いとして装備する。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した装備魔法
 装備したドラグニティ攻撃力強化罠カードへの耐性を与える効果デッキドラゴン族ドラグニティチューナー装備モンスターに装備させる効果を持つ。

 (1)の効果は、ドラグニティ攻撃力を上げて罠カード効果に対する耐性を与える効果
 単体強化ドラグニティシンクロモンスターアタッカーとする場合に恩恵が大きい。
 しかし、現在の【ドラグニティ】ドラグニティが登場するのは展開の時だけで、それが終わるとフィールドに残っていないことも多い。
 装備魔法の性質上、召喚特殊召喚のタイミングで発動される《奈落の落とし穴》等に対応できないのも辛いところ。
 罠カードへの耐性のみが目的であれば、フリーチェーン速攻魔法である《禁じられた聖槍》の方が汎用性では上となる。

 (2)の効果により、《竜の渓谷》《調和の宝札》墓地へ送るといった下準備なしで《ドラグニティ−ファランクス》を用意できる。
 《ドラグニティ−ミリトゥム》のように自力でドラグニティを装備できないモンスターや、癖の強いドラグニティチューナーの採用も検討できるようになる。
 《ドラグニティ−ブランディストック》を装備させれば、(1)の効果と合わせて罠カード耐性を持つ2回攻撃アタッカーとして機能する。
 《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》であれば、効果を使用すれば攻撃力は5000にもなり、毎ターンコストとなる装備カードを用意できるので相性は良好。
 《ドラグニティ−アングス》耐性がある攻撃力2600の貫通持ちと実践的なものになり、戦闘を介する装備カード効果も発揮させやすくなる。

 【ドラグニティ】で展開の原動力となる《ドラグニティ−ドゥクス》《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》らは墓地から自力でドラグニティを装備できるので、このカードが必要になる場面はそう多くない。
 だが、《エフェクト・ヴェーラー》等で効果無効にされた場合や墓地の下準備が整っていない時に《ドラグニティ−ファランクス》を装備して展開を開始できる利点がある。
 腐ったとしても《竜の渓谷》コストに充てることができるので無駄も少ない。
 ただし、ドラグニティにしか装備できないので、【ドラグニティ】で採用されやすい《風の精霊 ガルーダ》《BF−精鋭のゼピュロス》でこの方法を行う事はできない。

関連カード

イラスト関連

―《ドラグニティの神槍》が見られるカード

ドラゴン族ドラグニティチューナー

レベル

レベル

レベル

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ドラグニティの神槍》 魔法 装備魔法 ドラグニティ

広告