《パラレルエクシード》

効果モンスター
星8/風属性/サイバース族/攻2000/守2000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在し、自分がリンク召喚に成功した場合に発動できる。
このカードをそのリンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「パラレルエクシード」1体を特殊召喚する。
(3):「パラレルエクシード」の効果で特殊召喚したこのカードはレベル4になり、
元々の攻撃力・守備力は半分になる。

 ETERNITY CODEで登場する風属性サイバース族最上級モンスター
 自分リンク召喚に成功した場合にそのリンクモンスターリンク先特殊召喚する効果、自身の召喚・特殊召喚に成功した場合に同名カードリクルートする効果、自身の効果特殊召喚した場合ステータスが変動する効果を持つ。

 (1)はリンク先手札から特殊召喚できる効果
 最上級モンスターだがリンク召喚に成功したという軽い条件で手札から特殊召喚できるため事故札にはなりにくい。
 似た自己特殊召喚効果を持つ《転生炎獣モル》と比較すると、リンク召喚に成功したタイミングでしか発動できなくなった代わりに、(2)によりさらなる展開を行えるようにデザインされている。

 (2)は同名カードリクルートする効果
 基本的に(1)による特殊召喚トリガーにすることになる。
 召喚・特殊召喚に成功した場合である事から他のカードの効果での特殊召喚召喚でも発動できるが、最上級モンスターであることや(3)の効果を考えると機会は稀だろう。

 (3)により、自身の効果特殊召喚するとレベル4で元々の攻撃力・守備力が半分になる。
 戦闘はほとんど期待できなくなるが、各種素材にする場合には殆ど気にならない。
 リンク素材にするだけでなく、2つの効果で並べた同名カード2体を使ってランク4のエクシーズ召喚するのもよい。

 同名カードに関わるため複数採用が求められるのだが、複数枚が手札に来ると邪魔になるのが欠点。
 (1)で展開できるのは同名カードを含めて1ターンに1度であり、(2)の特殊召喚手札には対応していない。
 手札の2枚目以降はほぼそのターン腐る事になり、デッキリクルート先が無ければ展開した1体目も単なるレベル4にしかならない。
 《フォーマッド・スキッパー》サーチに対応しているので、デュエル序盤で早々に1体目を手札に確保し、早いうちに機能させるのが望ましい。

関連カード

―類似効果

収録パック等


Tag: 《パラレルエクシード》 効果モンスター モンスター 星8 風属性 サイバース族 攻2000 守2000

広告