《ユーフォロイド・ファイター/UFOroid Fighter》

融合・効果モンスター
星10/光属性/機械族/攻   ?/守   ?
「ユーフォロイド」+戦士族モンスター
このモンスターの融合召喚は、上記のカードでしか行えない。
このカードの元々の攻撃力・守備力は、融合素材にした
モンスター2体の元々の攻撃力を合計した数値になる。

 CYBERNETIC REVOLUTIONで登場した光属性機械族融合モンスター
 融合素材2体の元々の攻撃力の合計を自身の元々の攻撃力・守備力とする永続効果を持つ。

 融合素材2体分の攻撃力を受け継ぐが、《ユーフォロイド》攻撃力が1200と低い。
 そのためもう片方の融合素材である戦士族モンスターの選択が重要となる。
 中でも《ゲート・ガーディアン》《D−HERO ドグマガイ》《異次元エスパー・スター・ロビン》攻撃力が高く、専用のサーチ手段も持つ。
 《ユーフォロイド》自身も《融合徴兵》《融合準備》サーチできる等、総じて融合召喚しやすい部類に入る。

 また、カード名をコピーできる《E・HERO プリズマー》融合素材とすることで、《ユーフォロイド》以上の攻撃力を得られる。
 サーチリクルートが容易であり、《D−HERO ドグマガイ》とは《E・HERO エアーマン》サーチ効果を共有できるのも利点。
 いずれも戦士族なので実質融合素材の選択肢が増えることにもなる。

 しかし効果の性質上《ズババジェネラル》に数値で劣る上、《エフェクト・ヴェーラー》などへの弱さが顕著。
 《ズババジェネラル》はこちらと異なり《サイクロン》等には弱いが、ランク4という特殊召喚の容易さから特別なギミックを入れる必要がない。
 《ユーフォロイド》《融合》の投入よりもランク4のエクシーズ召喚に特化した方が無難である。

 このカードを採用するならば機械族融合モンスターである特性を活かしたい。
 特に融合召喚時に《パワー・ボンド》を用いるか《リミッター解除》を加えることで1ターンキルを狙うことが可能となる。
 更に《オネスト》にも対応するため、爆発力は《ズババジェネラル》よりも高いと言える。
 《神縛りの塚》にも対応するため、専用構築に特化してしまった方が価値は見出しやすいだろう。

関連カード

戦士族融合素材とする融合モンスター

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:元々の攻撃力・守備力を決定する効果の分類は何ですか?
A:永続効果になります。(13/03/16)

Q:このカード融合召喚以外の方法で融合デッキから特殊召喚する事ができますか?
A:はい。特殊召喚する事ができます。(05/05/26)

Q:このカード融合素材元々の攻撃力が変化したモンスターを使用した場合、このカード攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:変化する前の攻撃力《ユーフォロイド》攻撃力を足した数値になります。
  元々の攻撃力が?のモンスターを融合素材に使用する場合、その攻撃力は0として扱います。(10/08/09)

Q:このカード《パワー・ボンド》効果特殊召喚した場合、このカード攻撃力はいくつになりますか?
A:このカードの効果で変化させた攻撃力を倍にした数値になります。(05/05/26)

Q:融合召喚に成功したこのカード裏側表示にしてから表側表示にしたり、ゲームから除外してからフィールド上に戻したりした場合、このカード攻撃力守備力はいくつになりますか?
A:0になります。(05/06/02)

Q:融合召喚したこのカード効果《スキルドレイン》によって無効化されたあと、《スキルドレイン》破壊された場合、元々の攻撃力(守備力)はどうなりますか?
A:0のままです。(12/10/06)


Tag: 《ユーフォロイド・ファイター》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星10 光属性 機械族 攻? 守? ロイド

広告