《ワイト/Skull Servant》

通常モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
どこにでも出てくるガイコツのおばけ。
攻撃は弱いが集まると大変。

 STARTER BOXで登場した闇属性アンデット族下級モンスター
 《アンデット・ウォーリアー》《フレイム・ゴースト》融合素材

 単体での戦闘能力は全モンスターの中でも最低クラスだが、多くのサポートカードによって真価を発揮する。
 フレイバー・テキストで言及されている通り人海戦術が得意で、墓地に集まると《ワイトキング》攻撃力を1体につき1000ポイント強化できる。
 更に、墓地でのカード名を《ワイト》として扱うモンスター《ワイト夫人》《ワイトメア》《ワイトプリンス》《ワイトプリンセス》の4種類存在し、これらが墓地に集まると《ワイトキング》攻撃力は10000を軽く超える大変な数値となる。
 これに特化したデッキ【ワイト】である。

 《ワイトプリンス》は、デッキまたは手札の《ワイト》と《ワイト夫人》を1枚ずつ墓地へ送る効果を持ち、基本的にこの効果を利用して高速で墓地へ送り込む事になる。
 なお《ワン・フォー・ワン》《ゴブリンゾンビ》《ドラコネット》《高等儀式術》など、多数のサーチリクルート墓地肥やし手段に対応しているが、これらを《ワイト》に使用するのはおすすめできない。
 デッキに《ワイト》が存在しなくなると《ワイトプリンス》効果が腐り《ワイト夫人》墓地に送りにくくなるので、墓地へ送るルートは《ワイトプリンス》に特化した方が効率的に《ワイトキング》を育成できるためである。
 単体性能は低く、手札にあまり来てほしくないカードなので、できるだけ手早く墓地落としたい。
 もし手札に来てしまった場合は、《ゾンビ・マスター》等の手札コスト《リンクリボー》リンク素材に使うと良い。

 意外にも、《ワイト》自身のフィニッシャー性能もかなり高い。
 墓地で《ワイト》として扱うモンスターが4種類存在するため、《守護神の矛》装備すると攻撃力が爆発的に上がる。
 低レベルかつ通常モンスターのおかげで《トライアングルパワー》に対応し、《下克上の首飾り》装備時の強化値も高い。
 《同姓同名同盟》《トライワイトゾーン》など複数体の展開も行いやすく、《光学迷彩アーマー》直接攻撃も可能。
 もちろん、《ワイトキング》で殴った方がはるかに効率的なのでネタの域は出ないが、デッキの枠が余ったら仕込んでみるのも良いかもしれない。

  • 「ワイト(Wight)」は元々は古英語で「人間」を意味する言葉。
    J.R.R.トールキンの名作ファンタジー小説『指輪物語』に登場する動く死体「塚人(Barrow-wight)」の影響で、アンデッドの名前として用いられるようになった。
    劇中では古墳に埋葬された王・王妃の死体に悪霊が憑いたものであり、古墳に近づく人間を殺そうとする。
  • OCGでは服の色は紫を基調としたカラーリングだが、バンダイ版及び東映版アニメのカラーリングは緑色である。
  • 公式動画「カリスマ研究生がゆく!」のコーナーでは白咲が視聴者から寄せられたお薦めモンスターの1体として登場。
    白咲は視聴者から寄せられた200枚以上のカードの中から"アンデット族"をヒントに見つけ出した。
    このモンスターフレイバー・テキストを読んだ白咲はスタッフの嘘のアドバイスやテキスト内容から”どこでも使える便利なモンスター”と誤解していた。
    その為か白咲の発言にナレーターは呆れた様子であった。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作最初のデュエル「闇遊戯vs海馬」において闇遊戯が使用。
    守備表示召喚されるが、《巨大化》を装備した《ミノタウルス》に斧すら使用されず素手で握りつぶされた。
    この見事な瞬殺について、キャラクターズガイドブック『真理の福音』では「クビのもげ方が、いさぎよい。」と評されている。
    また、原作では遊戯が海馬の家に招待された際に、コレクションルームに展示されているのが確認できる。
  • 東映版アニメ「遊☆戯☆王」において双六が使用しているのが確認できる。
  • アニメ5D'sの「龍亞vsミシェル」戦においてミシェルがドローしているのが確認できる。
    召喚される事なく、永続魔法《サークル・オブ・テラー》により墓地へ送られた
    また、チーム・太陽が考案したデッキの中に最低でも2枚投入されており、吉蔵のデッキにも入っている事が確認できる。
  • アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vs片桐大介」戦において遊馬が使用した通常罠《埋葬混乱−バリー・パニック》、「凌牙vs璃緒」戦で凌牙が使用した通常罠《ゴースト・フリート・サルベージ》のイラストに描かれている。
  • アニメARC-V第1話において、「ワイトスクール」なるデュエルスクールの看板に描かれていた。
    キャッチコピーは「最恐で最強を目指す!」とのこと。
  • コナミのゲーム作品において―
    遊戯王の最初のゲーム化作品であるモンスターカプセルブリード&バトルから登場している。
    モンスターZOOの説明によると、最近、頭がはずれやすくなってきたのが悩みで、《バンブーマン》というモンスターに相談している模様。
    「デス・レイ」という敵のコマを低い確率で一撃死させる特技を持つ。
    ちなみに今作でのワイトは原作でモクバが使用していた《ドクラー》というモンスターに似ており、あちらもこのゲームにも登場している。
  • 《ワイト》でトドメを刺すと「ワイトボーナス」が入るゲーム作品がある。
    装備魔法などで攻撃力を上げれば難しくないので、「火の粉ボーナス」に比べればかなり達成しやすい。

関連カード

―サポートおよび強化版カード

融合関連

―《ワイト》の姿が見られるカード

色違いモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《ワイト》 モンスター 通常モンスター 星1 闇属性 アンデット族 攻300 守200

広告