烏合(うごう)行進(こうしん)/The Big Cattle Drive》

通常魔法
自分フィールド上に獣族・獣戦士族・鳥獣族のいずれかのモンスターが存在する場合、
その種族1種類につき1枚デッキからカードをドローする。
このカードを発動するターン、自分は他の魔法・罠カードの効果を発動できない。

 COSMO BLAZERで登場した通常魔法

 種族1種類につき1枚ドローするため、最大で3枚ドローが可能である。
 これはノーコストドローを行う通常魔法としてはトップクラスの性能と言える。

 反面、同ターン内に他の魔法・罠カードを使えないというデメリット重い
 特に、発動ターン中は魔法・罠カードを使ってモンスター特殊召喚できないため、発動条件となるモンスターを並べるのが難しい点は痛い。
 これにより召喚権を消費してから発動する可能性が高い点、ドローした魔法カード発動できない点も相まって、ドローしたカードが腐りやすい。
 そもそも、大量のドローが狙える状況は基本的に自分が優位に立っている状況であり、オーバーキル要素が強い。

 一方、封じられるのはターン内の発動のみであり、魔法・罠カードセットにはなんら制限がない。
 そのため、魔法・罠カードを利用したモンスターの維持が有効であり、相手ターンをしのげば2枚目以降のこのカードもそのまま利用できる。
 高速系のビートダウンよりも、コントロール色の強い低速系デッキに向いたカードと言える。

 実際に採用するデッキに関しては、エクストラデッキを含め2種族を同時に利用するものはそれなりにあるが、3種族目を抱えるものは少ない。
 特に鳥獣族獣族獣戦士族間に比べ、同時に属するカテゴリカード間のシナジーが薄いため、3ドローは狙い辛い。
 《TG ワーウルフ》《TG ラッシュ・ライノ》、場持ちの良い《ゼンマイラビット》《BF−精鋭のゼピュロス》《霞の谷のファルコン》など、汎用性のあるカードを用いて種族数を増やしたい。
 なお該当種族を使うデッキであっても、魔法カードへの依存度が高い【ゼンマイ】【宝玉獣】、展開役を他種族に頼る【紋章獣】などとは相性が悪い。

  • 「烏合」とはカラスの集まりの意で、「鳴いてばかりのカラスの集団のような、全く統率がとれていない集団」を意味する慣用句「烏合の衆」の語源にもなっている。
    イラストでもモンスター達はバラバラの行動をしていて、統率がとられている様子は全くない。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時相手カードの効果によって参照するモンスターの数が変化した場合、ドロー枚数は変化しますか?
A:はい、効果処理時の種類によって変化します。(12/11/18)

Q:このカードの発動《マジック・ジャマー》等の効果無効になった場合、同じターンにもう1枚の《烏合の行進》の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/11/18)

Q:《陽炎光輪》が既に発動されています。
  「墓地へ送る事でカード1枚を選択して手札に加える」という効果の発動を行ったターン、このカード発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/12/07)


Tag: 《烏合の行進》 魔法 通常魔法

広告