炎帝(えんてい)テスタロス/Thestalos the Firestorm Monarch》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2400/守1000
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動する。
相手の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
捨てたカードがモンスターカードだった場合、
そのモンスターのレベル×100ダメージを相手に与える。

 RISE OF DESTINYで登場した炎属性炎族上級モンスター
 の1体であり、アドバンス召喚に成功した場合にランダムハンデスし、それがモンスターならレベルに応じたバーンを行う誘発効果を持つ。

 他のとは違いハンデス効果であるため、フィールドの状況に左右されずにアドバンス召喚して効果発動でき、相手の戦力を削ぎ落せる。
 ハンデス効果相手の戦力を削ぎ落とす事ができるので、上手く相手キーカードハンデスできれば得られるアドバンテージは大きい。

 難点としては、ハンデス効果ランダムという不確定要素があり、他ののように対象をピンポイントに選んで除去できない点である。
 墓地に置かない方がいいカードハンデスしたり、暗黒界等の効果発動されたりした場合、アドバンテージを失う事になる。
 《次元の裂け目》を投入すればこの弱点を解消できるが、それができるのは【次元帝】位のものである。

 ハンデス効果バーン効果も付随しているが、捨てるカードランダムなので期待はできない。
 バーン効果ダメージ量は低めであるが、状況によっては刺さる場合もある。

 総じて、使いにくい面はあるものの他のにはない「先手を打つ」能力に長けたモンスターであると言える。
 このカードの存在を予想される前にアドバンス召喚して、サルベージしにくいカード捨てさせたい。
 また、ペンデュラムモンスターの普及により墓地アドバンテージを重視しないデッキも増加し、更に高レベルモンスターメインデッキ採用率も高まった現在は、環境の追い風を受けていると言える。
 相手がこのカードを警戒してカードを多めにセットしてきたら他の除去すれば、良い流れを作り出せる。
 《爆炎帝テスタロス》と共に採用し、手札破壊を何度も行うのもいいだろう。

  • 名前の由来は恐らくイタリア語で「赤い頭」を意味する「テスタロッサ(Testarossa)」だろう。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXにおける「十代vs岩丸」戦にて岩丸が使用。
    美寿知が平凡な四人のデュエリストに与えた力の一つである、「四」の一体。
    十代たちが修学旅行で童実野町を訪れた際、精霊が外に出られないように結界を形成した。
    称号は「燃え滾るマグマ」。
    罠カード《休火山》の効果手札に加わったが、魔法カード《シャドームーン》によって手札から直接生け贄にされた。
    登場した四の中で唯一、フィールド召喚されることはなかった。
  • アニメARC-Vの「黒マスクの男vs沢渡」で沢渡が使用した通常魔法《アドバンス・カーニバル》のイラストに描かれている。
  • TAG FORCE 3では炎属性パック「バーニング・ノーブル」のパッケージを飾っているが、何故かレアリティレアに設定されている。
    他の6体のもパックのパッケージを飾っているが、全てウルトラレアで収録されている。
    また同作品には「属性デッキ六人衆」という対戦相手がおり、各々のデッキ属性に合ったが採用されているが、六のうちこのカードだけ何故か採用されていない。
    このように何故かアニメやゲーム作品では扱いが悪い。

関連カード

効果関連

―《炎帝テスタロス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:手札捨てる効果相手手札モンスター墓地へ行かずに除外された場合はダメージは発生しますか?
A:その場合でもダメージを与えます。(10/05/21)

Q:ハンデスダメージは同時に処理を行いますか?
A:いいえ、ハンデスの後にダメージを与えます。(13/07/07)

Q:《レベル変換実験室》効果レベルが変化したモンスター捨てた場合、与えるダメージ捨てたモンスターの変化したレベル×100ポイントですか?
A:いいえ、その場合でも捨てたモンスターに記載されている元々のレベル×100ポイントのダメージを与えます。(13/07/07)


Tag: 《炎帝テスタロス》 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 炎族 攻2400 守1000

広告